浮島ヶ原の植物(その3)             

クサレダマ、ハンゲショウ

 昨日、ほぼ1ヶ月ぶりに浮島ヶ原自然公園に行って来た。湿原のヨシは2m位まで伸びて、木道の上からでも回りが見通せなくなってきた。

《クサレダマ(草連玉)》
 ヨシ原の一画に黄色い花が咲いていた。
画像

 サクラソウ科のクサレダマだ。前回の浮島ヶ原の植物(その2)で綴ったサワトラノオと同じオカトラノオ属で5弁の花が円錐状に多数付いている。
画像画像


 未だ、蕾の状態の株や咲き始めた段階の株もあったので、以下に載せておく。葉が対生である事が良く見える。
画像画像

 クサレダマの実を2009年8月5日のブログより転載しておく。
画像


 クサレダマには足和田山で出会っている。その時の画像を以下に転載する。
画像
                 (2,006年8月7日のブログより転載)
 足和田山のクサレダマは山頂広場で他の草から抜きん出て咲いていて眼下の景色を見下ろしているようだったが、浮島ヶ原のクサレダマはヨシの葉の中で負けずに咲いていた。
<クサレダマ(草連玉)>
  サクラソウ科、オカトラノオ属
  別名:硫黄草
  名前の由来:黄色の花をマメ科の木本・レダマ(連玉)になぞらえて草連玉
  別名の由来:花の色による
<特徴>
  多年草、湿地気味の草地に生える
  7~8月に咲く、茎の先端に円錐状に花を多数付ける
  黄色の5弁の花、花径15mm程度
  葉は対生し2枚から4枚輪生する
  葉は細長く先端が尖り葉柄がない、葉は光沢がない

《ハンゲショウ(半夏生)》
 ヨシ原の別の一画には白い葉がヨシの葉に隠れていた。白い葉はハンゲショウの葉だった。
画像画像


 ハンゲショウは香貫山の植物として既に綴っている。ハンゲショウは湿地に生えるので、ここは香貫山よりも適地なのだろう、株数も多く草全体も元気で美しい。
画像

 葉脇を見ると白い花も咲き始めていた。
画像画像


<ハンゲショウ(半夏生)>
  ドクダミ科、ハンゲショウ属
  別名:方白草(かたしろぐさ)、半化粧
<特徴>
  多年草
  6~8月に開花
  花は小さい集団花だが上部の葉が白くなる
  湿地に生える
  夏至から11日目(7月2日ごろ)が半夏生で、この時期に葉が白くなり開花する
  草丈1m以下

 最後に、今月の浮島ヶ原から見た富士山として、クサレダマと富士山を載せる。
画像

 富士山の雪が大分減って来ていた。しかし、7月1日には富士山の山開きが予定されているが、この様な雪が残っていては全面開通は不可能と考えられている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年06月21日 10:33
クサレダマは「腐れ玉」かと思ってしまったのですが「草連玉」なのですね。
初見です。黄色がとても綺麗です。
富士とクサレダマはよく似合います。
2009年06月21日 13:10
hanatetsuさん、今日は。
そうですね、クサレダマはクサ・レダマでなく、どうしてもクサレ・ダマと思ってしまいますね。レダマをネットで調べたらエニシダの様な花で、クサレダマの花には似ていません。色は黄色で似ていますが。富士とクサレダマはクサレダマがヨシの葉の上まで出ていると、更に良い景色になるのですが、それは贅沢ですかね(笑)。
2009年06月21日 17:37
2006年8月のブログはクサレダマが大きく浮き出て富士山と上手く合っています。小さなヨシを探して画像におさめると綺麗でしょうね。贅沢は敵ではありません。
2009年06月21日 19:10
クサレダマの群生、良いですね。ハンゲショウの群生も見たいです。我が家の
ハンゲショウは一度も花が咲くどころか白くならず緑のままです。
2009年06月21日 20:05
こんばんは。
浮島ヶ原自然公園の湿地では大きなヨシが凄いですね。ヨシの間から黄色いクサレダマの花が沢山咲いていて綺麗です。クサレダマ(草連玉)なのですね。
ハンゲショウも綺麗にお化粧を始めていますね、白い花も綺麗に撮られています。浮島ヶ原湿原のヨシの間に咲いたクサレダマ、後方に富士山が綺麗な姿を見せていますね。梅雨の合間の青空に富士山が素晴らしいです。
2009年06月21日 22:21
信徳さん、今晩は。
仰る通り背の低いヨシを探してみましたが、そこにはクサレダマが無かったです。ヨシを少し刈りたくなってしまいましたが、それはここの自然公園の性格上許されません。ここではヨシは雑草ではないのです。
2009年06月21日 22:28
eijiさん、今晩は。
この湿原では一番優勢な植物はヨシです。その大群落の中でクサレダマとハンゲショウが負けずに頑張って咲いていました。ハンゲショウは他で見るよりも背を精一杯伸ばしていたように見えました。クサレダマも他のところのものよりも背が高いかも知れません。eijiさんのところのハンゲショウも早く白く色付くと良いですね。
2009年06月21日 22:34
杏さん、今晩は。
そうですね、いつの間にかヨシがすっかり背を伸ばして、ここの湿原の主になっていました。その隙間にクサレダマやハンゲショウが自己主張して綺麗な花を見せてくれています。富士山とのツーショットではヨシよりもクサレダマですがヨシに隠れてしまって残念な景色になってしまいました。
2009年06月22日 19:50
名前は少し気になって良くないところが有りますけれど、クサレダマが群生してよく咲いていますね、条件が合っているのか花も大きく素晴らしいです。
2009年06月22日 23:16
OSAMIさん、今晩は。
ここのクサレダマの群生はヨシの中で元気に咲いていました。もう少しヨシが短ければ黄色のベルトがヨシの緑の上に出来るでしょう。
2009年06月25日 14:14
私も腐れ玉説に取ってしまいました。草連玉ならクサレンタマと読んであげれば、少しはイメージが良くなります。
浮島ヶ原自然公園ですから野草だけなんでしょうかね。
我が家もハンゲショウが殖えていますが、家の周りが湿地になったのでしょうか。そのうちにミズバショウが咲く(植えていませんが)かも知れませんね。
2009年06月25日 19:47
私は、クサ レダマとクサで一息入れます。レダマと言う木本がありエニシダの様な花を咲かせるそうです。クサ レンタマでは、今度はレンタマとは何ぞや、となりそうです。浮島ヶ原自然公園は元々は、浮島沼と言って湿地帯でした。従って、ヨシが生えている中にハンゲショウもクサレダマも生えています。寅太さんの庭は手入れが良く、水撒きが十分なのでハンゲショウも殖えるのでしょう。