杓子山ウォーキング(その2)           

大榷首峠~杓子山山頂

【大榷首峠 9:36発】
画像画像



 道標には山頂まで30分とある。道標の中央には道標の立っている場所が書かれている。その場所名の、おおざす峠の漢字が昨日綴ったゲートの所と同じ様に間違えている。しかし、こちらの道標は誰かが手書きで修正してあった。

 数分登ったら、パッと周囲の展望が開けた。先程の大榷首峠では邪魔になっていた高座山への尾根道が、少し上に登ったお蔭で邪魔にならずに展望が開けたのだった。

 富士山方向をパノラマで撮影した。
画像


 南アルプス方向もパノラマで撮影した。
画像


 これならば、ここで休憩を取れば良かったのにと思ったが、この様子だと山頂の眺望の方が更に期待できると考え直し、再スタートした。
 ここからは急坂の登山道だった。しかも霜柱が溶けたドロドロ道で滑るので歩き難くかった。30分程歩いた所で上を見ると青空が見え始めたので山頂は間近になって来た。
画像


 後を振り返ると山中湖も見えて来た。
画像


 ロープに摑まりながら山頂を目指す。泥まみれのロープを握るので手袋は既にドロだらけ。靴底にもベットリと泥が付いて重くなっている。
 上の方で声が聞こえた。もう少しで山頂だ。
画像


 やっとの思いで杓子山山頂(標高 1,598m)に着いた。
【杓子山山頂 10:25着】
画像


 途中、大榷首峠上で写真撮影のため5分位ロスした分を差し引いても44分も掛かり、コース案内よりも14分も余計にかかった。やはり、急坂道のドロドロ道が影響した。

 早速、眺望を楽しむ。先ず、富士山方向をパノラマで撮影。先程の大榷首峠上に比べると高座山が邪魔にならないので富士山の西(向って右)側の裾も良く見えた。
画像


 山中湖も見えるので石割山や鉄砲木ノ頭を探し易い。更に、石割山の鉄塔を、鉄砲木ノ頭の茶色のカヤトを見つけて何とか特定できた。前に登った高指山のカヤトの頂は石割山に続く山々の陰で見えない。
画像


 次は、南アルプス方向をパノラマで撮影。先程の大榷首峠上に比べると高座山が邪魔にならないので富士山から繋がって見える。
画像


 南アルプスの白峰山(しらね)三山(左から農鳥岳、間ノ岳、北岳)をズームで撮影してみた。その右(北)側には鳳凰三山(左から薬師ヶ岳、観音ヶ岳、地蔵ヶ岳)が、更にその右(北)側には甲斐駒ガ岳も見えていた。
画像


 北方面には落葉樹の間から三ツ峠や八ヶ岳も見えていたが、撮影しても判別出来なかったので撮影を止めた。
 昼食は下山してから取る事にしたので、ベンチに座って今回もコーヒーとお菓子を食べた。風もなく暖かい陽の中で最高のコーヒータイムだった。
 後から登ってくる人達が次々とベンチの前で富士山や南アルプスの眺望を楽しんでいた。後からそっと失礼して、パチリ。
画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月21日 20:38
素晴らしいパノラマ画像です。天候が良かった事と腕も良いことにつきます。最近は浅間の煙は少なくなったのですが黄砂、スギ花粉で空気汚れたようで気分が良くないです。特に午後から酷くなります。
2009年03月21日 20:46
今晩は
富士山方向のパノラマも南アルプス方向のパノラマも素晴らしい眺めです。
楽しませて頂きました。有り難う御座います。
2009年03月21日 20:52
迫力満点の富士山のパノラマ画像です。
裾までも良く見え見事です。
富士山を見ながらのコーヒータイム最高でしょうね。
寅太
2009年03月21日 21:45
標識に落書きはいけません。でもこうゆうのは歓迎されるのでしょうか。
富士山も素晴らしいのですが、南アルプスは別の良さがありますね。
今年初めて「財産区」なる言葉を知りました。地方自治法により市町村が財産を共有で持つことのようで、合併が進むとよく生まれるようです。
大明見財産区になっていますが、私は先日近くで財産区を見つけました。揚水発電所の城山ダムの埋め立てに伴う土地の財産区で、梅林を管理していました。その梅林から収益を上げることが目的のようでした。神奈川県だと30箇所位はあるようです。
hanatetsu
2009年03月21日 22:38
手書きで修正は、愉快ですね!
杓子山山頂からの富士と南アルプス、雄大です。深呼吸をしたくなります。
最後の画像、富士を見ていない男女のハイカーがこれまた愉快です!!
2009年03月21日 22:50
富士山を含めて雄大な眺めが素晴しいです、街ではサクラも咲きましたけれど富士山や南アルプスの高い山々は未だ真冬の様相ですね。
2009年03月21日 23:03
信徳さん、今晩は。
この日は天気が良かったので山頂からの展望は最高でした。お蔭さまでパノラマも上手く撮れました。春になると黄砂、花粉もありますが、どうしても空気が霞んできます。そんな霞んだ富士山をどの様に撮影したら良いのか、考えている所ですが、答えは未だ有りません。ズーッとないかもしれません(笑)。
2009年03月21日 23:08
chiharuさん、今晩は。
この日は天気が良かったので山頂からの展望は最高でした。お蔭さまでパノラマも上手く撮れました。山に登った時は、何時もこの様に天気が良ければ嬉しいのですが、そう言う訳には神様がしてくれません(笑)。
2009年03月21日 23:13
eijiさん、今晩は。
この日は天気が良かったので山頂からの展望は最高でした。上下には麓の忍野村から富士山の山頂までが見渡せ、左右には南アルプスまで見渡せ、最高のパノラマ景色でした。その様な中でのコーヒータイムは最高でした。
2009年03月21日 23:23
寅太さん、今晩は。
そうですね、この標識の手書きの書き込みは落書きではなくて、訂正ですね。それにしても難しい字ですね。書けないし、読めません。南アルプスは、これだけ離れていると横一線に見えるのですね。財産区の情報有難うございました。山で時々見ていましたが、良く解りました。

2009年03月21日 23:35
hanatetsuさん、今晩は。
最近は市町村名も漢字でなく、仮名で表記する事がありますが、ここの峠の名前も仮名表記にすべきですね。漢字で書いてあっても誰も読めないし、書けません。杓子山からの展望は凄かったです。誰もが、深呼吸やら歓声やら溜息やらそれぞれの声を発しながら見ていました。
最後の画像の二人は、カメラを向ける直前まで富士山を見ていたのですが、シャッターを押した時は右(西)方向の南アルプスに目を転じてしまた後でした。仲間なら、もう一度富士山を見てくれ、と言えたでしょうが・・・。
2009年03月21日 23:40
OSAMIさん、今晩は。
天気に恵まれた事もありますが、杓子山山頂からの展望は最高でした。この様な景色は、そう何度も見られないかなと思いました。
そうですね、富士山や南アルプスの山々は、まだまだ真冬の世界ですね。
plysima
2009年03月22日 01:47
最近また、富士山が雪化粧してきれいに見えていますね。富士山の大パノラマが素晴らしいです。南アルプスもアップにするとよくわかりますね。
2009年03月22日 09:15
plysimaさん、お早うございます。
そうですね、最近の富士山には新たに雪が積って綺麗ですね。杓子山からの富士山は遮る物がなく、雄大な眺めです。パノラマ写真では圧縮されてしまうので、その雄大さが損なわれてしまって残念です。
確かに、南アルプスは遠くなので肉眼ではなかなか詳細な所が見えません。アップで撮影してみて、初めて詳細が解ります。