平尾山ウォーキング(その1)

大平山~平尾山

【大平山山頂 10:00発】
 大平山で約30分休憩した後、次の平尾山に向かった。ここからは尾根道をアップダウンしながら進む。両側の木々には雪と言うよりは氷が張り付いていて樹氷になっていた。尾根道は満開の桜の花のトンネルを歩いている様だった。
画像
                   (枯木、残らず花が咲いていた)

【平尾山山頂 10:31着】
 樹氷のトンネルを約30分歩いて平尾山山頂に着いた。振り返って見ると、足元のススキも今通ってきた尾根も白い物に覆われていた。
画像
                       (白銀の世界)

 足下の白く化粧した枯れ草を見てみると、氷が一方向に綺麗に成長していた。どの木も草も、同様に氷が一方向に成長していた。
画像
                     (白く着飾った枯れ草)
画像画像
      (白く着飾ったススキ)                    (白く着飾ったシシウド)

 前夜、雪が一方向から吹き付けた為、氷がこの様に綺麗に成長したのだろう。自然界の芸術品だ。

【平尾山山頂 10:40発】
 平尾山山頂では10分休憩して、次の石割山を目指して進んだ。尾根の樹氷のトンネルは更に白さを増してきた。
画像
                  (更に白くなった樹氷のトンネル)

 登山道脇の草や樹木は皆、白く着飾って綺麗だった。
画像画像
        (白く着飾った赤い実)                (白く着飾った松葉)
画像画像
       (白く着飾ったクマザサ)                (白く着飾ったモミノキ)

 石割山への最後の急坂に取り掛かった。高度が増したこの付近の枯れ草や潅木は更に白さを増して来た。
画像
                    (白く着飾った枯れ草や潅木)

【石割山山頂 11:25着】
 山中湖をスタートして3時間5分(185分)で到着した。予定では165分だったので20分遅かった。大平山で約30分休憩を取ったのが原因だが、写真撮影に時間を取り過ぎた為だった。 
画像
                       (石割山山頂)

 石割山山頂の白銀の世界の模様は明日、綴る。
 今日のウォーキングは都合により中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2008年12月28日 22:12
まるで花咲か爺さんが花を咲かせたように綺麗な樹氷ですね、八ヶ岳などで見たものとは少し違って軟らかい草にも付いているところが風の強さとの関係でしょうかね。
2008年12月28日 22:31
こんなに素晴らしい樹氷を見るのは初めてです。自然の芸術は凄いです。
樹氷のトンネルを歩くとは羨ましいです。夢のような白銀の世界ですね。
2008年12月29日 07:52
雪国の樹氷とは少し変わったものですね。霧氷に近いのでしょうか?とても細やかで綺麗です。この間を通ってハイキング出来たのですから寒くても気持は暖かくて良かったですね。
2008年12月29日 16:41
枯れ木に花で、花さか爺さんの世界のようです。
たっぷりと氷の芸術を見させていただきました。
2008年12月29日 16:59
こんにちは。
尾根道の両側の木々に樹氷でしょうか。
真白い木が花が咲いたようで綺麗ですね~。初めて見せて頂く光景です。
樹氷のトンネルは素敵です。枯れ草やススキ、花後のシシウドにも綺麗ですね。
白銀の世界ですね、気温は凄く低かったのでしょうね。
今年も残り少なくなりました。
デコウォーカさんには、素晴らしい富士山の画像、珍しい風景、いつも色々と教えて頂き有難うございました。来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎え下さい。
2008年12月29日 18:42
OSAMIさん、今晩は。
まさか、この様な雪景色が見れるとは思ってもいませんでした。もっと寒さの厳しい蔵王や八ヶ岳の樹氷は見た事が無いのですが、そこの樹氷とは異なっているかも知れません。風の吹いていた方向に氷が成長したと思いますが、精巧な氷細工の様で綺麗でした。
2008年12月29日 18:46
eijiさん、今晩は。
私も樹氷は初めて見ました。細かい氷細工のようで素晴らしかったです。樹氷になっていなければ味気の無い尾根道だったと思いますが、明るくて綺麗なトンネルはとても楽しく歩けました。
2008年12月29日 18:54
信徳さん、今晩は。
私は、樹氷で有名な蔵王等の本場の樹氷を見ていないので何とも言えませんが、見事な細かい氷細工の様でとても綺麗でした。そうですね、この時期の尾根道は味気の無い道ですが、今回は白銀の世界でもあり、桜が咲いたトンネルの様でもありとても楽しく歩くことが出来ました。
2008年12月29日 19:03
寅太さん、今晩は。
そうですね、枯れ木に花で、花さか爺さんの世界でした。最近は人工スキー場でも雪を積らせますが、この様に一面に雪を積らせられませんし、細かい氷細工の様には出来ません。自然の力は凄いですね。
2008年12月29日 19:16
杏さん、今晩は。
私は樹氷を間近で見た事が無かったので、樹氷のトンネルや花が咲いた様な景色に出会えて嬉しかったです。寒さも何のそのでした。
拙いブログですが、何時もコメントを戴き感謝しています。ウォーキング中に見聞きした事を綴っていますが、今までは見落としていた事ばかりだな、と感じています。来年も宜しくお願い致します。
hanatetsu
2008年12月31日 11:38
氷で白く着飾った枯草、ススキ、シシウドそして赤い実、素晴らしいですね。
当方の来年初のブログに使いたいくらいです。
特に、松とクマザサと赤い実は3点セットで新春のご挨拶用として最高です。
2008年12月31日 22:01
hanatetsuさん、今晩は。
なるほど、松とクマザサと赤い実は3点セットで新春の挨拶用に使えますね。PCの上で合成したらどんな物になりますかね?多分、ダメで3枚の画像を並べるしかないですね。(笑)