竜ヶ岳ウォーキング(最終回)           

竜ヶ岳の山野草

 今回の山行では富士山やその他の眺望には恵まれなかったので、本シリーズの最後は途中で見た山野草と樹木の様子を綴る事とする。A沢貯水池の標高は950m、竜ヶ岳の標高は1,485mなので、ざくっと標高1,000m~1,500mの4月初旬の山野草と樹木の様子になる。
 山頂広場にはアセビの花は未だ蕾の状態であった。しかし、端足峠の辺りではアセビの白い花は見えていた。山頂は強い南風があたる為だろうか、木は北側に向かって斜めになっていた。この風の影響でも開花は遅くなると推測される。
画像画像
 
 樹木の花はアセビ以外には見なかった。
 山野草の花が見えたのは(その1)で記述したように、端足峠~端足峠分岐の雑木林と沢沿いだった。日当りが良いことと適度の水分がある為だろうか?
 枯葉の間から白っぽい色のスミレが顔を出していた。
画像

 別の場所のスミレをマクロ撮影した。スミレの名前は不明だ。
画像

 枯葉の間や沢の苔むした岩の間からコキクザキイチゲ(小菊咲一華)が咲いていた。花弁を完全に開くことなく控えめに咲いていた。
画像画像

<コキクザキイチゲ(小菊咲一華)>
  キンポウゲ科、イチリンソウ属
<特徴>
  多年草
  草丈5cm前後
  3~5月咲く
  花弁状の萼片は8~13個    
  花の色は白色から淡青紫色、淡紅紫色
  葉は3個輪生し、3出複葉
  母種のキクザキイチゲと比べて全体が小型

 花はまだ咲いていなかったが瑞々しい緑色の葉が元気良く伸びていた。次の画像はバイケイソウの新芽だろうか?
画像

 3枚の葉が輪生しているのはエンレイソウの葉だと思うが?
画像

 次の画像では既に蕾が覘いている様だった。どの様な花が咲くのだろうか?
画像

 あと1~2週間、即ち4月中旬になると、バイケイソウを除く山野草が花を咲かせてくれるのだろう。バイケイソウは初夏に咲くのでまだまだ先だ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年04月15日 21:49
コキクザキイチゲ、初見です!!
キクザキイチゲが母種らしいですが、小型で可愛らしいとか。
丹沢、箱根で見られるそうですね。
是非見たいと思っています。
2009年04月15日 22:14
コキクザキイチゲは小型の綺麗な花ですね。こんな花がある山のハイキングは足が軽く動くのでしょう。もう少しすると多くの山野草が花開くようですね。
2009年04月15日 22:49
山の中腹では植物もやっと目ざめたところのようで、スミレとかコキクサキイチゲも未だ少し頼りないところがありますかね、最後は何でしょうね、感じはユキザサみたいにもみえますが?。
2009年04月16日 15:48
こんにちは。
登山の途中でご覧になられた山野草はこれから開花したり楽しみですね。
落ち葉の間から顔を出したスミレは可愛いです。
コキクザキイチゲは初めてですが、綺麗な花を咲かせていますね。
バイケイソウも、エンレイソウも、これからが楽しみですね。
2009年04月16日 20:01
今晩は
竜ヶ岳の山野草次々と小さな可愛い芽を出して、これから楽しめそうですね。
2009年04月16日 20:50
hanatetsuさん、今晩は。
コキクザキイチゲを見た時はキクザキイチゲと思いましたが、調べて行くとコキクザキイチゲもあり悩みました。箱根湿生花園で見たキクザキイチゲに比べると小さいのコキクザキイチゲと判定しました。竜ヶ岳の近くの長者ヶ岳でも見られるようですし、丹沢、箱根で見られるそうです。是非、どこかで探して見て下さい。
丹沢、箱根で見られるそうですね。
2009年04月16日 20:55
信徳さん、今晩は。
今回の山行での最大の収穫はコキクザキイチゲでした。最初見た時はキクザキイチゲだと思いましたが、資料を調べて行くうちにコが付くコキクザキイチゲを見つけて、大きさから見てコキクザキイチゲと判定しました。可愛い花でした。これからの山行では、もっと多くの山野草に出会えると思います。
2009年04月16日 21:04
OSAMIさん、今晩は。
OSAMIさんのご指摘の通りで、山の中腹では植物もやっと目ざめたところでした。仲間も少ないし、少し頼りなさもありました。最後はユリ科の山野草で私はチゴユリかなと思いましたが、ユキザサの様にも見えますね。香貫山の様に近ければ、もう一度訪れて確認して見るのですが・・・(笑)。
2009年04月16日 21:08
杏さん、今晩は。
竜ヶ岳の山野草の花はこれからでした。もう1,2週間後ならば一回のブログでは載せ切れないほどの収穫が有ったのでは、と思いました。今回の最大の収穫はコキクザキイチゲでした。スミレの名前が解らないのが残念に思っています。
2009年04月16日 21:11
chiharuさん、今晩は。
標高1,000m以上の山では山野草はこれからですね。竜ヶ岳では、もう1,2週間後ならばもっと多くの山野草の花を見る事が出来たと思います。
寅太
2009年04月20日 10:44
おっ、恐い怖いバイケイソウです。
きのうは東京都薬用植物園で、山菜と毒草の見分け方の勉強をしてきました。
もっとも多い事故は、バイケイソウをギボウシと間違って食べることです。
デコさんは一見してバイケイソウを見破り安心しました。
スミレはいくつか候補があるますが、名前を特定するのは難しい。
コキクザキイチゲは全開しないところが可愛らしい。
エンレイソウの葉ですね。まだ咲くには数年かかるでしょうか。
最後の蕾はなんでしょうか?イワチドリでもないし。OSAMIさんのユキザサ説でいきましょうか。ユキザサならこれから茎が急に伸びることになると思います。(いまパソコンの前にユキザサをもってきて比較、でもこちらは20cmに成長)
2009年04月20日 18:28
寅太さん、こちらに戻ってコメント有難うございます。
バイケイソウは見た事が有りますが、ギボウシの若芽は知らないのでバイケイソウと特定しただけです。合っていて良かったです。スミレはまだまだ勉強する必要が有ります。エンレイソウ、ユキザサの情報を有難うございます。ユキザサの実物と見比べる事が出来るとは、寅太の山野草庭園の威力ですね。流石です。