愛鷹連峰ウォーキング(その2) 越前岳

黒岳~越前岳

画像
               (愛鷹登山道案内 黒岳~越前岳)

【黒岳 9:55発】
 黒岳山頂で約45分間、写真撮影と休憩した後、登って来た道を越前岳を目指して戻った。スタート直後は雑木林の明るい道を進む。
画像
                  (明るい雑木林の中を進む)

 愛鷹山神社からの合流地点の富士見峠を過ぎると登山道は抉られた道が多くなり、路面と左右の土壁が硬く霜柱で凍っていた。
画像
                  (霜柱で凍てついた登山道)

【鋸岳展望地 10:35着】
 黒岳をスタートして約40分で鋸岳を展望出来るポイントに着いた。
画像画像
                   (鋸岳展望地から見る鋸岳)

 鋸岳は愛鷹連峰の中で一番急峻な地形をした山で、名前の通りノコギリの歯の様な岩山で、登山者を寄せ付けない様相を呈している。
【鋸岳展望地 10:40発】

【富士見台 11:20着】
 鋸岳展望地から尾根道を更に20分、登って行くと絶景の富士山眺望ポイントに着いた。
画像
                       (富士見台)

 狭い場所だが先客の2組が休憩しながら写真撮影をしていた。撮影ポイントが空くのを待って撮影した。
画像画像
                   (富士見台から見た富士山)

 この富士見台は、私の自宅付近と富士山を結ぶ線上に位置するので、宝永山の見える位置がどちらも富士山の真中よりも少し右側(東側)に寄っている。参考に自宅付近から見た富士山と、昨日綴った黒岳から見た富士山(宝永山がほぼ中央に見える)を以下に載せる。
画像画像
   (自宅付近から見た富士山)     (黒岳山頂から見た富士山 昨日のブログより転載)

 富士見台から見た富士山の画像で、山頂と宝永火口を結ぶ線上に白い横線が見えるが、これは人工スキー場のイエティだ。
【富士見台 11:30発】

【越前岳山頂 11:50着】
 黒岳をスタートして休憩時間を含めて約2時間で越前岳山頂に到着した。愛鷹登山道案内板に記されている参考タイムにほぼ合っていた。
画像
                   (越前岳山頂 標高1,507m)

 山頂からの眺望は西側の南アルプスと南側の駿河湾が良く見通せた。それぞれをパノラマ画像で以下に載せる。
画像
                  (西側の展望 富士山と南アルプス)
画像
                    (上画像の南アルプスを拡大)

画像
                     (南側の展望 駿河湾)

 今日のウォーキングは都合により中止。今週の累計歩数は39,843歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年12月14日 19:49
今晩は!まだまだ尾根伝いに富士山は見えるようですね。今日はデコウォーカさんの三つ峠からの富士山、台湾向けのクリスマスカード、賀状の見本をブログに添付しました。ありがとうございます。
hanatetsu
2008年12月14日 20:56
しかし、デコウォーカさんの健脚ぶりには感心します。
鋸岳の画像は、千葉の鋸山しか知らない私にとって驚愕の画像です。
しかし、毎回見せて頂いています富士ですが、今回の富士見台から見た画像で、裾野に広がる市松模様が気になりました。
狭いニッポン、止むを得ないのでしょうね。
2008年12月14日 23:20
鋸岳は鋭く尖ったノコギリのようで、上越の妙義山を連想させますね、富士見台の富士山も黒岳よりもほんの少し角度が変わって素晴らしい景色です、左下の四角い中はゴルフ場ですよね。
2008年12月15日 18:35
信徳さん、今晩は。
黒岳から越前岳までは右手に富士山が有りますので尾根に出れば樹間からも富士山は見えていました。昨晩、信徳さんのブログで台湾向けのクリスマスカード兼年賀状を見せて貰いました。有効活用して頂き嬉しいです。台湾の皆様が喜んでくれれば、2回も三ツ峠に行って来た甲斐があります。
2008年12月15日 18:48
hanatetsuさん、今晩は。
この日の山行は休憩時間を入れて8時間、2万2千歩で、流石に疲れました。私が知っている鋸状の山は、千葉の鋸山と信徳さんの地元の妙義山とここの鋸岳です。多分、日本にはこれ以外にも有ると思います。麓に見える市松模様は、地図で調べたらゴルフ場ですね。ゴルフをやる人間としては、何もコメント出来ません(笑)。しかし、ここではプレイした事はありません。が、この西側に有るゴルフ場ではプレイしていますのでプレイした仲間に入りますね(笑)。
2008年12月15日 18:58
OSAMIさん、今晩は。
ここから見た鋸岳は東側から見ていますが、西側から(富士市側)見た鋸岳はもっと、凄い様相をしています。妙義山や千葉の鋸山も登ったこともありませんので比較できませんが、愛鷹山塊の鋸岳には多分、私はこの先でも登らないと思います。hanatetsuさんへのコメントにも書きましたが、四角い中はゴルフ場です。山から見る眺望の観点からは、良くないですね。しかし、ゴルフプレイの観点からは良いゴルフ場でしょうね(笑)。
2008年12月15日 22:05
難しい言葉ですが市松模様はやはり気になります。
「富士見台から見た富士山」の左の画像では、この模様の手前に十里木CCが見えますが、右の画像ではほとんど見えません。
十里木CCは日吉久美子の所属するゴルフ場(キャデーからプロになった?)として有名ですが、最近は彼女の活躍が、ほとんど聞かれなくなりました。
市松模様は林と伐採した跡が交互に見えるように感じます。アスカの地上絵のように空からでないと見分けが付きません。
越前岳からのパノラマ画像は素晴らしい。
2008年12月15日 22:40
寅太さん、今晩は。
市松模様はゴルフ場では無いですね。その手前に十里木CCが見えますね。Googleの航空写真を見ましたが良く解りません。寅太さんの仰る様に、市松模様は林と伐採した跡が交互に見えるようですね。右画像で市松模様が見えないのはズームアップで撮影しているので十里木CCは見えていません。
2008年12月15日 22:44
hanatetsuさん、追伸です。
ゴメンナサイ、↑のコメントに間違いが有りました。寅太さんからのご指摘で、市松模様はゴルフ場ではありませんでした。ゴルフ場はその手前に見えていました。しかし、市松模様が何かは、はっきり解っていません。
2008年12月15日 22:45
OSAMIさん、追伸です。
ゴメンナサイ、↑のコメントに間違いが有りました。寅太さんからのご指摘で、市松模様はゴルフ場ではありませんでした。ゴルフ場はその手前に見えていました。しかし、市松模様が何かは、はっきり解っていません。
2008年12月15日 23:56
こんばんは。
霜柱の沢山できた凄い登山道を登られていますね。
本当に健脚に驚きです。
青空に富士山の姿が綺麗です。素晴らしい写真を撮られましたね。
富士山麓の模様が私も気になりました。
静岡県裾野市須山の浅木塚国有林の檜の伐採跡のようです。
2008年12月16日 15:14
富士見台の富士山青空が広がり最高に素晴らしい景色です。
どこからも富士山が見え羨ましいです。
パノラマ画像も見ているだけで癒されます。
2008年12月16日 17:05
杏さん、今晩は。
日陰の登山道には霜柱が硬く凍っていました。滑らないように注意しながらなので意外に疲れます。雪を戴いた富士山には青空がお似合いです。
富士山麓の市松模様の情報有難うございました。浅木塚国有林の檜の伐採跡が何故、市松模様になっているのか、もう少し調べてみたいですね。
2008年12月16日 17:15
eijiさん、今晩は。
雪を戴いた富士山には、やはり青空が良く似合いますよね。私の好きな景色です。富士山の近くに住んでいて有り難いと思っています。まだ、まだ富士山の色々の姿を撮影したいと思っています。パノラマ画像を楽しんで戴き嬉しいです。