箱根湿生花園の花(その25)           

オオバナノエンレイソウ、キヌガサソウ、スズムシソウ

 今日は箱根湿生花園に咲いていたユリ科やラン科の花を綴る。

《オオバナノエンレイソウ》
 先日、菜畑山で見たエンレイソウやシロバナエンレイソウに似た花が咲いていた。花が一段と大きく、オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)だった。
画像画像

 エンレイソウやシロバナエンレイソウは葉と花のバランスが悪いと思っていたが、このオオバナノエンレイソウはその欠点を解決してくれる花だ。

<オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)>
  ユリ科、エンレイソウ属
  名前の由来:エンレイソウより花が一段と大きい
<特徴>
  多年草、海岸近くの広葉樹の林床に生える
  5~6月に咲く
  花色は白、花茎が葉より出て一つ花が咲く
  葉は3枚輪生する  花径60mmまで
  草丈30cmまで
  箱根には無い

《キヌガサソウ》
 エンレイソウと同じユリ科のキヌガサソウ(衣笠草)も咲いていた。エンレイソウの葉は3枚だが、キヌガサソウは7~11枚の葉を輪生させ、その中心から伸びた花茎の先端に花を1つ付ける点でエンレイソウと似ている。
画像

 キヌガサソウが群生している所を撮影したと思っていたが今、良く見ると手前に写っていたのはオオバナノエンレイソウだった。
画像

 現地ではズームで撮影していたので気付かなかったが、お蔭で葉も花もキヌガサソウの方がオオバナノエンレイソウよりも大きい事が解った。

<キヌガサソウ(衣笠草)>
  ユリ科、エンレイソウ属
  名前の由来:放射状出た葉を奈良時代の高貴な人差し掛けた衣笠にみたてた
  別名:ハナガサソウ
<特徴>
  多年草、亜高山のやや湿った林内に生える
  花は6月~7月に咲く  
  葉は7~11枚
  花は1個つけ外花被が花弁状、内花被は細かく小さい
  液果は緑色でのちに暗紫色に熟し甘くなる
  箱根には無い

《スズムシソウ》
 苔が生えた岩場に珍しい花が咲いていた。ラン科のスズムシソウ(鈴虫草)だった。
画像画像

画像

 少し暗かったので鈴虫と、どう似ているのか良く解らずに撮影してしまった。今、ブログを綴りながら写真を良く見ると、鈴虫に似ていることが良く解った。もう一度、鈴虫らしい花姿を撮影したいものだ。

<スズムシソウ(鈴虫草)>
  ラン科、クモキリソウ属
  名前の由来:花の唇弁が鈴虫の雄の羽に似ている
<特徴>
  多年草、湿った山林に生える
  花は4~6月に咲く、花茎は高さ10~20cm
  淡暗紫色の花を10個ほどつける
  側花弁は線形、唇弁は長さ約1.7cm
  箱根にも有るが稀

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年05月10日 21:31
箱根湿性園は流石に色々な山野草がありますね。三枚目の右側下はスズムシに良く似ていますよ。
2009年05月10日 21:34
エンレイソウとキヌガサソウは山で出会った事があるのでいすが、スズムシソウは未だ出会った事が無くて一度見たいものだと思っています、本当に面白い形ですよね。
2009年05月11日 00:12
こんばんは。
オオバナノエンレイソウは、名前のように大きな真白い綺麗な花を咲かせていますね。北海道では群生しているそうですが、出会ってみたい花です。
キヌガサソウも、オオバナノエンレイソウも白い花なので群生しているように見えますね。手前の花は、偶然でしょうが大きな葉も白い花びらも同じ数のように見えます。スズムシソウは、スズムシに似ていますね。初めて見せていただきました。
2009年05月11日 18:17
信徳さん、今晩は。
箱根湿生花園には1,700種もの植物が有るとパンフレットに記されています。私が記述しているものは、そのほんの一部です。山野草の勉強にはもってこいの所です。鈴虫の羽に見える唇弁のもう少し真上から撮影したかったです。次回チャレンジしましょう。
2009年05月11日 18:21
OSAMIさん、今晩は。
OSAMIさんはエンレイソウとキヌガサソウに出会っていますか。私はまだキヌガサソウには出会っていませんので、山の中のキヌガサソウを見たいと思っています。本当にスズムシソウは面白い花ですよね。これにも出会ってみたいと思っています。
2009年05月11日 18:26
杏さん、今晩は。
オオバナノエンレイソウもキヌガサソウも白い大きな花なので山で出会っても直ぐに気付くと思います。出会って見たい花です。スズムシソウは本当に鈴虫に良く似ています。もう一度、その似ている角度から撮影してみたいと思っています。
hanatetsu
2009年05月11日 19:53
オオバナノエンレイソウ、キヌガサソウそしてスズムシソウは初見です。
素晴らしい花にお目にかかれてうれしいです。
スズムシソウは狙っている花でもありますが…。
2009年05月12日 06:55
hanatetsuさん、お早うございます。
スズムシソウは狙っていた花でしたか。私は今回初めて見ましたが撮影時にはそれ程似ているとは思えませんでしたが、ブログに綴る時に改めて見直したらスズムシに良く似ていてビックリしました。自生している所が見れれば良いなと思っています。
2009年05月12日 10:12
お早う御座います
オオバ名のエンレイソウやキヌガサソウは初めて見ました。見せて頂き有り難う御座います。
2009年05月12日 17:13
chiharuさん、今日は。
私もオオバナノエンレイソウとキヌガサソウは今回初めて出会えました。綺麗な花なので、何処かの山で自生している姿を見たいと思っています。
寅太
2009年05月12日 22:02
エンリソウはあまりにも花が小さく、オオバナノエンレイソウの花の大きさになると見栄えがします。キヌガサソウもエンレイソウ属なんですね。
箱根ではもう鈴虫なんですね。この花も山野草展では人気があります。
この間、丹沢に近いところの山野草展を見にいきましたが、1本700円で売っていました。晩酌を数日控えれば手に入るのですが、鈴虫が繁殖しなければ高い買物になります。
2009年05月12日 22:58
寅太さん、今晩は。
私もエンレイソウの花は小さくて葉との対比で見栄えしない花だと思いますが、オオバナノエンレイソウになると見栄え良くなりますね。キヌガサソウもエンレイソウの仲間です。やはり、スズムシソウは山野草展では人気が有るのですね。箱根湿生花園でも1株か2株しかなかった様に思いますが?