私の富士山百景 37番 黒岳

宝永山と富士山

 昨日綴った様に、黒岳からの富士山には真正面に宝永火口と宝永山が見える。他のポイントでは見れない宝永火口と宝永山のど迫力の姿をズームで撮影した。
画像
                (宝永火口と宝永山を抱いた富士山)

画像 上の画像は右画像の宝永山を中心にズーム拡大で撮影した。
 右の画像は黒岳山頂から見た富士山(昨日のブログより転載)

 宝永火口や宝永山の雪景色と同時に、富士山の山頂や雪に埋もれた登山道を見て下さい。(2回クリックで拡大出来ます。)



 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月13日 19:43
富士山は休火山ですよね。宝永山の噴火では溶岩、火山灰などが富士市、沼津市の方にも来たのでしょうね。いずれ噴火があると思うと恐ろしいですね。現在浅間山が活動していますが小規模の噴火でも前橋まで火山灰が飛んできます。25年住んで二回ほど有りました。
hanatetsu
2008年12月13日 21:52
昨日の画像で宝永火口と宝永山の弩迫力にびっくりしましたが、弩アップにするとまたまた凄いです。
2008年12月13日 22:23
ズームアップの画像は迫力満点ですね、ところで勉強不足なのですが、宝永山の山頂から左の斜面に茶色く見えるのは何でしょう?。
2008年12月14日 10:18
後ろに富士山がなければ宝永山も裾野が緩やかな立派な山ですね。
この火口は迫力があります。巨大な蟻地獄のように見えます。
富士山では蟻はここに落ちてしまいそうなので、きのうの植物はアリドオシではなくトリドオシが正解のようです。
どこかに登山者がいないかと、くまなく探しましたが、どこにも見当たりません。この季節は入山は禁止なんでしょうか。
2008年12月14日 18:46
信徳さん、今晩は。
そうですね、富士山は休火山ですから噴火の可能性はあります。沼津も宝永山の噴火では影響があったと思います。こちらでは東海地震は何時来てもおかしく無いと言われていますので、富士山の噴火よりも差し当たりは怖いですね。
2008年12月14日 18:51
hanatetsuさん、今晩は。
私の富士山百系には綺麗な姿だけでなく、ド迫力の有る、怖い富士山の一面も有って良いと思い採用しました。
2008年12月14日 18:54
OSAMIさん、今晩は。
少し、ズームアップし過ぎたかなとも思っています。宝永山の山頂の茶色に見えるのは、雪が飛んでなくなった跡で、地面が露出しているのではないかと思います。が、正確な所は解っていません。
2008年12月14日 19:36
寅太さん、今晩は。
そうですね、宝永山は2,693m有りますので、日本の中では一級の山ですね。なるほど、富士山には蟻は宝永火口の蟻地獄でみな捕まってしまって木には登ってきませんか。それで、昨日のメギの木の棘は鳥を捕まえる為だけなので、トリドオシになる訳ですね???
冬の富士山には車は入れなくなりますが、雪山登山を目指す人は入山すると思いますが・・・。
2008年12月14日 20:54
今晩は
この角度からの富士山は余り見たことが有りませんでした。
宝永火口と宝永山を抱いた富士山素晴らしいですね。
見せて頂き有り難う御座います。
2008年12月14日 22:31
chiharuさん、今晩は。
この方角から見る富士山は愛鷹山に隠れてあまり見る事がないかも知れません。ひとたび自然が怒れば怖いですが、平時の姿は厳しい顔をしていますが素晴らしかったです。
2008年12月15日 00:54
こんばんは。
富士山の大画像は凄い迫力です。
真白い雪の中の宝永火口と宝永山がズームで見せていただくのは初めてです。手前の宝永山、後方の宝永火口もこれほどはっきり撮られている画像は珍しいですね。富士山の山頂に向かってジグザグの登山道もはっきり見えています。この画像は本当に迫力がありますね。
2008年12月15日 18:28
杏さん、今晩は。
宝永火口と宝永山は少し拡大しすぎでしたかね。遠くから見た富士山は優しく見えますので、たまには険しい荒々しい姿を載せる事も必要かなと思い、載せました。そうですね、拡大する前はジグザグした登山道は解らなかったですが、拡大してみたらジグザグが見えていました。