パノラマ台ウォーキング(その2)

烏帽子岳~パノラマ台

【烏帽子岳山頂 9:33発】
 烏帽子岳山頂からは暫くの間は平坦な明るい雑木林の中を歩いた。裸の樹木の間からこれから向かうパノラマ台のピークが見えていた。
画像
                (樹間に見える左のピークがパノラマ台)

 暫く歩くと下りになり、それを下りきった所で左手の本栖湖に加えて右手に精進湖も見えて来た。
画像画像
             (左に本栖湖、右に精進湖が樹間に見えた) 

 初冬の山歩は汗もかかず、木の葉が落ちて明るい見通しの良い中を歩くので爽快な気分になれる。もう少し経つと厄介な雪が積もってくるな、と考えていたらクマザサの間に白い物が残っていた。
画像
                  (笹と落葉の上に残っていた雪)  

【パノラマ台 9:56到着】
 
画像
               (パノラマ台山頂 標高1,325m)
 手元の地図では標高1,328mとあるがどちらを信ずべきか?ここでは現場の方を信ずる事としよう。本栖湖の湖面が標高902mと山頂の別の標識に有るので、標高差423mを83分で登った。スタート時に見た道程図では100分、手元の地図では80分とあったが、どうやら地図に近い時間で歩けたことになる。

 パノラマ台から見た富士山は手前に大室山を抱き込むように見えるので、別名・子抱き富士とも呼ばれる。早速、子抱き富士を撮影した。右手前に黒く見える山は先程通過してきた烏帽子岳で、山頂に細く鉄塔が見える。その左奥に薄っすらと見えるのが大室山。
画像
              (パノラマ台から見た子抱き富士  10時46分)

 昨日、烏帽子岳山頂から見た富士山を掲載したが、この日は本栖登山口からパノラマ台を往復したので下山途中にも烏帽子岳を通過した。その時の子抱き富士と昨日の子抱き富士を合わせて以下に載せる。
画像画像
                (烏帽子岳から見た子抱き富士  11時30分)                 
画像画像
      (烏帽子岳から見た子抱き富士  9時27分 昨日のブログより転載)
 時間を追うに従って逆光の程度は減ってきて富士山の積雪もはっきりと見えて来たが、大室山を覆っていた靄は晴れなかった。
 パノラマ台からのその他の展望は明日、綴る。

 今日のウォーキングは都合により中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年12月22日 20:41
今晩は
パノラマ台山頂からの富士山素晴らしいです。
途中の雑木林から見える山並みも良いです。
素晴らしい風景綿のしませて頂きました。
有り難う御座います。
2008年12月22日 20:43
昨日の一枚目の地図、色々考えて見たのですが位置関係が分からず苦労しました。今日の富士山の雪の写真を見て右側が雪が少なく、左が多いので昨日の一枚目の地図は下が北、上が南と判断し理解しました。今時上が南ってあるのですね。
2008年12月22日 20:54
子抱き富士は初めてです、名前も面白いですが時間経過で富士山の表情が変わり、キリット締まった綺麗な富士山で素晴らしいですね。
2008年12月22日 22:20
パノラマ台から見た子抱き富士が美しいです。 
烏帽子岳から見た子抱き富士も枯れススキが良い前景をしています。
富士山はやはり癒されます。
2008年12月22日 22:41
chiharuさん、今晩は。
パノラマ台からの富士山は子抱き富士とも呼ばれていて、他の角度から見る富士山とは違う美しさがあります。冬は葉が落ちて樹間から見る景色も楽しみです。
2008年12月22日 22:50
信徳さん、今晩は。
ご指摘の通りで、上が南です。全体の地図を省略してしまったので解り難かったですね。全体の地図では富士山が一番上の真中にあり、その下に山梨県側の名所を記載してあります。本栖湖から見ると富士山は南に有りますので上が南です。
2008年12月22日 22:54
OSAMIさん、今晩は。
私もパノラマ台から見る富士山が子抱き富士とは今回初めて知りました。なかなか良い名前ですよね。この日は、午後にこの子抱き富士を見れば一番良かったと推測しています。それは、午後には靄も消え、青空の中に素晴らしい姿をしていたのではないかと思いました。
2008年12月22日 23:00
eijiさん、今晩は。
パノラマ台からの富士山は子抱き富士とも呼ばれていて、他の角度から見る富士山とは違う美しさがありますね。この子供に見える大室山は、後で述べる千円札富士では別の形で登場してきます。そして、富士山が良い姿に変身しています。
plysima
2008年12月23日 01:09
子抱き富士ですか。うまい名前をつけたものですね! 私は山梨県側から見る富士山に馴染みがないのですが、こちら方向は逆光になるんですよね。当たり前のことがけっこう意外でした。
2008年12月23日 18:44
クマザサが縁(隈)が白くて綺麗です。
パノラマ台からの富士山は、子抱き富士というのは初めて知りました。
めでたい名前です。頂上には石碑ではなく、子が授かる神か安産の神様に縁がある神社を置きたいと思います。
有名になればもっとパノラマ台に登る若者や新婚さんが増えます。
2008年12月23日 20:07
plysimaさん、今晩は。
子抱き富士は良い名前ですよね。富士山を山梨県側から見る時は、ほぼ逆光になります。山中湖近くでは、朝方は順光になりますね。又、本栖湖側では午後には順行になります。富士山の写真を撮るには場所と時刻を意識しないと失敗します。私は時々、失敗をしています(笑)。
2008年12月23日 20:18
寅太さん、今晩は。
クマザサは熊笹でなく、隈笹なのですね。寅太さんのコメントが「クマザサが縁(隈)が白くて綺麗です。」と隈の字を入れて有ったので確認してみました。又、一つ勉強になりました。
子抱き富士は良い名前ですよね。私も感心しました。大室山に安産の神様を安置するアイデアは面白いですね。山梨県に売り込んだらどうでしょうか?
hanatetsu
2008年12月23日 21:07
子抱き富士、初めて知りました。
それにしても、素晴らしい画像ですね。そのまま年賀状に使えますね。
11時30分の左側の画像、大室山を抱えて手前に芒と凄いです。
やはり歩かないといい画像は撮れませんね!
2008年12月23日 21:59
こんばんは。
雑木林を歩いて行くと木々の間から本栖湖と精進湖の青い湖が覧になれましたね。登山の途中にクマザサの所に雪が残っていますね。
パノラマ台から富士山の手前に大室山を抱き込むようにしている姿を「子抱き富士」と言うのですね、素敵な名前です。
時間によって富士山の眺めが違い、朝は逆光でしたが11時過ぎの素晴らしい眺めの富士山ですね。
2008年12月23日 22:09
hanatetsuさん、今晩は。
子抱き富士の画像、気に入って戴き恐縮です。子抱きの子供(大室山)がもう少しハッキリしていたら良かったと思っています。少し待ったのですが、先が有りましたので諦めました。そうですね、歩くと何かが得られます。デコも歩けば棒にあたる、ですね(笑)。
2008年12月23日 22:15
杏さん、今晩は。
冬の山行では葉が落ちた木の間から回りの景色が見えるので夏とは違った楽しみがあります。その代わりに草花は楽しめませんが。子抱き富士の名前は、良い名前ですよね、私も気に入りました。富士山は見る所によって最適な時間帯が有るのですね。ここは早過ぎると逆光で見難くなりますが、かえってそれが幻想的で良かったりもしますが・・・。