箱根ウォーキング(最終回) 明神ヶ岳(後半)

明神ヶ岳山頂~宮城野バス停

 明神ヶ岳山頂にある標識と富士山を写した。説明文を拡大して右に載せる。説明文にある南足柄から明神ヶ岳を越えて宮城野の碓氷峠に下る道は、別の資料を見ると箱根越えの最も古い道だと記されていた。
画像画像
                    (明神ヶ岳山頂 標高1,169m)

 山頂で昼食を取りながら撮影した景色を以下に載せる。
 最初は山頂から西方向をパノラマ画像で撮影した。
画像
                      (西方向のパノラマ画像)

 上の画像中の大涌谷と仙石原のススキ野原を拡大して撮影した。
画像
                    (噴煙を上げている大涌谷)

画像
                   (茶色になった仙石原ススキ野原)

 富士山の手前に見えるこんもりした山が金時山だ。山頂で食事をしたり休憩している人達の多くは、この方向を向いて座っている。
画像
画像
画像
                   (金時山と富士山を眺める人々)

 山頂から東方向を見ると、少し霞んでいたが相模湾が見えた。
画像
                    (東側に見える相模湾)

画像
                   (明神ヶ岳・下山コース案内図)

【明神ヶ岳山頂 12:22発】
 山頂から宮城野分岐までは同じ道を戻り、宮城野分岐から宮城野バス停に向かって下山した。途中にある明神平別荘地までは結構急な道で、岩がゴロゴロしている道で写真撮影する余裕が無かった。

【宮城野バス停 14:05着】
 宮城野バス停に着き後を振り返ると明神ヶ岳が見えていた。
画像
                         (明神ヶ岳)

 その右には明星ヶ岳も見えていた。ここからは大文字が良く見えていた。
画像
                       (明星ヶ岳の大文字)

 下山には103分掛かったが、コース案内では80分とある。23分も遅かった。しかし、別の手持ちの地図では100分とある。どちらを信ずべきか?

 今日は富士5湖の本栖湖と精進湖の間に有るパノラマ台に行って来た。歩数は15,724歩、今週の累計歩数は48,988歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年12月20日 21:00
大涌谷の噴煙が雪のように見えます。ススキヶ原も綺麗ですね。金時山って金太郎が活躍した足柄山と関係があるのでしょうか?
2008年12月20日 21:05
金時山に登った時に傾斜のきつい山だと思っていましたが、明神ヶ岳からの画像でナルホドという感じです、富士山と金時山が素晴らしい景色だと思います。
hanatetsu
2008年12月20日 21:48
大涌谷がこんな高い場所とは知りませんでした。
パノラマ画像、右の富士と金時山の部分だけでも素晴らしいです。
山頂でクツを脱いで、クツろぐハイカー、みんな満足そうですね。
2008年12月20日 22:19
信徳さん、今晩は。
そうですね、大涌谷の噴煙は静止画では雪の様に見えますね。動画にしなければいけませんね(笑)。金時山と金太郎との関係を調べました。「山名の由来は、かつてこの山は、山の形から猪鼻嶽(いのはなだけ)と呼ばれていたが、坂田公時(金太郎)がこの山で山姥に育てられたという伝説から、江戸時代の後期に金時山と呼ばれるようになった。」とWikipediaに有りました。

「」
2008年12月20日 22:23
OSAMIさん、今晩は。
金時山はどちらから登っても急坂ですが、一番急なのは明神ヶ岳方向からですね。富士山と金時山がもう少しずれているのかと思いましたが、直線に並んでいますね。
2008年12月20日 22:32
hanatetsuさん、今晩は。
箱根の周りの山々に登ると、大涌谷の湯煙は良く見えますので直ぐに箱根・神山の判別が出来ます。箱根山ののろし役を担っているかのようです。パノラマを何処で区切るか悩みましたが、この幅になってしまいました。昼食時に登山靴を脱ぐ人は多いですよ。デカ靴ですから天気が良いと脱ぎたくなりますね。
2008年12月21日 01:05
富士山を背に食事をしていたら、この人は変わり者に見えるでしょうね。
ところで大文字ですが、想像したのとはかなり違いました。
まず、字の巾は全て7.2mでした。篠竹の径は30cmで長さは3mの説が多いようです。文字の中央で篠竹を燃やすのではなく、字の輪郭で燃やし、中空の文字をつくるようです。
上にでてくる地名の宮城野の青年団が、燃え盛る篠竹を、タイマツのように手で支えるなんて恐いことを書いている人もいます。
宮城野の青年団には、大事な年間行事のようです。
2008年12月21日 01:41
こんばんは。
明神ヶ岳山頂から眺めたパノラマ画像は素晴らしいですね。
大涌谷の白い噴煙と仙石原のススキ野原も茶色くなって良く撮られていますね。
金時山の向こうに真白い富士山がフワッと浮かんでいるようで綺麗ですね。素晴らしい景色を眺めながらの昼食は最高でしたでしょうね
下山してから宮城野バス停から眺めた明星ヶ岳の大文字が大きく見えます。
デコウォーカさんが、あの「大」の字の中を歩かれたのですね。
2008年12月21日 20:12
寅太さん、今晩は。
大文字焼のシノダケの置き方、燃やし方等の情報を調べて頂き有難うございました。宮城野青年団は想像外に危険な作業をしていたのですね。ビックリでした。シノダケの束作り、それを並べて、当日は体を張って点火する一連の作業は最大の年間行事でしょうね。
2008年12月21日 20:21
杏さん、今晩は。
明神ヶ岳の山頂から見る景色は、見応えが有りました。この様を少しでも近づける為にパノラマ画像を載せました。大涌谷の湯煙も、仙石原のススキ草原もどちらも今年訪れた所なので山頂から見えた時は懐かしく、そこでの光景を思い出しました。山頂での昼食は天気も良く、景色も良いので美味しかったです。大文字はほんの一部しか歩いていませんが麓から見た時、あそこを歩いたと思うと少し感激しましたよ(笑)。