香貫山の植物  ウバメガシ            

ウバメガシ(姥目樫)

 先月の9日、鷲頭山ウォーキング(その3)で綴ったウバメガシ(姥目樫)の木が香貫山にもあって、花が咲いたので以下に綴る。
<ウバメガシの花>
 ウバメガシは雌雄同株で、2007年4月9日に綴った同じ仲間のコナラと同じ様な花の付け方をしている。雄花は新枝の根元に、雌花は新枝の先端の葉腋(赤丸印)に付く。
画像

 それぞれに近づいて撮影した。左は雄花で右が雌花。
画像画像

 更にそれぞれをマクロで撮影した。雄花はもう少し早い時期でオシベが出始めるタイミングだ。雌花は別の花で、柱頭が3分割しているのが見える。
画像画像


<ウバメガシの実>
 2年目の秋に成熟すると言う。今年の秋、更には来年の秋に覘いてみる事とする。

<ウバメガシの材と葉>
 前回の記事の一部を以下に転載しておく。
 多比峠から大平の戸ヶ谷に降りる前に道標に有るウバメガシ岩尾根に寄った。
画像

 尾根道を境に右側(海側)がウバメガシ(姥目樫)林、左側(内陸側)は雑木林になっていた。ウバメガシは神奈川県以西の太平洋岸で風当たりの強い露出岩、尾根の乾燥地のような特殊な地に生育すると言う。ここの岩尾根は将にその通りの様だ。
 ウバメガシの材は硬く炭の最高級品といわれる備長炭の原料になる。比重も重く1を越すものもあり、木でありながら水に入れても沈んでしまうと言う。小さな下枝を切り取って撮影した時に触った枝は確かに硬かった。
画像


<ウバメガシ(姥目樫)>
  ブナ科、コナラ属
  名前の由来:芽だしの色が茶褐色になるので姥芽(ウバメ)
<特徴>
  常緑小高木、樹高は10m~15m
  材は堅く高級な炭として知られる備長炭はこの木から作られる
  葉縁は上半分に低い鋸歯がある
  花は4~5月に葉の展開と同時に開花
  雌雄同株、雄花序は新枝に垂れ下がり、雌花は新枝の葉腋に付く
  果期9~11月 、果実は堅果長さ約2cmの楕円形

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年05月08日 22:01
枝の先に虫でも付いているようですね。余程注意して見ないと分かりません。ウバメガシの貴重な話を初めて聞きました。参考になります。
2009年05月08日 23:08
こんばんは。
ウバメガシ、木の下を通った事があるかも知れないですが、花は初めて見せていただきました。。雄花は黄色く長い花で、雌花は小さな小さな花ですね。
マクロで綺麗に撮られています。
樫の木は固く備長炭を作ると最高級品だそうですね。子供の頃に樫の木で作った木刀を見たことがありますが、堅いようです。
2009年05月08日 23:24
ウバメガシの花は良く見た事が無かったのですが、なかなか面白い花を付けているのですね、チャンスがあったら見たいものと思います。
寅太
2009年05月09日 10:29
またまた新種の発見、そろそろ「香貫山の植物」の本を発行しましょう。
出版の記念会には出かけます。
雌蕊は3つに分かれるのが多いですね。
昔、河井継之助がそのあたりを通った時に、最高級品の炭の産地と日記に書いています。ウバメガシだったのでしょうか。
日記には産業のことはかなり詳しく書いているのに、草花がでてきません。
草花よりは吉原が良かったようです。
2009年05月09日 18:27
信徳さん、今晩は。
木の雌花には小さくて見落としてしまいそうなものが時々ありますね。虫や蝶でさえも見落とすのではないでしょうか。炭の需要は減っても備長炭の需要は減らないかもしれません。ヤキトリやうなぎを食べる時はウバメガシを思い出してやって下さい。
2009年05月09日 18:31
杏さん、今晩は。
ウバメガシの雄花は見えても、雌花は見落としてしまいますね。およそ花らしくない花です。ウバメガシは堅いので、備長炭だけでなく、木刀にも使われるのですね。
2009年05月09日 18:34
OSAMIさん、今晩は。
ウバメガシの雄花は見落としませんが、雌花は何処に有るのか知らないと見つけられません。老人の目には場所を知っていても見落としてしまいます。ルーペ持参で探して見てやって下さい。
2009年05月09日 19:14
寅太さん、今晩は。
そうですね、そろそろ香貫山の植物の新種発見は無理かもしれませんね。因みに、香貫山の植物の索引で数えたら、記述した植物は373種有りました。塵も積れば、・・・ですね!あとはシダ類やキノコ類や苔類が残っていますが、どうするか迷っています?まして、本にするのは???
河井継之助の日記に最高級品の炭の産地と有りますか!産地は伊豆かも知れませんね。最高級の炭と言えば備長炭で原料はウバメガシですね。
河井継之助の気になった花は、草の花でなくて、吉原の花でしょうね(笑)。
hanatetsu
2009年05月10日 09:30
ウバメガシが炭の最高級品といわれる備長炭の原料とは知りませんでした。
雄花、雌花の画像見事です。
2009年05月10日 19:54
hanatetsuさん、今晩は。
備長炭は良く知っていましたが、原料がウバメガシだっと、私も今回初めて知りました。ウバメガシの雄花と雌花の撮影には苦労しました。特に雌花は小さくて厄介でした。