三筋山ウォーキング(その3) (番外編 昨日の富士山)           

展望所~三筋山山頂

 展望所で休んでいる時に足元に濃い紫色のスミレを見つけた。鷲頭山で見たニオイタチツボスミレだった。
画像


【展望所 11:40発】
 展望所から先は今までの登山道とは一変して、草原の中の道で幅も広くて明るい道になった。潅木類の新芽も綺麗に出始めていたし、足元の草も薄っすらと緑色が付き始めていた。
画像

 足元の草叢に又、別のスミレが咲いていた。調べるとノジスミレ(野路菫)だった。
画像

<ノジスミレ(野路菫)>
  スミレ科、スミレ属
<特徴>
  多年草、日当たりの良い道端などに生える
  3~4月に咲く、花の大きさは12~20mm程度
  葉は垂れて横に広がり光沢は少ない
  花色は紫で少し赤みがかり縁は白ぼかし
  草丈15cm以下

 今回の山行では、エイザンスミレ、マルバスミレ、ニオイタチツボスミレ、ノジスミレ、更にタチツボスミレを入れると5種類のスミレに出会った事になる。
 三筋山手前のピークから後を振り返ると天城の山々が良く見えていた。
画像

 三筋山近くになると登山道は草山の中を進む。足元の草原を覗き込むと香貫山でも見ているフデリンドウセンボンヤリが咲いていた。
画像画像





 進行方向の三筋山を見上げると少し雲が増えてきた様だった。
画像

 登山道脇には鷲頭山で一輪しか咲いていなかったタニキキョウの花も一塊になって咲いていた。
画像

 潅木の横にはミヤマシキミの花が沢山咲いていた。昨年の秋の皮子平行きの天城山ウォーキングでは赤い綺麗な実や蕾を見ていたが、ここで初めてその花を見る事が出来た。
画像画像

 
<ミヤマシキミ(深山樒)>
  ミカン科、ミヤマシキミ属
<特徴>
  樹高1mまでの常緑低木
  4~5月に咲く、集団で樹木の下に繁殖する
  集団花は6~7cm位
  秋には赤い実をつける

 三筋山への最後の草山をジグザグに登って行くと、山頂近くの草叢の中にフデリンドウよりも更に小さなリンドウを見つけた。帰宅して調べるとコケリンドウ(苔竜胆)だった。
画像

<コケリンドウ(苔竜胆)>
  リンドウ科、リンドウ属
  名前の由来:全体が小形であるところからコケに見立てた
<特徴>
  2年草、草丈は3~5cm
  フデリンドウによく似ているが、花が小さく根元に大きな葉がある
  花時でも根生葉が残る(ハルリンドウも同じ)
  萼片の上部(先)が反り返る 
  花は5裂であるが裂片と裂片の間にある副片があるので10裂している様に見える。
  海岸から山地帯の乾いた草地に生える

【三筋山山頂 12:35着】
 スタートの八丁池口から丁度3時間で三筋山山頂に到着した。コース案内の3時間10分よりも若干早く着いた。
画像

 山頂からは南には伊豆諸島、北には伊豆の最高峰・万三郎岳から万二郎岳までを含めて360度の大パノラマが楽しめるとの事だったが、残念ながら雲が出て来てしまって眺望が得られなかった。生憎と風も強くなってきたので、笹の陰に隠れて昼食を取る事にした。

《番外編》 昨日の富士山
 一昨日は低気圧の通過に伴って風雨が強かったが、昨日の朝には天気が回復したので山中湖近くの菜畑山に行って来た。朝、富士山を見ると雲が掛かっていたが富士山以外には雲が無かったので日中には雲が無くなるとみていた。
 しかし、昨日は風が収まらず一日中雲はベターと頂上付近に張り付いていた。笠雲とは違った雲の姿を載せておく事とする。
画像
              (4月26日 15時55分 山中湖付近から撮影)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年04月27日 18:44
今晩は
紫色のスミレやフデリンドウなど花たちも次第にその数が増えてきたようですね。色々な花たちや山肌を雲が覆った富士の姿を楽しませて頂きました。有り難う御座います。
2009年04月27日 21:04
沢山の花に出会いましたね。スミレの花が可憐に咲いていますね。
センボンヤリは見たことがありません。タニキキョウも小さな花ですが綺麗ですね。
2009年04月27日 23:03
綺麗な色のフデリンドウが素晴らしいですね、コケリンドウは初めてですが、花が塊になって咲いているといい感じになるのかなと思いながら拝見しました。
hanatetsu
2009年04月28日 08:52
タニキキョウ、コケリンドウと良いものを見せて頂きました。
特にコケリンドウは、初見です。素晴らしいですね!!!
2009年04月28日 13:07
フデリンドウやコケリンドウなど珍しい草花が咲いていますね。富士山の雲の形、発生のメカニズムは富士検定の二級に有りそうです。
2009年04月28日 18:35
こんばんは。
鮮やかな色のニオイタチツボスミレ、山道で出会ったりすると綺麗な花のハッとします。とても綺麗な色で花の香りが良いそうですね。ニオイタチツボスミレの花を見ているだけで、いつも花の香りを嗅ぐのを忘れてしまいます(笑)
フデリンドウも綺麗な色で可愛い花ですね。ブルーの花に今年はまだ出会っていないです。
ミヤマシキミの白い花が咲きましたね、秋になると真っ赤な鮮やかな実を山で見かけますが山中で赤い実は目立ちます。
昨日は、風が強く富士山が綺麗に眺められましたね。頂上付近に白い雲がかかっていますが、午後の日差しを浴びた富士山が素晴らしいです。
拡大して見せていただきましたが、迫力があります♪
寅太
2009年04月28日 20:09
ニオイタチツボスミレとノジスミレは降参です。でもスミレの図鑑ではまさにこのスミレに見えます。ミヤマシキミはばっちり花に出会いましたね。
フデリンドウとコケリンドウ、いいですね。でも越年草だから来年同じように咲くかはわかりません。
タニキキョウは見て見たい。

plysima
2009年04月28日 22:43
こんばんは。スミレとかリンドウとかかわいらしい花がたくさん咲いていますね!コケリンドウがとてもかわいいです。
2009年04月29日 19:11
chiharuさん、今晩は。
山野草に出会うのも、暖かくなるにつれて段々多くなってきました。スミレもそろそろ終わって次の花達に出会うのが楽しみです。
2009年04月29日 19:15
eijiさん、今晩は。
山の日当りの良い所にはスミレが沢山咲いています。センボンヤリは小さな花で可愛かったです。タニギキョウも小さな花ですが、一塊に咲いている様は綺麗でした。
2009年04月29日 19:18
OSAMIさん、今晩は。
フデリンドウ、コケリンドウ共に小さくて可愛いです。春に咲くリンドウにはフデリンドウ、コケリンドウ、ハルリンドウが有ります。未だ見ていないのがハルリンドウです。何処かで出会うことを祈っています。
2009年04月29日 19:22
hanatetsuさん、今晩は。
タニギキョウ、コケリンドウ共に小さい花で可愛い花でした。OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、春に咲くリンドウにはフデリンドウ、コケリンドウ、ハルリンドウが有ります。未だ見ていないのがハルリンドウです。何処かで出会うことを祈っています。
2009年04月29日 19:31
信徳さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、春に咲くリンドウにはフデリンドウ、コケリンドウ、ハルリンドウが有ります。未だ見ていないのがハルリンドウです。何処かで出会うことを祈っています。富士山の雲の形や発生のメカニズムは富士検定の二級に有りそうですか。富士山検定も受検勉強しないと受からないでしょうね。今更と言う気もしますが(笑)。
2009年04月29日 19:38
杏さん、今晩は。
そうそう、ニオイタチツボスミレの匂いを嗅ぐのは良く忘れます。後で、シマッタと後悔しています(笑)。秋のリンドウに比べてフデリンドウは小さいですが可愛いですね。ミヤマシキミの赤い実を先に見ていたのですが、今回花も見て一件落着になりました。
富士山は色々の姿をしますが、どれも見飽きないです。まだまだ知らない姿もあると思います。
2009年04月29日 19:44
寅太さん、今晩は。
ニオイタチツボスミレとノジスミレは図鑑通りですか。良かったです。ミヤマシキミの花を天城山で見れて良かったです。ミヤマシキミは赤い実と白い花でした。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、春に咲くリンドウにはフデリンドウ、コケリンドウ、ハルリンドウが有ります。未だ見ていないのがハルリンドウです。何処かで出会うことを祈っています。タニギキョウは小さい花です。多分、高尾山にも有るのではないかと推定しますが。
2009年04月29日 19:49
plysimaさん、今晩は。
スミレは日当りの良い所に良く咲いています。色々の種類が有るので名前を特定するのに苦労します。リンドウは秋に咲きますが、春に咲くリンドウの仲間はフデリンドウ、コケリンドウ、ハルリンドウとあります。いづれも小さい花ですが特にコケリンドウは小さくて可愛いです。