箱根湿生花園の花(その15)  

サクラタデ、ミズカンナ、ミズアオイ

 今日は箱根湿生花園の水辺に咲いていた花を綴る。

《サクラタデ》
 湿生林区の木道脇に綺麗な淡いピンク色の小さな花が群生していた。香貫山の植物として綴ったシロバナサクラタデの名前の基になっているタデ科のサクラタデ(桜蓼)だ。
画像
               (タデ科の花とは思えなく綺麗なサクラタデの花)

 蓼とは思えない程の大きな花をつけ、タデ科の中では一番美しい。
 サクラタデは雌雄異株で、雄花では雄しべが雌しべより長く、雌花では雌しべが雄しべより長いと言う。下左の画像が雄花で下右の画像が雌花の様に見えるが、少し自信が無い。
画像画像
       (サクラタデの雄花?)                 (サクラタデの雌花?)

 湿生林区の木道の横に広く群生していた。
画像画像
                      (サクラタデの群生)

<サクラタデ(桜蓼)>
  タデ科、タデ属
<特徴>
  高さ50~100cm多年草、水辺に生える
  花期は9~10月、5弁の淡紅色の花を付ける
  雌雄異株
  雄花では雄しべが雌しべより長く
  雌花では雌しべがより長い
  葉は互生し、披針形

《ミズカンナ》
 池の中に大きなカンナの様な植物が生え、紫色の花を咲かせていた。クズウコン科のミズカンナ(水カンナ)だ。
画像画像>
                     (ミズカンナ)

 北アメリカ南部が原産で、わが国へは昭和時代の初めに渡来した、と言う。

<ミズカンナ(水カンナ)>
  クズウコン科、タリア属
  名前の由来:水中に生え、葉がカンナに似ている
  別名:ウォーターカンナ
<特徴>
  常緑多年草、水中に生える
  花は7月~9月に咲く、紫色の花
  草丈は1~3m

《ミズアオイ》
 木道から10m位離れた池の中にホテイアオイに似た青紫色の花が咲いていた。ミズアオイ科のミズアオイだった。近くには無かったのでズームで撮影した。
画像画像



                       (ミズアオイ)

 環境庁の植物版レッドデータブック(2000年)で絶滅危惧Ⅱ類に位置づけられている。ミズアオイは水稲と一緒に日本に帰化したようだ。残念ながら河川や水田の整備により自然が破壊され、「危急種」となってしまった。生物との共存を真剣に考えなければならない、と資料に有る。

<ミズアオイ(水葵)>
  ミズアオイ科、ミズアオイ属
  名前の由来:水辺に生え、葉の形がカンアオイの仲間に似ている
<特徴>
  水田や沼地に生える1年草
  9~10月に咲く
  花は青紫色で花径2.5~3cmで一日花
  花被片は6枚で、雄しべは6本、雌しべは1本
  草丈は20~50cm
  葉の形は心形でつやがある

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2008年10月04日 23:44
サクラタデは梅とサクラの花の中間のような綺麗な花ですね。驚きました。
2008年10月05日 00:00
こんばんは。
サクラタデの花、綺麗ですね~
香貫山ではシロバナサクラタデをご覧になりましたし、両方の花をご覧になられましたねサクラタデの群生も見事です。
綺麗なピンクのサクラタデの花は素敵ですね。
鮮やかな紫色したミズカンナの花は咲いている時期も長いですし、池の中に咲いているミズアオイの花も綺麗な花ですね。
箱根湿生花園には色々な種類の花が沢山咲いていますね。
寅太
2008年10月05日 11:02
タデ食う虫もなんとやら。サクラタデを見るといっぺんにタデが好きになります。
地下茎で次々に殖えるので、わが家の庭は群生地になってしまいました。
花をじっくり見たことはないので、ブログを見て庭におりました。
ルーペで雄花雌花の区別はないかと見ましたが、いまいちよく判りません。
時間をかけて調べたいと思います。
ミズカンナ、ミズアオイは初めてです。
水稲と一緒に日本とは、弥生時代ですね。
2008年10月05日 18:46
信徳さん、今晩は。
サクラタデはタデ科の花にしてはピンクで花を大きく開くので桜の名前を貰いました。なかなか綺麗な花です。
2008年10月05日 18:52
杏さん、今晩は。
サクラタデもシロバナサクラタデも花がパッチリと開いてなかなか綺麗です。サクラタデは更にピンク色なので更に桜に似て綺麗です。ミズアオイは絶滅危惧種だそうで心配です。稲作が渡来して以来咲き続けているので、何とか生存できるようにしたいですね。湿生花園はジックリ見て回ればもっと初めて見る花が有ると思います。
2008年10月05日 19:05
寅太さん、今晩は。
そうですね、あのアカマンマも可愛いですが、こちらは可愛いと言うよりも美しいですね。もうこのタデを食ってしまって、庭で量産中でしたか。虜になったようですね(笑)。この雄花、雌花は区別が難しいようです。雄雌関係なく見て楽しみましょう。ミズカンナは最近ですが、ミズアオイは水稲と一緒に日本に来たようです。弥生時代から日本に住んでいたわけですね。現在の稲作の環境変化を嘆いているでしょうね。