大平山ウォーキング(その3)

平尾山~大平山~飯盛山~山中湖

 当初の予定は大平山から山中湖に下りる予定であったが、東海自然歩道を歩く為に大平山から尾根道を更に進み、飯盛山、長池山、大出山を通ってから山中湖に下りる事とした。

【平尾山山頂 12:46着】
 昨日のブログの一番最後に載せた画像では、富士山は未だ雲に邪魔されていたが、その5分後に到着した平尾山山頂で見た富士山は山頂付近には雲が無くなって綺麗に見えていた。
画像
                    (雲の上に聳えた富士山)  

 未練がましいが、やはりこの姿を石割山の雪景色の中で見たかった・・・。

【平尾山山頂 12:55発】
 小休止後、大平山へ向かった。登山道は朝の花のトンネルから様変わりしていたし、大平山山頂を見上げた樹氷の景色も朝とは様変わりしていた。
画像画像
      (大平山山頂を見上げる 右画像は午前中の景色 12月26日より転載)

【大平山山頂 13:25着】
 大平山山頂から見た白銀の景色も朝とは様変わりしていた。
画像画像
                    (平尾山と石割山を望む)
画像
                       (山中湖を望む)

画像
(右は朝見た山中湖)
 12月27日のブログより転載   


 午後1時を過ぎて富士山は逆光の中で見難くなってきた。
画像
                   (逆光の中に入り始めた富士山)

【大平山山頂 13:43発】
【飯盛山山頂 14:03着】 
 富士山は逆光の中と雲に隠れて見えなかった。
画像
                    (又、雲の中に隠れた富士山)

【長池山山頂 14:13着】
 山頂に立っていたNTTの鉄塔の上には綺麗な青空が広がっていた。朝の曇り空から青空に変化していた。
画像
                 (上空には青空が広がってきた)

 そこから数分歩いた所に忍野八海への分岐標識が現れた。東海自然歩道はここで右に折れて忍野八海から青木ヶ原樹海へと進むのだ。
画像
                 (東海自然歩道とはここで別れる)

【山中湖畔 14:51着】
 標識には大出山を通って山中湖へ向かう様になっていたが、大出山は見つからなかった。尾根道から舗装された車道に出て、そこからは別荘が立ち並ぶ林の中を下って山中湖畔に到着した。
画像
                     (雲に隠れた富士山)

【湖畔の駐車場 15:15着】
 帰りがけに富士山を見上げると、雲もほぼ無くなり逆光の中で全体像を見せていた。この日は富士山の南稜線に太陽は沈む様だった。
画像画像
          (最後になって、逆光の中ではあるが全身を見せた富士山)

 石割山、山中湖と富士山を結ぶ線の後方に有る高尾山で、この日から5日前にダイヤモンド富士が見られたと聞いていたのでこの日はダイヤモンド富士を見れないと考え、上の画像を撮影して帰途についたのだった。しかし、山頂でなく、稜線に取り付いたダイヤモンドでも良かったので、もう少し帰宅を遅くすれば良かったと今、記事を書きながら反省している。 

 今日のウォーキングは所用で中止。    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年12月30日 20:04
数時間の差でまったく違う場所のような景色に成っているなど、いろいろと綺麗な珍しい写真を拝見しました、山頂もダイヤモンド富士も少しのところで惜しかったですね。
2008年12月30日 20:50
富士山の周りは気象の変化が激しいのですね。あと10分出発を遅らせていたら樹氷の富士山が見られましたね。またダイヤモンド富士も頂上だけではなく斜面でも素晴らしい画像が得られたでしょう。これまた30分くらいの差でしょうか?「待てば海路の日和あり」「急がばまわれ」・・・とは少し違うのかな?
hanatetsu
2008年12月31日 11:50
山中湖畔かにみた雲に隠れた富士、天使のはしご(教えてもらった)と白鳥のシルエットが見事です。
2008年もあと一日、先ほど孫が帰って行きました。
色々な場所から富士、そして素晴らしい風景とお花をご紹介頂き感謝しております。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を…!


2008年12月31日 15:10
山中湖に泳いでいるのはボートではなくて、本物の白鳥でしょうか。近年は山中湖も凍らないのでしょうね。
富士山に大きな太陽が沈む寸前ですが、惜しいことをしました。
でも沈んだあとは、すぐに暗くなりますからご用心です。
パノラマはソフトを変えたとありましたが、まったく違和感はありません。
お見事です。
今年は最後に富士山を見させていただきました。では、良いお年をお迎え下さい。
2008年12月31日 20:49
デコウォーカさん、31日の最後の記事が何時載るのかと待っていましたがまだでした。明日は日の出を画像におさめようと早く休みます。デコウォーカさんには今年大変お世話になりました。色々勉強させて頂き感謝申し上げます。来年も下手な画像ですが貼って行きますので宜しくお願い申し上げます。では良いお年をお迎え下さい。
2008年12月31日 22:16
OSAMIさん、今晩は。
本当に1時間チョッとの差で、白銀の世界が消えうせてしまいました。自然は不思議ですし、驚かさせる事が多いですね。石割山山頂からの富士山入りの白銀の世界と偽ダイヤモンド富士が撮影出来なかった事は悔やまれます。
2008年12月31日 22:22
信徳さん、今晩は。
本当に富士山の回りの天気は目まぐるしく変化します。目を離せません。冬場の山は日の暮れが早いので、早く下山したくなります。道を間違えて暗くなっては心配なので。この日は、「待てば海路の日和あり」でしたね。結果論ですが35分待てば良かったのです。残念だったです。
2008年12月31日 22:27
hanatetsuさん、今晩は。
山中湖畔の画像は、まぶしい中で撮影したのですが、意外とそれなりに写っていました。白鳥のシルエットが写っているのは確認していましたが、天使のはしごは気づきませんでした。
こちらこそ、今年はお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。
2008年12月31日 22:35
寅太さん、今晩は。
白鳥の形のボートも有りましたが、これは本物の白鳥でした。山頂のスタートを遅らせるのは難しかったですが、山中湖の帰宅時間を遅くする事は出来たのですが、残念なことをしました。パノラマの合成ソフトは良く出来ています。デジカメのステティアシストモードで撮影した物なら簡単に合成してくれます。今日これからも富士山を出します。しつこくて申し訳有りません。
こちらこそ、来年も宜しくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。
2008年12月31日 22:41
信徳さん、今晩は。
大変、申し訳有りませんでした。年末の雑用やらでブログ更新が遅れてしまいました。これから発信します。
こちらこそ、今年は色々お世話になりました。来年も宜しくお願い致します。