箱根湿生花園の花(その23)           

キジムシロ、バイカイカリソウ、オオバキスミレ

《キジムシロ》
 キジムシロ(雉莚)は、4月20日に綴ったミツバツチグリに良く似ている。
画像

 ミツバツチグリの小葉は3枚なの対してキジムシロの小葉は5~9枚あるので葉を見れば区別出来る。
画像

 名前の由来は、地面に広がる葉を「雉の座る筵」に見立てたと言う。次の画像に示すように花茎が大きく円形に伸びている。これを雉の座る筵と言うのだろうか?
画像
 
<キジムシロ(雉莚)>
  バラ科、キジムシロ属
<特徴>
  多年草
  3~5月に咲く、日当たりの良い乾燥気味の草地に生える
  小葉は5枚から9枚まで(似ている三葉土栗は小葉が3枚)
  長く花茎を伸ばして平面的な円形に拡がる
  花の径1.5~2cm、草姿をキジのムシロに見立てた
  箱根にも有るが少ない

《バイカイカリソウ》
 落葉樹林の下でメギ科のバイカイカリソウ(梅花錨草)が可憐に咲いていた。先日綴ったイカリソウに比べると花は錨ではなく梅の花に似ている。
画像画像


<バイカイカリソウ(梅花錨草)>
  メギ科、イカリソウ属
<特徴>
  多年草、明るい山地や草原に生える  
  4~5月に咲く白花のイカリソウ、花径1cm大
  花茎を伸ばして数個白い花を咲かせる
  花が開くと梅のようでもある
  葉は少し長めのハート型で心がねじれる
  草丈30cm以下
  箱根にも有る

 香貫山で見たイカリソウは白色であったが、箱根湿生花園には薄紅色のイカリソウも有ったので以下に載せておく。
画像


《オオバキスミレ》
 黄色のスミレが咲いていた。高山に生えているオオバキスミレ(大葉黄菫)で、黄色なので他のスミレとの見分けは楽だ。
画像画像


 (このオオバキスミレには秋田駒ケ岳で既に出会っていて2007年7月5日に綴っている。)
<オオバキスミレ(大葉黄菫)>
  スミレ科、スミレ属
<特徴>
  多年草、 5~7月に咲く、
  高い山地の湿気の多くて日当たりの良い場所に生える
  花径20mm程度
  葉はハート型で大きい
  草丈は10cm程度
  箱根には無い

この記事へのコメント

2009年04月30日 19:31
キジムシロが沢山咲いていますね。沢山咲くと綺麗ですね。
イカリソウが綺麗に咲いていますね。我が家のイカリソウは今年は咲きませんでした。オオバキスミレは紫系が多い中黄色が好いですね。
2009年04月30日 20:50
イカリソウの仲間のようには見えない綺麗なバイカイカリソウですが、葉とかはイカリソウの感じがあるのでしょうか?、綺麗なオオバキスミレは葉が本当に大きいですね。
2009年04月30日 21:58
三枚目の画像、確かに黄色い筵か座布団に見えます。バイカイカリソウ、オオバキスミレはとても素敵です。
hanatetsu
2009年04月30日 22:05
先日、ミツバツチグリの八重咲きを見ることができました。
オオバキスミレ、私にもわかりそうです。
2009年04月30日 22:56
こんばんは。
キジムシロの黄色い花が可愛いです。
ミツバツチグリの花に良く似ていて見分けがつかないです(笑)
花を上から撮られていますが、地面に広がる葉が大きく円形になっていて、本当に雉が座るような形ですね。
バイカイカリソウは少し丸くなって真白い花が綺麗です。
オオバキスミレは初めてです。綺麗ですね~。
大きな葉に黄色い花が素敵です。
2009年05月01日 18:56
今晩は
今日見せて頂いた花の中で「バイカイカリソウ」初めて見た感じです。イカリソウと言うより梅花に似ていますね。珍しい花を見せて頂き有り難う御座います。
2009年05月02日 18:09
eijiさん、今晩は。
キジムシロは黄色で良く目立ちますし、円形に綺麗に咲いていました。eijiさんの所ではイカリソウが咲きませんでしたか、残念だったですね。山野草のスミレで黄色の花は珍しいですよね。
2009年05月02日 18:16
OSAMIさん、今晩は。
バイカイカリソウの小葉はイカリソウの小葉に似ていますが、イカリソウの葉の特徴で有る三枝九葉にはなっていなかったと思います。スミレの中で花の黄色と葉の大きさが他のものと違いますね。
2009年05月02日 18:34
信徳さん、今晩は。
雉筵の由来が良く解りません(笑)。綺麗な丸い筵(座布団)の様に見えますが、何故雉が付くのか?今の所、雉が座ると綺麗な羽根が円形になって見えるのかな?と推測しています。
2009年05月02日 18:37
hanatetsuさん、今晩は。
えっ!ミツバツチグリに八重咲きが有るのですか!見てみたいですね。
そうですね、私もオオバキスミレは自信を持って記述できました。
2009年05月02日 18:47
杏さん、今晩は。
ミツバツチグリとキジムシロの花は良く似ています。花で名前を特定するのは難しくて(出来なくて?)葉を見るしかないと思います。キジムシロの名前の由来がよく解らないでいるのですが、「地面に広がる葉が大きく円形になっていて、本当に雉が座るような形ですね。」が名前の由来ですかね?
バイカイカリソウの真白い花もオオバキスミレ黄色い花も共に綺麗です。
2009年05月02日 18:54
chiharuさん、今晩は。
バイカイカリソウを良く見ると、梅の花に似た白い丸い部分と、その上に白い傘の様な部分があります。全体でイカリソウにも似ている様に思っています。小葉の形もイカリソウの小葉に似ていますが三枝九葉にはなっていない様です。
寅太
2009年05月02日 20:19
ミツバツチグリとキジムシロの見分け方は今でも自信がない。でもキジムシロにはどこかに画像にある小葉が見つかり、さも知ったようにキジムシロにしています。
厚木市の野草園でバイカイカリソウの説明に、花が碇の形をしていると書いてあった。碇じゃないですよね。
オオバキスミは新潟では高山ではなく、低山でもたくさん見られます。
一番たくさんあるスミレでしょう。
2009年05月03日 07:54
寅太さん、お早うございます。
ミツバツチグリとキジムシロの見分け方は小葉を見る方法が一番確実でしょう。厚木市の野草園の件ですが、現地を見ないで机の上でしか仕事をしない役人には、間違いを発見できないので有り得そうな話です。
新潟では一番多く見るスミレはオオバキスミレですか!まさに、所変われば品変わるですね。