瑞牆山ウォーキング(その2)           

富士見平(1,815m)~天鳥川出合(1,795m)~桃太郎岩

【富士見平 9:35発】
 富士見平小屋の左側を通って瑞牆山へと向かった。ここからは山腹を捲くトラバース道となる。
画像

 道は相変わらず岩がゴロゴロしている。
画像

 きつい登りはなく、緩やかなアップダウンを数回繰り返しながら50mほど高度を上げる。すると、木々の間から瑞牆山の岩峰が見え隠れし始めた。
画像

 少し進むと樹間がポッカリと開いて瑞牆山名物の「大やすり岩」が見えて来た。
画像

 大やすりの右に見えるのが山頂だろうが、果たしてどのようにして山頂に登るのだろうか。
 坂道を登り切った所が小川山との分岐だった。
画像

 小川山への道を右に見送って、瑞牆山へはここから急坂を一気に下る。
 せっかく高度を稼いできたのに、と思いながら急坂を下ると天鳥川(あまどりがわ)出合いに到着した。
【天鳥川出合 9:55着】
画像

 清流の中の岩を飛び飛びに川を渡ると、対岸は平坦地になっていた。ベンチが置いてあったので、そこで暫しの休憩を取った。
 
【天鳥川出合 10:00発】
 歩き始めると直ぐに左手に大きな丸い岩が見えた。これが桃太郎岩と呼ばれる大岩なのだろう。
画像

 桃太郎岩の右下に階段が付いている。階段と見比べると桃太郎岩の大きさが解る。桃太郎岩と呼ばれるのは、岩の中央にまるでこれから桃太郎が飛び出るかのように、岩に亀裂が入っている為だろう。
画像

 階段を登って行くと桃太郎岩に貼り付いていたコケの中から小さな花が飛び出していた。先日、山伏で見たコミヤマカタバミ(小深山酢漿草)だった。
画像

 コミヤマカタバミは花の中心が黄色になっているのだが、山伏で見たコミヤマカタバミは若干黄色が薄かった。今回見たコミヤマカタバミは黄色がシッカリと見えていた。しかし、雨に濡れて花弁が丸まってしまっていたのが残念だった。
 登山道はロープを使って岩を登り、そして階段を登って行った。
画像画像

 登山道は天鳥川の枝沢伝いに登って行く。前日に雨が降った為だろうか、沢の水音が結構大きく聞こえていた。
 階段を登り終わると、頭上に赤い綺麗な実が生っていた。
画像

 近づいて良く見ると八幡平で見たコヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)だった。赤い実の様に見えたものは壷状の花だった。
画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月16日 21:47
瑞牆山は面白い岩が沢山ありると思いますが桃太郎岩も面白いですよね、更に色々の岩などの風景も期待しています。
2009年06月16日 22:38
初めまして。自分も行ってみたくなりました。僕は富士宮に住んでいます。近くに素晴らしいところがたくさんあるんですね。また訪問させていただきます。
hanatetsu
2009年06月17日 09:01
前回、ヒメタケシマランの印象が強く、コミヤマカタバミのコメントができませんでした。初見の花です。可憐で綺麗ですね。
コヨウラクツツジ、遡って拝見させて頂きました。
寅太
2009年06月17日 15:15
この山は大変ですね。
折角高度を稼いでも、次は下りです。
本来なら下りはエネルギーが貯まるはずなんですが、逆に消費してしまいます。
ゴヨウラクツツジに疲れが少しは取れましたか。
明日は山頂でしょう。どんな景色になるんでしょう。
2009年06月17日 16:52
1,800mの高さで梯子あり、ロープありで整備されているとは言えキツイコースですね。健脚向きのコースでしょう。
2009年06月17日 18:48
OSAMIさん、今晩は。
瑞牆山の奇岩には色々名前が付いているようですが、桃太郎岩と大やすり岩しか名前と実物が解っていません。その他の岩には恐くて、寄り付き難しでした(笑)。
2009年06月17日 18:53
今晩は
大やすり岩や桃太郎岩を見せて頂きました。行かずしてこのような景色を楽しませて頂き有り難う御座います。
2009年06月17日 18:58
マサトさん、今晩は。ようこそお出で下さいました。
富士宮はゴルフや山行で時々お邪魔しています。富士山の麓で良い所ですよね。瑞牆山は日本百名山の一つで、なかなか良い山です。是非登って見て下さい。私も秋にもう一度登ってみたいと考えています。
これからも宜しくお願い致します。
2009年06月17日 19:04
hanatetsuさん、今晩は。
山伏で見たコミヤマカタバミは花の中央の黄色が薄かったので、本当にコミヤマカタバミだろうかと心配していました。今回は黄色がはっきり見えていますので間違いないと思っています。コヨウラクツツジはなかなか可愛い花ですよ。
2009年06月17日 19:14
寅太さん、今晩は。
人間もバッテリーを背負って歩けば良いのかな(笑)?
後になって思い返せば、この程度の下りを登り返すのはたいした事ではなかったのです。この山はこれからが大変だったのでした。
ゴヨウラクツツジの可愛い花にはこの先でも何回か癒されました。それ以外に癒してくれた花が有りました。この後でアップします。そんな訳で山頂はもう一日後になります。
2009年06月17日 19:22
信徳さん、今晩は。
ロープ、階段はまだまだ上にも有りました。2,230mの高さの山頂に出る直前までありました。ほぼ、垂直に聳えている山ですから、厳しい登山ですね。しかし、私や、ご夫人達も沢山いましたので山行に慣れていれば登れます。
2009年06月17日 19:25
chiharuさん、今晩は。
大やすり岩は山頂近くで見ると、もっと凄いです。写真ではなかなかその凄さを表せませんが、引き続きこの先も見て下さい。
2009年06月17日 19:26
こんばんは。
丸い大きな岩が若葉の木の中に見えていますが、桃太郎岩だそうですね。
大岩の脇の階段で大きさが分かります。
桃太郎岩にコミヤマカタバミが可憐な花を咲かせていましたね。白い花に淡い紫色の筋が綺麗です。コヨウラクツツジは赤い実のように見えましたが可愛い花ですね。赤い花が可愛い実がいっぱい付いているようで綺麗ですね。
2009年06月18日 18:44
杏さん、今晩は。
大きな桃太郎岩ですから、大きな桃太郎が産まれてくることでしょうね(笑)。ここにはコミヤマカタバミが何輪か咲いていたのですが、皆雨に濡れて花弁が綺麗に開いていなかったのが残念でした。コヨウラクツツジの赤い花は遠くから見ると実のように見えますが、可愛い花です。