今倉山・菜畑山ウォーキング(その2)       

今倉山~水喰ノ頭~菜畑山

【今倉山山頂 11:30発】
 昼食を取った後、今倉山山頂を水喰ノ頭に向ってスタートした。最初は急な下りだが、それを過ぎるとゆるい起伏を繰り返して進んだ。
画像

 進行方向の左手には都留市側の山並みが薄っすらと新緑に彩られて綺麗に見えていた。
画像

 登山道脇にエンレイソウが咲いていた。普通、エンレイソウの花弁は茶色だが、このエンレイソウは全体が緑色で、縁を茶色で彩られていた。別の場所には昨年の5月に毛無山で見たシロバナエンレイソウも咲いていた。
画像画像

<エンレイソウ(延齢草)>
  ユリ科、エンレイソウ属
<特徴>
  多年草、少し高い山の木の下の陰で湿って肥えた場所に生える
  ふき状の茎に三枚しかない大きな葉をつける
  三枚のチョコレート色の花を咲かせる
  5~6月咲く、花径30mm程度
  草丈40cmまで

 進行方向の右手には道志川と道志みちに沿った道志村が見えた。
画像

 進行方向の後には上部を雲に覆われた富士山が、左裾だけが何とか見えていた。午前中よりも雲が増えていた。
画像

【水喰ノ頭 12:37着】
 今倉山から約1時間歩いて、水喰ノ頭(標高 1,334m)に到着した。スタート地点に有ったコース案内では今倉山から菜畑山までが1時間とあった。水喰ノ頭は今倉山と菜畑山の中間地点なので後、1時間は掛かるはずだ。どうもスタート地点に有った説明板の歩行時間はおかしくて、ここの山頂に有る道標の方が正しいようだ。
画像

 少し、休憩した後、水喰ノ頭をスタートした。登山道脇に今までに見た事が無いスミレを見つけた。ナガバノスミレサイシンだった。
画像

<ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)>
  スミレ科、スミレ属
  名前の由来:葉の形がウマノスズクサ科ウスバサイシンの葉と似ている
<特徴>
  多年草、山地林内に生える
  根生する葉は三角状長卵形で先は尖り、縁に鋸歯がある
  花期は3~4月

  暫くすると、奇妙な植物が見つかった。
画像

 帰宅して調べたらヤマウツボだった。

<ヤマウツボ(山靭)>
  ハマウツボ科、ヤマウツボ属
<特徴>
  寄生植物、山地落葉樹の根に寄生する葉のない植物
  4~5月咲く
  花穂の長さ15cm程度の薄いピンクがかった白い集合花
  ブナ科、カバノキ科、ヤナギ科の木の根に寄生する

【菜畑山山頂 13:24着】
 今倉山から1時間54分で菜畑山(標高 1,283m)に到着した。案内図の歩行時間よりも54分も余分に掛かったが、水喰ノ頭山頂に有った道標にほぼ近い時間だった。
画像

  菜畑山は「なばたけうら」と、山を「うら」と読む。ウラは先端を示す言葉で、奥多摩には「峰」をウラと読む所が数ヶ所有ると言う。菜畑山がどうしてウラと呼ばれるようになったかは定かではないと言う。

 明日に続く。

この記事へのコメント

寅太
2009年05月03日 19:15
いや~、菜畑山は最初から「なばたけやま」と読んでました。ここで種をあかし「なばたけうら」とは人が悪い。
ヤマウツボを見れるなんてなんと幸運な。私もヤマウツボとツチアケビは見たいと思っています。でも一人では、恐そうで見たくありません。
高尾から見える富士は、左に大室山と右に御正体山が重なった、その間に見えます。
今倉山や菜畑山は、多分高尾川の山に隠れるのではないでしょうか。
2009年05月03日 20:56
春先の登山は見晴らしが良いので楽しそうですね。そして草花が見つかった時の喜び、何とも言えないものでしょうね。ヤマウツボは初めて見ました。珍しい植物なんでしょう。
2009年05月03日 21:53
芽吹き始めたばかりの木も遠くの風景も良いですね、昨日の写真も今日の写真も富士山の手前に見える山は御正体山でしょうか?。
ヤマウツボは初めてです、奇妙な植物ですね。
2009年05月03日 22:01
エンレイソウは北海道の自生地で初めて見たときは感動しました。長い間憧れていました。ナガバノスミレ、可愛いですね。ヤマウツボは初めて見ました。
2009年05月03日 22:26
こんばんは。
富士山に雲が多くなって残念ですが裾野が少し見えるぐらいになってしまいましたね。登山途中の山々が新緑で青空に白い雲が綺麗です。
エンレイソウ、シロバナエンレイソウ、両方の花をご覧になれて凄いです!
ヤマウツボも初めて見せていただきました。
山中で、初めての山野草に出会うと嬉しいですね♪
hanatetsu
2009年05月04日 14:30
楽しみが的中しました。
撮りたい撮りたいと思っていましたヤマウツボです。
高尾山の登山道では見つかりません。
平坦なコースしか歩いていないので、出会うのは無理でしょうね!

2009年05月04日 18:22
今晩は
登山道脇に咲いていたエンレイソウは白花ですか。紫は毎年見ますが白花は初めてです。ヤマウウツボも初めて見せて頂きました。珍しい花を見せて頂き有り難う御座います。
2009年05月04日 18:39
寅太さん、今晩は。
エヘヘ~、「菜畑ウラ」はビックリ効果抜群でしたか?これでシッカリと頭に残っただろうと思います。今、ネットでツチアケビを見ましたが、実物を見てみたいですね。しっかりと頭に入れておき、何処かの山で出合った時、ビックリしないようにします。今回のヤマウツボではビックリしましたので。
地図で調べると、高尾山から富士山を見ると今倉山と菜畑山は赤鞍ヶ岳と御正体山に挟まれていて、高尾山からは見えないようです。
2009年05月04日 18:45
信徳さん、今晩は。
春先の山頂からの展望は、遠くは霞んで良く見えませんが、まあまあの展望は得られます。夏になると山々が雲に隠れてしまうことが増えますね。
山歩きしていて色々の山野草に出会うのは嬉しいですね。更に珍しい花に出会うと大きな声を出しそうになります。今回のヤマウツボは見慣れない花でビックリしました。珍しい花だったと解ってから、ジワ~と嬉しさがこみ上げてきました(笑)。
2009年05月04日 18:51
OSAMIさん、今晩は。
山々の新緑は萌黄色とでも言うのでしょうか、薄い緑色が綺麗でした。富士山の右手前に見えているのは御正体山だと思います。今度御正体山に登った時に確認しようと思っています。
ヤマウツボは私も初めてで奇妙な植物なので化け物かなとビックリしました(笑)。
2009年05月04日 18:56
eijiさん、今晩は。
私も最初エンレイソウを見た時は嬉しかったですね。今回は2種類も見る事が出来て嬉しかったです。今年はスミレの仲間も多く見れました。ヤマウツボは寄生植物で見れるのは珍しい様です。
2009年05月04日 19:05
杏さん、今晩は。
この日は富士山の上の部分に雲がへばりついていて晴れることはありませんでした。夕方には無くなりましたが、時既に遅しでした。山々の新緑は萌黄色と言うのでしょうか、薄緑色が綺麗でした。
エンレイソウ、シロバナエンレイソウ、両方の花に出会えてラッキーでした。更にヤマウツボにも出会えて今回はついていましたね。初めての山野草に出会うと嬉しいものです。

2009年05月04日 19:10
hanatetsuさん、今晩は。
そうでしたかヤマウツボを狙っていたのですか。それならば、ヤマウツボをコッソリと高尾山の登山道脇に移植したかったですね、盗掘ではないので許されるかも知れませんね(笑)。
2009年05月04日 19:15
chiharuさん、今晩は。
今回はエンレイソウの2種類に出会えてラッキーでした。その上にヤマウツボにも出会えたので嬉しかったです。