金冠山ウォーキング(その1)  

沼津市市民の森(400m)~(沢道コース)~金冠山山頂(816m)

 金冠山は沼津市の市街地から見ると駿河湾越しに見える山で、沼津市と旧戸田村との境界にある山だ。現在、戸田村は沼津市に合併したので金冠山は沼津市の山になる。
 スタート地点は沼津市市民の森。
画像
                     (沼津市市民の森入口)

 沼津市市民の森は金冠山の北側斜面にあるキャンプ、バーベキュー等が出来る野外施設のある広場だ。
 登り道は沢沿いの道を歩く。
画像
                    (沢に沿った薄暗い中を歩く)

 市民の森から登山道入口で見たトリカブト以外には、目新しい山野草にはなかなか出会わなかった。暫くするとコウヤボウキに似た花を付けた草が枯れ枝の中にポツンと一株立っていた。
画像
                       (テンショウソウ)

 暗くて、花がピンボケになってしまった。名前は帰宅してからキク科・モミジハグマの仲間のテンショウソウと判明したのだが、資料を見ると綺麗な花だったので6日後に再度訪れて撮影して来た。後日、綴る事とする。
 更に進むと、初めて見る植物を見つけたので撮影しておいた。これも帰宅して調べたらカンアオイの仲間のオトメアオイだった。このオトメアオイの花も再訪問時に撮影出来たので後日、綴る事とする。
画像
                     (蕾を付けたオトメアオイ)

 急な階段を登り切ると、明るい林道に出た。
画像画像
           (急階段)                    (林道)

 林道で小休止。暗い林の中とは異なって、明るい林道沿いには秋の野菊が咲き乱れていた。
画像画像
           (ノコンギク)                    (シロヨメナ)

 再び林の中の道を登る。今までの登山道よりも少し明るく、登山道脇には笹も生えてきた。
画像
                 (少し明るくなり、笹が生えた登山道)

 登山道脇で珍しい植物を見つけた。花の先から赤い実を出しているのはツルリンドウだ。葉の間に蕾を沢山付けた植物は幹が匍匐しているのでツルシキミだろうか?資料を見るとツルシキミの花は4月に咲くとあるので、随分早い時期に蕾が出て来る。
画像画像




        (ツルリンドウの赤い実)             (早くも蕾を付けたツルシキミ?)

 林が終わると両側を人の背丈ほどもある笹に囲まれた道を進む。山頂は近い。道の両側にはノハラアザミやリンドウが咲いていた。
画像画像
           (ノハラアザミ)                    (リンドウ)

 予定の1時間30分弱で、金冠山の山頂に出た。金冠山からは駿河湾越しに富士山が美しく見えるのだが、この日は富士山は雲の中に隠れていた。
画像
                    (金冠山山頂 標高816m) 

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hanatetsu
2008年10月22日 21:57
テンショウソウ、オトメアオイ初見です。
高尾山薬王院傍で撮ったカンアオイ属の葉によく似ていますが、当方のそれは何が何やらわからず、待機ファイルに入ったままです。
ツルリンドウ、今年の高尾山ではよく見られ結構画像に収めることができました。
シキミも同様に見られますが、ツルシキミがあるとは…。
高尾山では、もうすぐセンプリが見ごろになります。

2008年10月23日 00:09
こんばんは。
テンショウソウとオトメアオイは初めて見せていただきます。テンショウソウはハグマの種類に似ていつ花を咲かせていますね。
真白い可愛い花を咲かせていたツルリンドウに真っ赤な可愛い実が付いていますね。まだ赤い実になったツルリンドウを見た事がありません。見てみたいと思っていますが・・。
ノハラアザミもリンドウも綺麗な色の花を咲かせていますね。
2008年10月23日 00:23
昔、昔の大昔~38年前、戸田(ヘタと読む)に魚を食べに行った事があります。戸田は山からいきなり海に落ちているような地形だったように覚えています。従って山から眺める海は最後の画像にあるように素晴らしいのでしょうね。富士山があったら、もう・・・・
2008年10月23日 06:40
ツルリンドウもツルシクミも初めての花です、ツルリンドウの実の出来方が何とも面白いですね、ハイキングなどの時に出会ってみたいものです。
2008年10月23日 15:37
今回は盛りだくさんです。
まず簡単なほうからですが、シロヨメナの群生地は素晴らしい。時々群生地に出会うことがありますが、これはではありません。
ツルシキミと高尾山などにあるミヤマシキミの区別は難しい。
テンショウソウは聞いたことも見たこともありません。デコさんはこの名前に行き着くのですから素晴らしい。
葉に特徴がありそうですね。
そして、オトメアオイです。オトメに会いたい(これは冗談)
高尾の近辺にあるのは、カントウカンアオイ、ランヨウアオイそしてタマノカンアオイです。
我が越後にあるのは花が大きいコシノカンアオイです。
カントウカンアオイはいま花が咲いていますが、コシノカンアオイなどは春、タマノカンアオイもその頃だったでしょうか。
蟻が種を運び1キロ移動に1万年位かかります。
それで固有種が多いのです。でも今は蟻に代わり車が運んでしまいます。
中越地震の日で、会員用からです。
2008年10月23日 18:51
hanatetsuさん、今晩は。
テンショウソウもオトメアオイも明日以降に改めて綴る予定です。カンアオイは色々の種類が有るようです。私の見たカンアオイはオトメアオイと同定しましたが、間違っていたらご指摘下さい。今回見たシキミはミヤマシキミかツルシキミかどちらかと思いましたが、幹が寝ているのでツルシキミとしました。これも間違いが有ればご指摘下さい。
2008年10月23日 18:58
杏さん、今晩は。
テンショウソウもオトメアオイも明日以降に改めて綴る予定です。
ツルリンドウの赤い実は綺麗ですが花の先に出て来るとは面白いと思います。是非、探して見て下さい。ノハラアザミもリンドウも頑張って綺麗な色の花を咲かせていました。
2008年10月23日 19:03
信徳さん、今晩は。
戸田に行かれた事が有ったんですね。戸田はご指摘の通り、ヘタと発音します。今日これから、金冠山山頂から見た戸田を載せます。山から海に転がり落ちそうな景色です。残念ながら、この日は富士山は見えずじまいでした。
2008年10月23日 19:06
ツルリンドウの実の付き方は面白いです。花が残っているのに赤い実が出来ているのですね。実がスカートをはいたように見えます。今回見たシキミはミヤマシキミかツルシキミかどちらかと思いましたが、幹が寝ているのでツルシキミとしました。
2008年10月23日 19:14
寅太さん、今晩は。
シロヨメナは道端から林の中程まで群生していました。今回見たシキミはミヤマシキミかツルシキミかどちらかと思いましたが、幹が寝ているのでツルシキミとしました。間違いあらばご指摘下さい。テンショウソウもオトメアオイも明日以降、綴ります。間違いあらばご指摘下さい。どちらも似たような品種が多い様です。ご指摘いただいた品種も調べてみたいと思います。
2008年10月23日 19:57
寅太さん、追伸です。
今日のコメントは、寅太さんのBiglobeブログ(中越地震復興「蒼柴の杜」)からだったのですね。今頃になって気付きました。中越地震復興にご尽力されたことに対し、ご苦労様でしたと改めて申し上げます。