愛鷹連峰ウォーキング(その1) 黒岳

愛鷹山神社~黒岳

 先日、愛鷹山連峰の黒岳~越前岳~呼子岳を縦走して来た。今日は愛鷹山神社から黒岳までを綴る。
画像
                  (愛鷹登山道案内 山神社~黒岳)

【愛鷹山神社 8:00発】
 スタート地点は愛鷹登山口バス停から1km程、山に入った所に有る愛鷹山神社だ。
画像
              (林道から右に曲がり愛鷹山神社の鳥居をくぐる)

【愛鷹山荘 8:30着】
 かなり急勾配の杉林を約30分進んだ所で、愛鷹山荘に着いた。無人の山荘だが中を覗くと綺麗に整理整頓されていた。事前に連絡しておくと宿泊も出来る様だった。
画像
                       (愛鷹山荘)

【愛鷹山荘 8:40発】
 小休止後、更に急な道を登る。

【富士見峠 8:45着】
 約5分登ると尾根に出た。標識に富士見峠と有ったが富士山を見るポイントは見つからなかった。
画像
                       (富士見峠)

 左に進むと越前岳だが、先ずは右に曲がって黒岳までを往復して、その後に越前岳に向かう予定だ。尾根道を登って行くと葉を落とした落葉樹林の間から白い大きな塊が見えて来た。
画像
            (樹間の向うに見えるのは真っ白の雪を戴いた富士山)

 早まる気持を抑えて黒岳山頂を目指す。途中に富士山の眺望ポイントが有り写真撮影したが、この後の黒岳山頂と同じ景色なので割愛する。

【黒岳山頂 9:10着】
 スタートの愛鷹山神社から1時間10分で黒岳山頂に到着した。愛鷹登山道案内板にある参考タイムより5分位遅かった。
 山頂は意外に広く、北側と東側の眺望が得られた。 
画像
              (黒岳山頂 標高1,086m バックは丹沢山塊)

 北側には大きな富士山が待っていた。ここから見る富士山は宝永火口が真中に、その右手前に宝永山(2,693m)見える。
画像画像
                   (黒岳山頂から見る富士山)

 山頂の東方向には箱根の山々が、また南東方向には相模湾も見えていた。
画像画像
          (箱根連山)                   (光って見えるのは相模湾)

 山頂広場には裸になった潅木に綺麗な赤い実が生っていた。メギの木だった。
画像画像
                  (メギの赤い実と富士山)

 近くにはミツマタの木も有り、暖かそうな毛の服に包まれた蕾が明るい日を受けて、今にも開花するかの様に見えた。
画像画像
                   (ミツマタの蕾と富士山)  

 今日は箱根外輪山の明星ヶ岳~明神ヶ岳に行って来た。歩数は24,131歩で今週の累計歩数は39,843歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月12日 20:19
今晩は。愛鷹山の北側であれば富士山が見えて気持ちの良い登山が出来ますね。この時期の植物は極限られたものしかないのでしょうが富士山が見えれば何も言う事無しですね。
hanatetsu
2008年12月12日 22:35
黒岳山頂から見る富士山、宝永火口を真正面から見ると凄いですね。
こんな沢山生ったメギの赤い実、見たことがありません。一粒だけ見つけて撮った記憶があります。素晴らしいです。
さりげなくミツマタの入った最後の画像が嬉しいです。
2008年12月13日 00:00
直ぐ近くで写された富士山の雄大な姿が素晴らしいですね、距離は15キロ位のようですし眼で見ている感じは更に素晴らしいだろうと想像します。
2008年12月13日 17:41
2万4千歩でグログも完璧に仕上げる。たいしたものです。
富士見峠で富士山が見えないのはご愛嬌ですね。
メギは鋭い刺ですね。ナンテンもメギ科だと思うのですが、このメギはアリドオシと名前を変えても良いと思う位に立派な刺です。これでは蟻だけでなく、実を食べに来る鳥も串刺しです。
は鋭い
2008年12月13日 19:00
信徳さん、今晩は。
黒岳は愛鷹山連峰の中でも富士山に一番近いですし、間には遮る物が有りません。三つ峠山よりも更に近くから見えます。樹間から垣間見る富士山もなかなか乙です。流石にこの時期は写真に撮る植物は限られています。仰る通り、富士山が有れば十分ですね。
2008年12月13日 19:01
今晩は
黒岳山頂から見る富士山は空気が澄んでいて見事です。
箱根連山はパノラマ写真を見ている感じ素晴らしいです。
ミツマタの蕾がこんなに大きくなって間もなく開花の感じですね。
素晴らしい風景を楽しませて頂き有りがどう御座います。
2008年12月13日 19:07
hanatetsuさん、今晩は。
黒岳から見る宝永火口と宝永山はなかなか迫力が有ります。10月末頃に天城山でもメギの赤い実は見ましたが、こちらの黒岳の方が赤い実が沢山付いていました。ミツマタの蕾を入れて富士山を撮るのには苦労しました。花が咲いていればまだ良かったのですが。
2008年12月13日 19:12
OSAMIさん、今晩は。
今、地図で距離を測ったら、仰る通り15kmですね。兎に角近いです。間には遮る物は何も有りませんから迫力が有りますが、画像では上手く表現できませんね。
2008年12月13日 19:21
寅太さん、今晩は。
昨日は遅くなるのが解っていましたから、ブログは事前に作製してあり、微修正で更新しました。でないと、疲れた後ですから間に合いません(笑)。富士見峠と富士山の間に樹木が増えて眺望が取れなくなったと推測しています。メギノキの棘は痛いですよ。別名はトリドオシかヤキトリかクシサシですね(笑)。
2008年12月13日 19:27
chiharuさん、今晩は。
黒岳からの富士山も天気に恵まれて素晴らしい姿を見る事が出来ました。ミツマタの蕾は今にも咲き始めるような感じでした。箱根から丹沢にかけてパノラマ撮影した積りでしたが画像が残っていませんでした。撮り忘れでしょうね(笑)。