天城山ウォーキング(その1)

八丁池口~八丁池~戸塚峠

 天城山へは一昨年の5月に天城山縦走ウォーキングをしている。その時のコースは「天城水生地下~八丁池~万三郎岳~万二郎岳~天城高原ゴルフ場」であった。
 今回は、スタート地点が八丁池口なので八丁池までは異なるが八丁池からは同じ道を歩き、万三郎岳の手前の戸塚峠で北側に下って皮子平(かわこだいら)までを往復するコースだった。
 今日は皮子平手前の戸塚峠までを綴る。スタート地点の八丁池口までは路線バスで行った。
画像
                     (八丁池口バス停)

 路線バスは下田街道の天城トンネルを抜けると寒天林道に入る。寒天林道には、一般車は八丁池口には入れず路線バスのみが入れる。一般車は寒天橋駐車場までで、そこから歩く必要がある。この区間の距離は結構あるのでバスでここまで入れるのは有り難い。小型バスであったが、休日だった為ほぼ満席の状態であった。
 ここから八丁池までは幾つかの登山コースが有るが、今回はコルリ歩道~オオルリ歩道~青スズ台~見晴台~八丁池を選んだ。
画像
                      (八丁池までのルート)

 登山スタート時点は上の画像でも解る様に明るい日差しが射していた。登山道脇に赤い実を付けた木が迎えてくれた。メギ(目木)の赤い実であった。
画像画像
                       (メギの赤い実)

<メギ(目木)>
  メギ科、メギ属
  名前の由来:枝葉を煎じて洗眼薬とした
<特徴>
  樹高2mの落葉小低木
  4月に開花、花弁は5個
  葉脇より薄黄色の花を数個ぶら下げる
  日当たりの良い山地や原野に生える
  葉は楕円で縁は円く、葉はかたまって付く
  葉脇や枝から鋭いトゲがでる、枝には縦のみぞがある
  秋には赤い長い楕円形の実をつける

 林の木々の間隔が広く又、下枝も払われている為だろうか登山道は広くて明るい。ハイキングコースとして良く整備されている。
画像画像
               (登山道の標識も良く整備されている)

 青スズ台への上り口で別の赤い実を見つけた。先日の金冠山で見つけたツルシキミに似ていたが、幹が地を這っていなかったのでミヤマシキミと思われる。赤い実が生っている株と来年の春開花する蕾を付けた株とがあった。
画像画像
                    (ミヤマシキミの赤い実と蕾)

 青スズ台山頂近くになると、真っ赤な実を付けたガマズミと、ピンク色の実を付けたマユミが待ち構えていた。
画像画像
                (ガマズミの赤い実とマユミのピンクの実)

 ガマズミの木を過ぎると青スズ台に到着した。登山道を歩いている時は気付かなかったが、山頂に立つと強い風が吹き抜けていたし、雲も多くなっていた。
画像
                    (青スズ台山頂 1、236m)

 伊豆東海岸が見える様だが、空が曇っていて海が白く見えるので海岸線が見えているのかどうか定かでない。
画像
                     (伊豆東海岸?方面)

 休憩も早々にして、青スズ台を下り見晴台に向かった。尾根を歩いて行くと容赦なく風が吹きつけて帽子が飛ばされそうになったのでリュックの中に入れた。
 見晴台に登って周りを見渡そうとしたが、風が強くて遠くをゆっくりと見ていられない。八丁池だけを撮影して直ぐに降りた。
画像画像
              (左:見晴台    右:見晴台から見た八丁池)

 見晴台から300mほど行くと八丁池に着いた。予定の1時間に対して約15分遅れていた。
 
画像
                        (八丁池)

 八丁池は標高1,150mの旧火口跡に神秘的な水をたたえている。池の周囲が八丁(5600m)あるので八丁池。また、この辺一帯にスズが群生しているので別名「アオスズの池」とも呼ばれる。天然記念物のモリアオガエルの生息地として知られているが、フナが増えたためか、今はあまり見ることができない。見晴台からは八丁池とその向うに富士山の頂も見えると、資料にある。やはり、先程の見晴台からは天気が良ければ富士山が見えたのだ・・・。
 前回は霧の中で八丁池全体を見渡す事が出来なかったのでユックリしたかったが遅れを取り戻す為に直ぐに戸塚峠に向かった。八丁池から戸塚峠までは緩やかなアップ、ダウンを繰り返しながら1時間強歩いた。
画像
                        (戸塚峠)

 戸塚峠に着いた時刻は予定より約20分遅れで、遅れを取り戻すどころか更に遅れてしまった。
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,921歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2008年10月27日 20:11
今晩は!最近山では赤い実が多くて鳥たちは嬉しいのでしょうね。それにしてもデコウォーカさんは健脚ですね。健康、健脚、驚きです!
2008年10月27日 20:32
赤くて可愛い綺麗な実がこちらのメギは沢山付いていて良いですね、最近私が見たものはチラホラとしか実が付いていませんでしたし、ミヤマシキミも色が鮮やかです、八丁池はのんびりしたい場所ですね。
hanatetsu
2008年10月27日 21:06
約9千歩のウォーキング、健脚ですね。
当方、楽なところ楽なところと歩いているのと全く違います。
メギ、昨年12月にたった1粒だけの画像を撮りました。
こんなに沢山なっているなんて信じられません。
そして、今年4月に花を撮りました。こちらはいっぱい咲いていました。
ミヤマシキミの果実、高尾山で昨年撮りましたが今年は全く見当たりません。何より花を撮りたくで頑張ったのですが…。来年に持ち越しです。
ガマズミ、大木に感激です。
2008年10月27日 22:20
こんばんは。
天城山ウォーキング、お天気が良く登山道も広く整備されていて歩きやすそうですね。重そうなほどに付いたガマズミの赤い実が青空に映えて綺麗です。マユミの実もピンクに色づいて、秋が深まると実が割れて真っ赤な種が顔を出しますね。
ミヤマシキミも太陽の光を浴びて真っ赤に光っています。先日、高尾山で見ましたが赤い実を付けた木と、蕾の様なものが付いている木がありましたが、来年の春に開花の蕾を付けた木なのですね。不思議に思っていました・・。山中で出会う赤い実はハッとするほど鮮やかで綺麗です。メギの赤い実は初めてでが、真っ赤な実を沢山付けて可愛いです。
2008年10月27日 23:28
こんばんは。
メギの赤い実が沢山付いていますね。
初めて見ました。
ガマズミの赤い実も紅葉と間違えるぐらい真っ赤で沢山の実が
付いていますね。我が家にも小さな木があるのですが今年は
殆ど実が生りませんでした。
マユミの実もピンクに色づいて、その後実が割れて赤色が見えると
また違った景色になりますね。
2008年10月28日 17:54
信徳さん、今晩は。
そうですね、この時期になると木々の赤い実が鈴なりになって鳥さん達の嬉しい季節になりますね。健やかに余生を送れるように始めたウォーキングですが、歩き過ぎも良くないと誰かさんには言われています(笑)。
2008年10月28日 18:00
OSAMIさん、今晩は。
私はメギの実は初めて見ました。花もまだ見た事が有りません。特徴のある長い棘が有りました。沢山付いていた赤い実は、とても鮮やかで綺麗でした。ミヤマシキミも鮮やかな赤い実でした。八丁池は天城山ハイキングの中心で良い所の様です。まだゆっくりと休んだ事が無いのです。
2008年10月28日 18:08
hanatetsuさん、今晩は。
ウォーキングは余生を健やかに送る為に初めていますので日課としています。(実は、ブログネタ探しでも有りますが・・・。)メギの赤い実は初めて見たのですが、この様に沢山付いていた木に出会えたのはラッキーだったようですね。メギとミヤマシキミは私も来年には花を撮りたいと思っています。
2008年10月28日 18:17
杏さん、今晩は。
ここのガマズミは大木ですね。山頂にあるので強い風に当っていると思いますが、良くぞこれだけの実を付けたかと、感心しました。マユミはもう少し日にちが経つと赤い種が見えて綺麗になりますね。私はミヤマシキミは実は初めてでしたし花はまだ見た事も有りません。来年には花も見たいと思っています。この季節から蕾を持っている植物にはこの他に、アセビがあります。植物の世界にはせっかちな者もいるのですね(笑)。メギの赤い実は初めて見たのですが、この様に沢山付いていた木に出会えたのはラッキーだったようです。
2008年10月28日 18:21
eijiさん、今晩は。
私はメギの赤い実は初めて見ましたが、皆様の仰るにはこの様に沢山付いていた木に出会えたのはラッキーだったようです。ガマズミもこの様に大きな木はなかなか有りません。どちらも見れて良かったと思っています。そうですね、マユミが綺麗になるのは、これからですね。
2008年10月28日 18:47
こんばんは
メギの赤い実やミヤマシキミの赤い実綺麗に熟したようですね。八丁池口~八丁池~戸塚峠の素晴らしい景色を見せて頂き有り難う御座います。
2008年10月28日 20:08
メギは目木なんですね。鋭い刺のようで、目を洗うには刺に要注意です。
空の紅葉が綺麗なメグスリノキは、刺もなくカエデ科でした。
私は草の根を分けて歩いていましたが、ことらはよく整備されています。
ミヤマシキミは赤い実と蕾が一緒ですが、咲くまではもちそうですね。
2008年10月29日 06:35
chiharuさん、お早うございます。
私はメギの実もミヤマシキミの実も初めて見ました。赤い実は綺麗でした。この日の平地は天気が良かったのですが、天城山の上の方は雲が掛かってしまって遠くを見渡せなかったのが残念でした。雲さえ掛からなければ富士山や相模湾が見えて、もっと素晴らしい景色を載せる事が出来たのですが、残念です。
2008年10月29日 06:47
寅太さん、お早うございます。
私はメギの木は初めて見ました。綺麗な赤い実でしたが、それを撮影する時は棘に注意しながらでした。こんな長い棘が目に刺さったら大変です。目の薬を作る為に、枝葉を取ろうとして目を怪我したら、何んにもなりませんね(笑)。天城山のハイキングルートは何処も良く整備されているようです、寅太さんはどこの草漕ぎをしていたのかな?ミヤマシキミの花を来年は撮影したいと思っています。そのときに赤い実も残っていると良いですね。