長者ヶ岳ウォーキング(前半)           

長者ヶ岳登山口~長者ヶ岳山頂

 積雪の富士山を西側から撮影する為に、2月15日に長者ヶ岳に行って来た。長者ヶ岳は2月19日に綴った高指山のほぼ正反対に位置している。

【田貫湖北岸 8:42発】
 登山口はダイヤモンド富士を逆さ富士で観察できる事で有名な田貫湖の北岸にある。
画像

 
 登山口に大きな看板が有り、東海自然歩道についての説明があった。説明文と地図を以下に載せるが地図は不鮮明だったので別の地図を撮影して載せた。ここも東海自然歩道の一部になっている。
画像

画像


 登山口の案内にあった様に登山口からは急勾配の階段だった。

【田貫湖キャンプ場分岐 8:55着】
 歩き始めから13分しか経っていないが、急階段だったのでここで一息入れた。
画像


 登山を再開するが、相変わらずの急階段の連続だ。登山道の左側(田貫湖側)は檜の林で右側は雑木林だ。この様相は暫く続いている。
画像

 
 暫く登った所に休憩用のベンチと椅子があり、先客が休んでいたが同席させて貰い一休みした。振り返ると富士山が見えていた。しかし逆光と霞で、高指山で見た様なクリアな富士山を見る事は出来なかった。
画像


【休暇村分岐 9:40着】
 登山口から約1時間で田貫湖畔休暇村からの分岐に到着した。
画像


 左手に田貫湖と富士山が見えていたが、ここでも富士山は逆光と霞でクリアには見えなかった。
画像

 
 実は、この日はこれ以降長者ヶ岳はガスに包まれて富士山を見る事は出来なかった。

【長者ヶ岳山頂 10:56着】
 登山口から2時間14分(=134分)で山頂(標高1336m)に着いた。登山口の説明板では150分、別の地図では120分なので、その中間の時間で歩いたことになる。
画像


 説明板には「[この山頂からは富士山、天気が良ければ駿河湾も一望でき、眼下には田貫湖がまるで箱庭のように横たわり、静寂の中に自然の美しさを満喫できます」とあったが、残念ながらガスに遮られて見る事は出来なかった。
 代わりに鮮やかな色のパラグライダーがガスの合間に見え隠れしていた。声を掛ければ届きそうな所まで近づいて来た。この辺りはパラグライダーのメッカで国道139号線を走っていると良く見かける風景だった。
画像

 
 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月26日 21:55
途中ででの富士山はいつもと違ってとても軟らかい感じがしますし、もう少しクリアだとなかなか良いなと思います、それにしても階段の登りはキツイですよね。
2009年02月26日 23:10
OSAMIさん、今晩は。
この日の富士山には雪はシッカリ積っているのですが、長者ヶ岳のガスで良く見えていません。それで柔らかく感じるのでしょうか。もう少し、ガスが晴れてくれていれば良かったと思っています。そうですね、急な階段を登るのは疲れます。
2009年02月27日 06:46
霞と逆光で幽かに浮かんで見える富士山も中々のものですよ。富士山のまわり360度、色々な角度から見られて良いですね。
寅太
2009年02月27日 14:58
小笠原諸島は有名でした。また昔の地図で、日本の諸島を探してみました。
芸予諸島、塩飽諸島、家島諸島、防予諸島などがありましたが、どれも聞いたことがありません。多分、地理は赤点だったと思います。
田貫湖、ありました。富士五湖の一番小さな精進湖が干上がったら、こちらを入れて新富士五胡にしましょう。
でも神奈川県は甲相同盟を持ち出し芦ノ湖を提案するでしょうから、こちらは甲駿同盟で一騎打ちですね。
いつも9時前には、ほとんど目的地の近くに来ています。歩き始めて13分後の休憩はちょっぴり悔しいところです。逆さダイヤモンド富士を期待したのに、よく見えずに残念でした。
2009年02月27日 18:05
信徳さん、今晩は。
今回も私の富士山百景に入れられる様な景色を狙って行ったのですが不成功となってしまいました。ご指摘の通り幽玄で良いなとも思ったのですが、もう少し富士山がハッキリしないとダメかなと、判定しました。又の機会にリベンジしたいと思います。まだまだ富士山のビューポイントの山々は有りますので気長にチャレンジして行こうと考えています。
2009年02月27日 18:27
寅太さん、今晩は。
私も、芸予諸島、塩飽諸島、家島諸島、防予諸島は知りませんでした。
田貫湖について調べると人工湖だったと解りました。「元々は狸沼と呼ばれていた小さな沼地であったが、1923年に発生した関東大震災の影響で、周辺の水の供給を賄っていた芝川の水量が減少したことから、農業用水を確保するために1935年(昭和10年)から狸沼に堤防を建設し始め、沼を人工的に拡張」と有りましたので富士五湖入りはちょっと無理かも知れませんね。
山行はなるべく朝早く登り、午後早く降りる様に考えていますので、遅くても9時頃には歩き始めています。遠地の山はそうは行きませんが、富士山の周りは比較的近いので早くから歩き始めています。逆さダイヤモンドは難しいですが、逆さ富士は狙っていました。が次回以降の宿題になってしまいました。
2009年02月27日 20:38
こんばんは。
長者ヶ岳は標高1336mのようですね。
デコウォーカさんは健脚ですね! 私など足元にも及びません・・。写真の様な階段はキツイでしょうね。
登山の途中で木々の後方に春霞の中で見える富士山も素敵です。霞と逆光のようですが田貫湖と富士山が良い感じだと思います。晴れていたら素晴らしい景色は望めたようですが、山の天気は変わりやすいでね。
2009年02月27日 23:21
杏さん、今晩は。
長者ヶ岳の標高1336mですが、スタートの登山口の標高は670mですから標高差は666mになります。これを2時間14分で歩くのは、早くはありません。この日、相前後して歩いていた人達とは山頂では会う事が無かったです。
富士山と田貫湖はもっと上の方素晴らしい景色が見れる様ですが、この日は見る事が出来ませんでした。又、いつかチャレンジする積りです。
2009年02月28日 09:04
東海自然歩道からの富士山はいつもの感じと違って見えています。パラグライダーのメッカらしくタイミング良く撮影できて見事です。
hanatetsu
2009年02月28日 15:32
風邪をひいて寝込み、コメント遅れてごめんなさい。
登山口からの急勾配の画像を見させて頂いただけで、草臥れてしまいました。
休暇村分岐から見た田貫湖と富士山、逆光と霞もなんのその幻想的で素晴らしい景観です。
上った人だけに与えられる神様の贈り物ですね!
2009年02月28日 17:04
chiharuさん、今晩は。
長者ヶ岳は富士山の西側にあるので午前中に富士山を見ると逆光になります。加えてガスが出ていたので富士山が幽玄に見えています。もう少しガスが少なければ富士山百景に入れたい所ですが、今回は見送りました。
2009年02月28日 17:10
hanatetsuさん、今晩は。
風邪をひいていたのでしたか、風邪は万病の元ですからお互いに気を付けましょう。
写真では急な階段には見えないのですが、結構急でした。休暇村分岐から見た田貫湖と富士山はお褒め戴き有難うございます。しかし、私の判定ではもう少しガスが少なければ富士山百景に入れる所ですが、今回は見送りました。


逆光と霞もなんのその幻想的で素晴らしい景観です。