毛無山(西湖)ウォーキング(その2)       

中間地点(1,200m)~長浜分岐(1,310m)

 休憩後、相変わらずの急坂道を進む。すると、明るい日差しの中にイカリソウが咲いていた。鮮やかな紅紫色が美しい。ここまでで見たイカリソウは日陰の中だったので、これほど鮮やかではなかった。
画像
画像

 今回の山行ではイカリソウ、チゴユリ、ヒトリシズカ等、早春の山野草をタップリと楽しむ事が出来て、急登も苦にならなかった。
 ホタルカズラも咲いていた。
画像
 
 ウグイスカグラも日差しの中で綺麗に咲いていた。
画像

 フデリンドウも明るい道端で咲き誇っていた。
画像

【長浜分岐 11:10着】
 長浜分岐が近づくと雑木が増えてきて、中でもクロモジの木が多くあり新葉の緑が鮮やかだった。
画像画像

 長浜分岐から少し登った所で、後を振り返ると富士山が木の間から見えていた。今度は足和田山の上に大きな姿を見せていた。
画像

 左には河口湖が、右には西湖が木の間に見え始めていた。
画像画像

 山頂での眺望を楽しみに、暫しの休憩を取った。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年05月14日 22:13
山の自然で生育した色の鮮やかないろいろの花達が素晴らしいですね、長浜分岐付近から上はは芽吹いたばかりの新緑が鮮やかで良いなと思います。
2009年05月14日 22:45
こんばんは。
お天気が良くイカリソウの花も鮮やかですね。
ウグイスカグラ、フデリンドウも日差しを浴びて綺麗な花を咲かせていますね。新緑が芽吹き始めた山道を歩かれていると気持ちが良いものです。
クロモジの花も可愛いですし、新葉の緑が清々しいです。
木々の間から富士山が見えていますね。
寅太
2009年05月15日 00:06
毛無山は春の真っ只中ですね。ホタルカズラとすぐに名前がでるのは箱根の学習の成果でしょうか。
このウグイスカグラはちょっと変っていませんか。
色が鮮やかで、花が反り返るほど開いています。よく見るウグイスカグラはラッパ状に開いて、すぐに落ちてしまう。後ろに見える蕾の形はそっくりですが。
新緑の中から見る湖も素晴らしいことでしょう。
2009年05月15日 06:46
早春の花々はみな生き生きしています。長い冬の眠りから覚め腐葉土の暖かい絨毯から芽を出して一気に咲き出すのですね。イカリソウの思い切った反り方はイカリよりも子蛸の春の踊りを見ているようです(笑)。
2009年05月15日 18:44
OSAMIさん、今晩は。
山中で見る花は生き生きとしています。日が当っていると更に綺麗に見えます。この時期の新緑は山の下から見ても、山中で見てもどちらも綺麗ですね。
2009年05月15日 18:51
杏さん、今晩は。
イカリソウ、ウグイスカグラ、フデリンドウ共に日が当った花々は綺麗です。今日も山の新緑の中を歩いて来ましたが、目に清清しく、心はウキウキ、気分良く歩けました。樹木の間の富士山は、山頂付近では邪魔者が無くなり、一気に綺麗な姿を現しました。
2009年05月15日 19:08
寅太さん、今晩は。
仰る通り、毛無山は春本番でした。ホタルカズラは箱根で無く香貫山での学習結果です。確かに、以前に見たウグイスカグラを見返しましたが、葉弁が反り返っていませんね。慌ててネットで調べると、ウグイスカグラの仲間にはヤマウグイスカグやミヤマウグイスカグラも有りますね。もう少し、調べましょう。
2009年05月15日 19:16
信徳さん、今晩は。
そうですね、花々は元気良く咲いていて、山の中も春が訪れていました。
錨よりも子蛸の踊りに似ていますか?しかも春が付く、子蛸の春の踊り、に似ているのですね!名前を急遽、変更しましょう。コダコハルオドリソウですね。少し、長かったですかね(笑)。
hanatetsu
2009年05月15日 21:18
毛無山のイカリソウ、ホタルカズラ、ウグイスカグラ、フデリンドウを拝見しますと高尾山と植生が似ています。
…が、高尾山では花期が過ぎており、1.200メートルの中間地点の高さを感じました。高い場所ですね!
2009年05月16日 09:56
hanatetsuさん、今日は。
高尾山は標高599m、西湖は標高900mですから毛無山は高尾山に比べると春の訪れは大分遅くなりますね。両山の植生が似ているのは、地理的な距離が近いからでしょうね。