箱根湿生花園の花(その34)           

ノハナショウブ、ハナショウブ

《ノハナショウブ》
 梅雨空の下、今、箱根湿生花園の湿原ではノハナショウブ(野花菖蒲)が可憐な花を咲かせている。
画像

 湿原の緑の中で又、池をバックにして赤紫の花が良く目立つ。
画像画像


 ノハナショウブはハナショウブの原種で、花弁の中央に黄色の筋が入るのが特徴だ。箱根仙石原のものはやや小型だと説明板にあった。
 花色は基本的に赤紫色だが、それぞれの色合いが微妙に違う。以下に並べてみよう。
画像画像


画像画像


画像

 今、湿原にはノハナショウブ以外には草花が見えなかった。台ヶ岳麓のススキ草原をバックに緑の湿原の中でノハナショウブだけが優雅に咲いていた。

<ノハナショウブ(野花菖蒲)>
  アヤメ科、アヤメ属
<特徴>
  多年草、明るい草原や湿地に生える  
  6~7月に開花、花色は赤紫
  花弁の元部に黄色い筋がある
  葉は細く長い
  葉先より花が長く上に伸びて咲く
  草丈60cm程度
  花菖蒲の原種

《ハナショウブ(花菖蒲)》
 湿生花園内の小さな池にハナショウブが見事に咲いていた。それぞれ名前が記入された立札が有ったが、種類が多いので全体の模様を載せる事とする。
画像画像

<ハナショウブ(花菖蒲)>
  アヤメ科、アヤメ属
<特徴>
  宿根草、日当たりの良い水湿地で栽培
  6~7月咲き
  葉は花の上に出ない
  草丈80cmまで
  原産地は日本

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月26日 20:42
綺麗なノハナショウブは黄色の筋が入っているという事ですが、白い筋の入っているカキツバタと良く似ているようですが大きさに差があるのでしょうかね?。
2009年06月27日 00:51
こんばんは。
箱根湿生花園の湿原では綺麗なノハナショウブが咲いていますね。
緑の湿原に濃い紫色の花が目立ちます。この時期は雨に濡れたアヤメ、ショウブ、などが一層綺麗です。ハナショウブも種類が多いですね。濃淡のハナショウブが素敵です。広々とした湿原の緑の中に紫色の花が咲いている風景は素晴らしいです。
2009年06月27日 09:32
ノハナショウブはシンプルでこれまた良い感じです。今の時期はまだ花はないですね。湯の丸高原に行った時も池の平情報では咲き初めで何もないので行くのをやめ、高峰高原からまっすぐに帰って来ました。
2009年06月27日 10:10
箱根湿生花園はもう庭のようなものです。山歩きがなければ、いつも箱根のようですね。
ハナショウグは名前がすごくたくさんあります。清少納言や夢の浮橋などがみえます。
2009年06月27日 19:00
OSAMIさん、今晩は。
私はカキツバタの花はあまり見た事が無く、ノハナショウブとカキツバタの大きさの比較は解っていません。ノハナショウブはアヤメよりは大きいと感じました。
2009年06月27日 19:05
杏さん、今晩は。
今、箱根湿生花園ではノハナショウブが美しい姿で広い湿原を君臨しています。湿原の女王ですかね。ハナショウブは色々の種類があって、一つ一つ撮影出来なかったので全体の様子だけを撮影しました。本当は一つ一つの美しい姿を見れば楽しいと思います。
2009年06月27日 19:09
信徳さん、今晩は。
そうですね、箱根仙石原の湿原にはノハナショウブ以外には碌に花が咲いていませんでした。賑やかになるのはこれからですね。
2009年06月27日 19:14
寅太さん、今晩は。
鋭いご指摘です。山に行っていない時は湿生花園をウロウロしています。と、言っても1,2回/月ですが。ハナショウブはどれも綺麗ですが、何故、その名前が付いているのか?由来が解らないのが気にくわないですね。
hanatetsu
2009年06月29日 09:52
ノハナショウブ、湿性花園のそれはやや小型とのことですが、素敵に撮れています。
花菖蒲は、紫陽花と同じように種類が多過ぎると思いませんか。
2009年06月30日 18:52
hanatetsuさん、今晩は。
hanatetusuさんのブログでノハナショウブを見た後に湿生花園で見たので、これがハナショウブの原種のノハナショウブだと思い出しました。お馴染みさんに出合った感じでした。
そうですね、ハナショウブはやたら種類が多いと私も思います。綺麗な花なので色々と品種改良されるのでしょうね。増やすのは良いですが、名前の付け方に工夫が必要と考えています。