箱根湿生花園の花(その28)           

オキナグサ、センダイハギ、レブンソウ

《オキナグサ》
 花壇の中に白っぽい植物の一塊があった。茎や葉が更には花弁までが白い毛に覆われている。少し下向きの花を覗き込むと、花弁の内側は黒味を帯びた赤色でハッとする美しさだった。近くの説明板にキンポウゲ科のオキナグサ(翁草)とあった。
画像画像


 草全体が白い毛に覆われているので白髪の老人に譬えた名前かと思っていたら、実(種子)にヒゲを思わせる白い種毛を伸ばすので、これを老人の鬚に譬えたと言う。ネットで調べたら、同じキンポウゲ科のクレマチスやセンニンソウ(仙人草)の白い種毛の付いた実と似ていた。 センニンソウは仙人の鬚に、オキナグサは翁の鬚に譬えたのだ。

<オキナグサ(翁草)>
  キンポウゲ科、オキナグサ属
  名前の由来:痩果の白いヒゲから
<特徴>
  多年草、日当たりの良い山地の草原に咲く
  4~5月に咲く、臙脂色(えんじいろ)の花
  花径3cm程度
  花は翁のように白いヒゲを全体につけている
  草丈15cm程度
  箱根では絶滅寸前

《センダイハギ》
 センダイハギ(先代萩)は先日、沼津御用邸記念公園の花暦で綴った同じマメ科のミヤコグサに色や形が良く似ている。
 名前の由来がややこしい。北の地(千代:仙台の古名)に咲く萩のような花ということで千代萩(センダイハギ)と呼ぼうとしたが、仙台藩の伊達騒動を題材にした歌舞伎「伽羅(めいぼく)先代萩」を真似て、センダイハギ(先代萩)になったと言う。
画像画像

<センダイハギ(先代萩)>
  マメ科、センダイハギ属
<特徴>
  多年草、北国の海岸に生える
  5~8月に咲く、濃い黄色の花
  花径2cm程度、花穂の長さ15cm
  草丈は70cmまで
  箱根には無い

《レブンソウ》
 この花は名前通り、北海道・礼文島に咲くマメ科の花だと言う。礼文島に行かなくともこの様に綺麗な花を見れることを感謝しよう。
画像画像

<レブンソウ(礼文草)>
  マメ科、オヤマノエンドウ属
<特徴>
  多年草、礼文島(固有)の海岸近くの礫地や草地
  花は6~7月に咲く、花冠は紅紫色で長さ約2cm
  10~20cmの花茎を伸ばし、総状花序に10個前後付ける
  草丈10~20cm
  葉は根元に集まり、奇数羽状複葉で小葉は17~23個
  箱根には無い

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年05月17日 21:32
オキナグサが今になって咲いてるとは驚きです。やはりその場所は標高が高いのかなあ~。
センダイハギもレブンソウも初見です。レブンソウ憧れの花の一つです。
ムラサキセンダイハギは、先日伺った薬用植物園で見ることができました。
2009年05月17日 22:39
元気のいいオキナグサが良いですし、センダイハギもこれからというところでしょうかね、ムラサキの鮮やかなレブンソウが素晴らしいです。
2009年05月17日 22:41
オキナグサとは良く名付けたものですよね。礼文島に行かなくても箱根湿性園に行かなくてもレブンソウがブログで見れて嬉しいです。感謝します。
2009年05月17日 22:56
こんばんは。
オキナグサは白い産毛がいっぱい付いていますね。
花も少し下向きに咲いて綺麗です。オキナグサは翁の鬚に、同じキンポウゲ科のセンニンソウは仙人の髭に例えられたのですね。キンポウゲ科の花は(花後も)神秘的な感じがします。
センダイハギ、綺麗な黄色の花ですね、群生していて見事ですね。
レブンソウは、鮮やかな紫色の花で礼文島に咲いているそうですが、こちらでも花に出会えるのですね、箱根湿生花園には本当に沢山の花が咲いていますね。
2009年05月18日 18:04
hanatetsuさん、今晩は。
スミマセン、撮影してからブログにアップするまでに24日も経っていますので、約1ヶ月時間を昔に戻して見て下さい。レブンソウは礼文島に行かずに見る事が出来ましたのでラッキーでした。
センダイハギの紫色は何方かのブログで私も見ました。湿生花園に両方有れば良かったのですが。
2009年05月18日 18:08
OSAMIさん、今晩は。
ここのオキナグサは若者の様に、元気溌剌としていました(笑)。そうですね、センダイハギはこれからが最盛期の様に感じました。レブンソの色は濃い紫色で綺麗でした。
2009年05月18日 18:11
信徳さん、今晩は。
オキナグサの名付けは私も感心しました。こう言う名付けですと覚え易いですね。レブンソウを楽しんで戴けて嬉しいです。
2009年05月18日 18:18
杏さん、今晩は。
オキナグサの名付けには私も感心しました。実に付く白い種毛が名付けの理由と有りますが、茎や葉に付く白い産毛もその理由に含まれると思います。センダイハギ、レブンソウ、共にマメ科の花は綺麗ですね。
2009年05月18日 18:40
今晩は
オキナグサは白髭のような葉や茎ですが花が紫で綺麗です。「センダイハギ」の命名にはそうしたいわれが有ったのですね。「レブンソウ」の実物実とことが有りません。見せて頂き有り難う御座います。
2009年05月18日 21:46
chiharuさん、今晩は。
オキナグサは白装束を纏った異様な感じもしますが、エンジュ色が綺麗な花です。センダイハギの由来を説明するのはややこしいですが、面白いですね。レブンソウは礼文島に行かずして楽しむ事が出来ました。
寅太
2009年05月24日 10:37
少し色の濃いオキナグサでしょうか。それからレブンソウ、いいですね。礼文島に行かないで、箱根にしましょう。
センダイハギ、実は名前がわからず困っていたんです。
この旅で、民家に近いところですが、たくさん咲いていました。漢字表記は仙台萩かと思っていましたら、千代萩そして先代萩でしたか(よくわかった)。この花の隣に水芭蕉群生地の看板がたっていましたが、センダイハギを撮っていたら、村人が水芭蕉は終わりましたと教えてくれました。