鷲頭山ウォーキング(その1)           

御前帰・登山口

 沼津アルプスの縦走に付いては2006年4月9日に綴っているが、今回は沼津アルプスの中で一番高い鷲頭山(392m)に登ってきたのでそれを綴る。下の画像は大平側から見ているが、一番高い山が鷲頭山で直ぐ右下のピークが小鷲頭山だ。大平地区から鷲頭山を見た景色は静かな里山の雰囲気が漂う。
画像


 コースは沼津アルプスの北側にある大平地区・御前帰(ごぜかえり)から登り、大平地区・戸ヶ谷へ下る。御前帰登山口に大きな説明板があり、悲しい「中将姫伝説」が書かれていた。
画像


 ここに記されている「中将岩」と言う洞窟は後で綴るが、御前帰の地名の由来や、説明板の横に有る「中将姫自然公園」の由来が解った。
画像


【御前帰登山口 10:20発】
 登山道を進むと直ぐに道標が現れた。
画像画像



 道標にある中将さんとは中将岩の洞窟の事であり、中将宮とも呼ばれている。登山口から中将さんまでは1kmあり、この先100m毎に道標が立てられていた。
 登山道は沢沿いの道で、足元に白い綺麗な花が咲いていた。アブラナ科のユリワサビ(百合山葵)だ。
画像画像


<ユリワサビ(百合山葵)>
  アブラナ科、ワサビ属
<特徴>
  多年草
  3~4月に4弁の白い十字花を咲かせる
  湿気の多い山地の日影地に生える
  根元部分の葉はハート型で、先につく葉は割れてくる
  常緑の多年草で草丈30cm以下

 沢沿いには綺麗な緑色の葉を付けた潅木が茂っていた。良く見ると新枝に黄色い小さな花を付けていた。ミカン科のコクサギ(小臭木)だった。コクサギは雌雄異株なので雄花と雌花を以下に載せる。
 先ずは雄花で花弁と萼片は共に4個、雄しべも4個。
画像画像


 次は雌花で、花弁と萼片は共に4個、柱頭は4分割している。
画像画像





 新枝の下には昨年の実の茶色の殻が未だ残っている。
画像


<コクサギ(小臭木)>
  ミカン科、コクサギ属
<特徴>
  落葉低木
  4~5月細い幹から花穂を出し集団で薄黄緑の花を咲かせる
  雄雌異株、花は4弁
  半日陰の山地に生える
  葉を見るとミカンのようだが落葉樹
  葉から臭気がする
  樹高3mまで
  有毒植物

 明日へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年04月06日 06:11
392mと言うとそんなに高くは思わないのですが海から近いので登ると結構な高さの山でしょうね。ユリワサビの花が素敵です。
2009年04月06日 19:05
鷲頭山は里山のような雰囲気で時々山登りの訓練によさそうな山ですね、可憐なユリワサビが良いですしコクサギが綺麗に写されています、そういえば昨年の殻が付いていましたけれど、中身はどのようなものか今年確認したいものです。
2009年04月06日 20:10
今晩は
山も野の花も活動を開始して新緑の季節間もなくのようですね。
ユリワサビ初めて見た感じです。コクサギも初めてです。珍しい花を見せて頂き有り難う御座います。
2009年04月06日 21:55
信徳さん、今晩は。
登山口の海抜は数十mと思いますので、鷲頭山との標高差は392mに近い数字だと思います。1枚目の画像でも解る通り、小鷲頭山への傾斜は急なので結構大変な登山になります。
私はユリワサビは他の方のブログでは見ていましたが、初めて実物を見ました。小さい花ですがなかなか綺麗でした。
2009年04月06日 22:02
OSAMIさん、今晩は。
自宅から自転車でも30分位で行ける所にこの様な里山の雰囲気が有るとは今まで知りませんでした。登山道から見る植生も香貫山とも違っていますので山野草の観察には良い所だと感じました。山登りのトレーニングを兼ねて時々登ろうかと考えています。
OSAMIさんもコクサギを最近アップしていましたね。私もコクサギの殻の中身を今年の秋に確認してみようと考えています。
2009年04月06日 22:06
chiharuさん、今晩は。
そうですね、山も野も緑が増えてきました。サクラが終わると更に緑が濃くなり、清清しい新緑の季節を向えますね。
私もユリワサビ、コクサギは初めて実物を見ました。山野草も色々有るものだと感心しています。
hanatetsu
2009年04月06日 22:31
コクサギ、雌雄異株とは分かってはいたものの、雄か雌か分からず載せてしまいました。
アップ画像勉強になりました。
2009年04月06日 23:39
hanatetsuさん、今晩は。
樹木の花は雄花、雌花とあってなかなか厄介です。雄株が有っても雌株が無かったりして探すのが大変です。コクサギは幸いにして近くに両方があったので楽でした。
寅太
2009年04月07日 11:35
中将は鷲頭山で亡くなったのでしたか。私の田舎の集落に鷲頭姓がたくさんあります。全国的には鷲津は多いようですが、鷲頭は珍しいと思います。
下の画像の殻は時々見ますが、何の木かわかりませんでした。今度はコクサギも頭に入れて見てみます。
2009年04月07日 19:05
寅太さん、今晩は。
Wikipediaによれば平重衡は木津川畔で斬首されたとあります。鷲頭山で自害した方が沼津市民としては良いのですが・・・。
私もコクサギの実は今年、観察しようと思っています。