鷲頭山ウォーキング(その4)           

多比峠~戸ヶ谷登山口

【多比峠 13:15発】
 ウバメガシ岩尾根から多比峠まで戻り、麓の戸ヶ谷登山口へと向った。暫く下ると木の幹に面白い物が付いているのを見つけた。中華料理に出て来るキクラゲ(木耳)だった。広葉樹の枯れ木に発生するキノコの1種だと言うが、枯木ではなかった様に思うが・・・?
画像

<キクラゲ(木耳)>
  キクラゲ科、キクラゲ属
<特徴>
  広葉樹の枯れ木に発生するキノコ

 急傾斜の道が終わり、少しなだらかな沢沿いの登山道に出ると、長寿の泉と記された標識が有った。水が湧き出ているが、「この水は飲めません」と書かれていた。昔は綺麗な水で飲む事が出来、美味かったので長寿の泉と呼ばれていたのだろう。
画像

 沢沿いには一輪ではあったが小さな白い花が咲いていた。帰宅して調べたらタニギキョウ(谷桔梗)だった。もう少し経過すると花がもっと沢山咲くのだろうか?
画像

<タニギキョウ(谷桔梗)>
  キキョウ科、タニギキョウ属
<特徴>
  多年草
  全体が軟弱で小さく、高さ5~15cm
  葉は互生し、卵円形
  6~8月、茎の上部の葉腋(ようえき)に細長い花柄を出す
  白色の5弁花を上向きに開く

 少し乾いた場所にはヤブレガサ(破れ傘)があった。傘を開きかけのものと、完全に開いたものがあったが、閉じたものは無かった。もう少し先に花が咲く時に訪れる事としよう。
画像

<ヤブレガサ(破傘)>
  キク科、ヤブレガサ属
  名前の由来:新芽のときは葉先が垂れ傘を閉じた形になる
<特徴>
  多年草
  6~7月咲く
  葉に特徴があり確認しやすい
  落葉樹林の下草
  葉の径30cm

 沢沿いの大きな岩の上に不動明王が鎮座していた。
画像

 沢の反対側には、馬の蹄跡と呼ばれる石があった。石の表面に馬の蹄の様な跡が見えた。
画像

 
【戸ヶ谷・登山口 13:50着】
 戸ヶ谷登山口から、車を停めてある御前帰の中将姫自然公園までは麓の田圃に沿った道を歩いた。山の麓にはお寺もあり、境内の紅葉だろうか新芽が出始めて薄っすらと赤茶色に染まって綺麗だった。
画像

 車に乗って帰る途中、田圃の真中から見返した鷲頭山と麓の集落の景色は里山の雰囲気が漂うと本シリーズ(その1)の冒頭で綴ったが、その時にズームで撮影したものを再度以下に載せる。
画像

 折からのヤマザクラが満開になって山中のアチコチに白い模様を散りばめて綺麗だった。何とも心和む風景だ。

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年04月10日 20:05
今晩は
枯れ木ではない木に生えたキクラゲ可成りの大きさですね。タニギキョウの白い花清楚な感じです。ヤブレガサの花が咲いた頃見てみたいですね。楽しませて頂き有り難う御座います。
2009年04月10日 21:03
タニギキョウは可憐な花です。群生して白い花を咲かせていたらもっと素晴らしい光景でしょうね。ヤブレガサの花は見た事がありません。是非見たいものです。
hanatetsu
2009年04月10日 21:55
タニギキョウ、初見です。
優雅で綺麗な花ですね。
一度お会いしたくなりました。
最後の鷲頭山と麓の集落の景色は、素晴らしい色の重なりで水彩画を見ているような画像です!
パチパチマークです!!
2009年04月10日 22:08
chiharuさん、今晩は。
キクラゲを見つけた木が枯れていたかどうか良く解っていません。写真の幹を見る限りでは枯れてい無そうです。
タニギキョウはもう少し後ならば、もっと花が咲いていたのではないかと推測しています。ヤブレガサの花を観察したく、その頃訪れようと思っています。
2009年04月10日 22:11
信徳さん、今晩は。
タニギキョウは可憐な花なので群生している所を見たいのですが、行く暇が有りません。ヤブレガサの花は私も見たいので花の咲く頃には再度訪れようと思っています。
2009年04月10日 22:16
hanatetsuさん、今晩は。
タニギキョウは小さいですが可愛い花でした。これだけの株ですからもっと花が出て良さそうに思いました。高尾山の沢沿いでも見られるのではないかと推測しますが?
最後の画像を誉めて頂き恐縮です。私も気に入っています。
2009年04月11日 10:33
タニギキョウは初めてです、可愛い花ですし今回は一輪のようですがこの花が群生すると素晴らしいと思います。
2009年04月11日 11:42
こんにちは。
最後の画像は、鷲頭山と麓の集落の景色、本当に雰囲気が良いです。
山々に、ほんのりピンクや白く見えるのは桜の花ですね。
ウォーキングの途中では、キクラゲを見つけられたようですが大きいですね。
白い花はタニギキョウ、可愛い花ですね。これから沢山の花が咲くのが楽しみですね。ヤブレガサが大きくなっていますね、こちらでは笠が開いていませんでした。
寅太
2009年04月11日 14:40
キクラゲにマツバラン、伝説もあってなかなか鷲頭山は面白い。
それに今度はタニギキョウですか。
鷲頭山は標高はないのですが、一気に上るのでかなり厳しい山ですね。
2009年04月11日 18:51
OSAMIさん、今晩は。
私もタニギキョウは初めてでした。一輪だけだったので残念でしたが、又の機会には群生の模様でも撮影したいです。
2009年04月11日 18:56
杏さん、今晩は。
最後の画像は私も気に入っています。沼津市街地からそんなに離れてはいないのですが、里山の感じがします。キクラゲはもっと沢山生っていれば少し取りたかったのですが、止めて置きました。(笑)タニギキョウは次回には群生している所を撮影したいです。ヤブレガサは開いていない所を撮影したかったです。自然の事はなかなか思うようにはなりませんね。
2009年04月11日 19:04
寅太さん、今晩は。
鷲頭山に中将姫の悲しい伝説が有るとは知りませんでした。植生も香貫山とは大分違って自然がより残っている様に感じました。時々訪れる積りにしています。鷲頭山の登山は標高差がほぼ400mで、しかも急傾斜ですから、結構キツイですよ。家から近いので私の山行トレーニングには良い所になりますね。