奥沼津アルプスウォーキング          

多比バス停~多比口峠~大平山~日守山

 2月22日に奥沼津アルプスに行って来た。奥沼津アルプスとは沼津アルプスの最東端の大平山から先にある山々に付けられた名前だ。沼津アルプスと同様に、決して高い山ではないが急坂のアップダウンが多く、又やせ尾根道で歩くのに苦労する。

 この記事を綴るに当って奥沼津アルプスの山容を撮影しようと、ベストポジションを探してみたら狩野川に架かる徳倉橋が一番良かった。そこから見た山の姿を最初に載せる。因みに、沼津アルプスは大平山の右側に繋がって西方向に伸びていく。
画像


 大平山までは沼津アルプスと同じコースを歩く。

【多比バス停 8:40発】
 多比バス停をスタートして急坂道を登って多比口峠に至る。多比口峠は上の画像の一番右端の鞍部で、多比バス停は山の向こう側になる。

【多比口峠 9:22着】
画像

 
 沼津アルプスを大平山から縦走するには、この多比口峠から大平山を往復する必要があるが、しない場合はここから大平山方向とは反対の鷲頭山へ向かう(道標の一番上に有る鷲頭山の文字が欠けている)。
 今回は大平山を経由して奥沼津アルプスへ行くので、大平山方向へ進む。

【大平山山頂 9:32着】
画像


 道標に色々書いて有るが、一つは大平山山頂(標高 356m)、一つは沼津アルプスの山頂、もう一つはこの先が奥沼津アルプスと説明してある。 
 更に大平山は「おおひらやま」ではなく「おおべらやま」だと仮名を付けて有る。麓にある大平と言う地区は「おおひら」と呼んでいる。この違いは何故だろうか?

 山頂で休憩したが、見晴はあまり良くない。北方向に見える筈の富士山は、これから進む道を少し下った所で見えた。
画像


 その他の見晴は樹木が邪魔になってよく見えなかったので割愛する。

 奥沼津アルプスのコースが洒落た楕円形の板に書かれていた。
画像


【大平山山頂 9:45発】
 ここからの下り道が大変だった。登山道の幅は狭く、急坂道でロープにシッカリ摑まって下りて行く。写真を撮る余裕も無い。

【見晴台 10:10着】
 ロープの道が終わって富士山が良く見える所に出た。やっと、写真を撮る余裕が持てた。
画像


【新城口分岐 10:39着】
画像

 
 大平山山頂に有った奥沼津アルプスのコース案内にはこの分岐以前に2ヶ所分岐が有ったが、気付かなかった。標識が無かった様に思うが、足元ばかり見つめていて見落としたかも知れない。
 ここの標識の右側に記されている日守山(大嵐山)方向へ進む。日守山の正式名は大嵐山で「おおぞれやま」とカナが付けられていた。
 大平山(おおべらやま)、大嵐山(おおぞれやま)、どちらも呼び名を一回では覚えられないな、と考えながら歩いて行くと日守山の頂が見えて来た。 
画像

 
 ここから日守山へは一端下って、かなり登り返す様だ。しかし、登山道は幅も広く枯葉の積った道で歩き易かった。

【日守山山頂 11:45着】
 大平山山頂から約2時間かかって日守山(標高 191m)に到着した。山頂からの富士山を早速、撮影した。一番上の画像を撮影した徳倉橋の位置を示しておく。
画像

   
 この山頂からは360度の見晴が楽しめる。

 実はこの日守山には、奇しくも3年前の同じ2月22日に登っていて、山頂からの360度の見晴を既に綴っていた。その日の方が空気が澄んでいて景色が綺麗に撮れているので、それを以下に転載しておく事とする。
画像
           日守山展望台からの狩野川と田方平野と富士山(北)

画像
               日守山展望台からの田方平野と箱根山(東)

画像
                  日守山展望台からの香貫山(西)

画像
                日守山展望台からの駿河湾と淡島(南)

 日守山の山頂で昼食を取った後、下山して狩野川堤を沼津の自宅まで歩いて帰った。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年03月03日 19:11
今晩は
思わず深呼吸をしてしまいそうな景色を見せて頂きました。ロープ道はなかなか底辺にコースのようですね。日守山から見る富士山素晴らしいです。
2009年03月03日 21:30
何処からでも富士山は見えると思っていたのですが、意外や、意外。伊豆半島は山が深いですね。それに狩野川は富士山の方から沼津に流れ出るとばかり思っていたのですが浄蓮の滝の方から流れ出ているのですね。驚きました。
2009年03月03日 23:57
日守山展望台からの眺望は気象条件による違いが良く分かります、以前のものはとてもシャープで綺麗ですが、今回は軟らかいかんじになっていますし見比べると富士山の雪は今年の方が少ないようですね。
2009年03月04日 00:11
こんばんは。
沼津アルプスは急坂のアップダウンで大変なようですね。
登るのも大変ですが、下りの方が気を付けます。
ロープの張ってある場所は緊張しますね。見晴台からの富士山の眺めは素晴らしいです。日守山山頂からは狩野川、最初の画像の徳倉橋が見えましたね。
画像の左側の日守山から狩野川や、田方平野、富士山をご覧になっているのですね。三年前の画像も綺麗に撮られていますが、今年は暖かいので春霞なのでしょうか。やはり富士山の姿を眺めると嬉しいですね。
寅太
2009年03月04日 00:16
香貫山だけでなく、大平山も大嵐山も読み方が難しい。地元の人でないと正確には読めません。
沼津は街の中の小高い山が、緑のままで残っているのは面白いと思います。まるで島のように見えます。
hanatetsu
2009年03月04日 11:12
旅で、よく「○×銀座」と名の付いた商店街に出会うことがありますが、奥沼津アルプスのように、「アルプス」と名の付いたハイキングコース?って一杯あるんでしょうか?
そそ、1月まであった「今日の歩数は何歩。今週の累計歩数何歩」は止めたのですか?
2009年03月04日 18:53
chiharuさん、今晩は。
ロープのある所は急な道で登る時よりも、降りる時の方が気を使うし、疲れます。翌日には両腕が痛かったです。日守山は標高191mと高くはないですが見晴は良い山です。
2009年03月04日 19:07
信徳さん、今晩は。
この前、河津に行かれた時にこちらの地理を勉強して頂きましたか。伊豆半島の南部からは富士山は見えないところが多いです。むしろ伊豆諸島の方が富士山は良く見えます。狩野川は沼津の南に位置する伊豆・天城山が水源地です。又、北の愛鷹山や箱根山が水源地の黄瀬川、他の川も合流します。が、本流は天城山水系ですね。
2009年03月04日 19:14
OSAMIさん、今晩は。
この日は午後3時頃から曇り始め、夜には雨になったと記憶しています。従って写真を撮った頃から霞み始めていました。その為に柔らかな感じが出ているのかも知れません。気象条件で景色は随分と変化してしまいますね。
2009年03月04日 19:21
杏さん、今晩は。
そうですね、沼津アルプスも奥沼津アルプスも共に急坂のアップダウンが多く、ロープが張ってある所が多いです。ロープの有る所は下る方が気を使いますね。日守山は191mと高くはないですが田方平野が一望でき、その先に山々が見えるので眺望は素晴らしいです。この日は午後から天気が崩れたので写真を撮影していた頃から霞始めていました。今年の温暖な気候も関係しているかも知れませんね。
2009年03月04日 19:28
寅太さん、今晩は。
そうでした、香貫山(かぬきやま)も読み方が難しかったですね。今日出てきた徳倉橋も(とくらばし)で最初は間違えますね。昔の沼津は方言がひどかったのかな?そう言えば、小さな山(丘?)は緑に覆われていますね。結構急な斜面ですから人間が入り込めない為と思います。
2009年03月04日 19:35
hanatetsuさん、今晩は。
アルプスと付くハイキングコースは沢山有るようです。鎌倉の周辺の山も鎌倉アルプスと呼んでいます。
毎日ブログの更新が難しくなる為、歩数の記述はやめています。歩くことは続けていますが。
plysima
2009年03月06日 21:48
こんばんは。奥アルプスも制覇されたんですね~。大平山から日守山へは、一度ふもとまで下るんのですか?
2009年03月07日 18:13
plysimaさん、今晩は。
大平山から日守山へは、一度も麓までは降りません。日守山の手前でかなり下ります(標高100m位?)が、そこから日守山(標高191m)まで上り返します。
日守山山頂からは更に東に行く道があり、原木駅近くの狩野川土手に出ます。奥沼津アルプスはここまで含まれると思います。今回は日守山で下山しましたので制覇にはなりません。しかし、昨年の夏に、この日守山から原木口までは歩いていますので、2回で制覇した事になると思います。