玄岳ウォーキング(最終回)

氷ヶ池下~丹那断層

【氷ヶ池下 12:30発】
 昼食の後、函南方面へと下った。杉や檜の植林を一気に降りると緑の牧草が輝いていた牧場へと出た。バックには富士山も見えて、そこまでの暗い林間から抜け出たばかりの目には、冬とは思えない鮮やな景色であった。
画像
                  (緑の牧草が目に鮮やかな牧場)

 更に下って熱函道路で出た。
【熱函道路玄岳登山口 13:12着】
画像
                     (熱函道路玄岳登山口)

 そこから一般道を歩いて丹那断層を見学する事とした。
【丹那断層公園 13:34着】
画像
                       (丹那断層公園) 
 
 丹那断層公園には昭和5年(1930年)11月26日午前4時02分に発生した北伊豆地震で出来た丹那断層のずれ跡が残されている。
画像
                 (丹那断層ずれ跡の説明板)

画像(石で囲んだ円形の塵捨場)

 上の説明板の一番左部分

 赤い線を境にして上下の黄色い線の石組みが横に2.6mずれている。


画像(石積の水路)

 上の説明板の中央部分

 赤い線を境にして上下の黄色い線の石組みが横に2.6mずれている。


画像(水田との間の石垣)

 上の説明板の一番右部分

 赤い線を境にして上下の黄色い線の石組みが横に2.6mずれている。



 自然の力は凄いものだと再認識した。
 丹那断層の説明板を参考に以下に掲載しておく。尚、丹那断層は地震発生の5年後の昭和10年に国指定天然記念物に指定されている。地震の怖さを認識する為の解り易い遺跡として、保存しておく重要性がいち早く認識された様に感ずる。
画像
                       (丹那断層説明板)

 丹那断層公園を後にして酪農王国オラッチェに向かった。後を振り返ると玄岳から北に続いている尾根に沢山のパラグライダーが気持良さそうに飛んでいた。パラグライダーにとっても、この日はベストコンディションであったと思う。
画像画像
       (上空を乱舞するパラグライダー)          (着地するパラグライダー)

 酪農王国オラッチェはバター作り等の体験教室もあるが、売店で土産物を買うだけとした。
画像
                      (酪農王国オラッチェ)

 この日は日中だけでなく早朝から夕方まで良い天気で、富士山も良く見えていた。この日の朝焼けの富士山と夕焼けの富士山を最後に載せる。
画像画像
         (夕焼けの富士山)                    (朝焼けの富士山)

 今日のウォーキングは都合で中止。
 明日と明後日は都合によりブログを休みます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年01月07日 20:39
丹那断層ですが、石積の水路の画像と水田との間の石垣の画像でよく分かりました。いい画像ではないでしょうか。
北伊豆地震の物凄さが分かります。
それにひきかえ、朝焼けの富士山が何事もないように美しく毅然としています。
2009年01月07日 21:59
丹那トンネルは崩れなかったのでしょうか?今東海大地震が騒がれていますがそちらの方は防災対策が相当進んでいるのでしょう?怖いですね、地震は。
2009年01月07日 22:43
素晴らしい緑の牧草地と綺麗な富士山は本当に春の感じがします。
ここの断層は見た事が無いのですが、地表の構造物がくっきりとずれているのですね、地震の怖さを再認識しています。
2009年01月07日 23:38
誰かが作ったような珍しい断層ですね。
石を元に戻さないで保存したので、国の天然記念物になってしまいました。
貴重なものを見せていただきました。
牧場にいるのは牛でしょうが、富士山の見えるところで伸び伸びと育った牛ですから、バターの味も最高でしょう。
最後の富士山は左が朝焼けで、右の赤いのが夕焼けかと思いましたら、逆なんですね。愛鷹の最高峰が火口に食い込んでいるように見えます。
2009年01月08日 16:53
こんにちは。
牧場の緑の牧草が鮮やかで後方の富士山が綺麗ですね。
酪農王国オラッチェで作ったバターは美味しいでしょうね。
丹那断層公園、地震で出来た断層が画像で良く分かりましたが、自然の力は凄いものですね。地震の怖さを感じました。
最後の富士山の画像は、朝焼けと夕焼けを綺麗に撮られていますね。
2009年01月08日 17:46
今晩は
福島の牧場の草は余り緑がありませんが、緑の牧草が目に鮮やかな牧場の向こうに見える富士山が良いです。1930年の大地震で動いた断層の擦れがよくわかります。大きな地震だってのですね。こんなにはっきりした活断層を初めて見せて頂きました。有り難う御座います。
plysima
2009年01月09日 23:52
今年もよろしくお願いします。ごあいさつが遅くなってしまいました。丹那断層は、私も道路を走っていて看板を見かけて気になっていたんです。いつか見に行こうと思っていましたが、デコウォーカさんのブログで見させていただくことができました。朝焼けの赤富士もきれいですね。
2009年01月10日 17:45
hanatetsuさん、今晩は。
丹那断層は私も遺跡を見た時は自然の力の強さ、怖さを実感しました。この断層の上に建物が有れば、股裂きにあってしまいますね。北伊豆地震は午前4時に発生したとのことですが、その日の富士山の様子はどうだったでしょうかね?悲しんで雲の中だったかな?
2009年01月10日 18:00
信徳さん、今晩は。
北伊豆地震の時に工事中だった丹那トンネルの壁面にも、断層によってずれが発生したと上の説明文に記されています。どの程度の被害だったかまでは記されていませんが、大きな被害(再工事)が有ったでしょうね。東海地震は、何時起きてもおかしくないと言われていますが、今の所、未だです。海岸線の防潮堤は対策済みの様ですが、実際に発生した時にどうなるか?第二東名も上りか下りかは定かではありませんが、一方向はいざとなれば車が走れると聞いています。一般の建物の耐震工事はどうでしょうか?我家の対策は、一応大丈夫と聞いています。事前チェックも出来ませんので、怖いですね。
2009年01月10日 18:06
OSAMIさん、今晩は。
ここの牧場は緑が鮮やかで、もう春を向かえたかの様に見えました。ここの断層の跡を見た時は、ビックリしました。地上の構造物がスパッと2.6mもずれていました。人間の力ではとても出来ません。自然の力は物凄いですね。
2009年01月10日 18:17
寅太さん、今晩は。
地上の構造物がスパッと2.6mもずれているのを見た時はビックリしました。一目瞭然で地震の怖さを実感するには、この遺跡は貴重ですね。牧場ではあまり牛を見ませんでした。牛舎の中だったと思いますが、こんな良い所で育っている牛から取れる牛乳は美味いでしょうね。実際、ここの丹那牛乳はこちらでは有名です。私が毎日見ている富士山は北側に有りますので、太陽の光は、朝は右から、夕方は左からになります。確かに、愛鷹山の天辺が宝永火口に食い込んで見えますね。
2009年01月10日 18:26
杏さん、今晩は。
丹那盆地で生産される丹那牛乳はこちらでは有名です。バターはあまり聞かないな?そうそう、記事には書かなかったですが、ここのオラッチェで造った地ビールは美味しかったですよ。歩いて喉が渇いていた為も有るかも知れませんが。丹那断層の遺跡は地震の怖さを感じるには貴重な所でした。早朝から夕方まで富士山がくっきりと見える日は、一年を通してあまり有りません。この日は偶々、朝焼けを撮ってありましたので、夕方の富士山も綺麗だったので撮影ました。
2009年01月10日 18:30
chiharuさん、今晩は。
福島の牧場は今は雪の下で、一面真っ白なのではないでしょうか?丹那盆地では雪は積らないと思います。丹那断層の遺跡は地震の怖さを感じるには貴重な所でした。自然の力は物凄いですね。
2009年01月10日 18:35
plysimaさん、今晩は。
こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。
丹那断層は一度、見ておく価値はあると思います。私の記事では地表だけを記述しましたが、地下の断層の様子も見る事が出来ます。こちらの説明はややこしいので記述しませんでした。この日は一日中、良い天気で富士山が綺麗に見えていました。朝焼けがこれだけ綺麗なものは珍しいですね。