箱根湿生花園の花(その13)  

テンニンソウ、ヒキオコシ、カメバヒキオコシ

 今日は箱根湿生花園に咲いていたシソ科の花を綴る。

《テンニンソウ》
 この草は、落葉広葉樹林区の縁だったと思うが一塊になって生えていた。茎の上にブラシの様な花を咲かせていた。シソ科のテンニンソウ(天人草)だった。
画像画像
   (ブラシの様なテンニンソウの花)             (茎の先に直立した花穂を出す)

 背は高いが淡黄色の穂状の花はあまり目立たなかった。花はシソ科特有の唇形花で、4 本の雄しべと 1 本の雌しべが花の外に突き出していてブラシの様だ。

<テンニンソウ(天人草)>
  シソ科、テンニンソウ属
<特徴>
  多年草
  9~10月に薄い黄色の穂状の花を咲かせる
  花穂の長さは10cm程度
  樹下や道沿いの半日陰地に生える
  葉は対生し長楕円形で先尖りになり鋸歯がある
  草丈は1m以下
  箱根にも多い

《ヒキオコシ》
 ススキ草原区に背の高い草が風に揺れていた。小さな唇形の白い花は撮影するのに苦労した。シソ科のヒキオコシ(引起)だった。 
画像
                   (背の高い草に小さな白い花)

 花は上唇が垂直に立ち下唇が舟の様に突き出して、さながら帆掛け舟の様だ。
画像画像
                 (帆掛け舟の様なヒキオコシの花)

 ヒキオコシの名前の由来は、弘法大師が腹痛の人にこの草を飲ませたらすぐ直った(引き起こした)からだと言う。又、葉を噛むとひどく苦いという。一度確かめてみよう。

<ヒキオコシ(引起)>
  シソ科、ヤマハッカ属  
<特徴>
  多年草
  8~10月に開花
  山道や丘陵のやや乾いた場所に生える
  枝先や葉わきに5~6mmの小さい花をまばらにつける
  葉を噛むとひどく苦く、健胃材
  草丈1m以下
  箱根にも有る

《カメバヒキオコシ》
 低層湿原区に一塊になって生えている背の高い草があった。茎の先に紫色の唇形の花を穂状に付けている。シソ科のカメバヒキオコシ(亀葉引起)だった。
画像画像



                     (カメバヒキオコシ)

 この草の葉は、葉の先が3裂し中央が尾状に細長く伸びた特徴ある形をしている。これが亀のシッポに似ているのでカメバヒキオコシの名前の由来となっている。
画像
                 (亀のシッポに似たカメバヒキオコシの葉)

<カメバヒキオコシ(亀葉引起)>
  シソ科、ヤマハッカ属
  名前の由来:葉の形が亀のシッポに似ている
<特徴>
  多年草
  葉は対生、長さ5~10㎝、幅4~9㎝の卵円形
  葉の先が3裂し中央が尾状に細長く伸びた特徴ある形
  枝先に花穂を出し、唇形花を多数付ける
  花期は9~10月
  草丈は60~90cm
  箱根にも有る

《番外編》 富士山の初「雪化粧」
 今年も、富士山の雪化粧が始まった。今日から数日間は秋晴れに恵まれるとの天気予報なので、この雪は直ぐに消えてしまうだろうが、いよいよ夏の富士山から美しい冬の富士山へと変わって行く。
画像
               (富士山の初「雪化粧」 10月2日 AM6時31分)

 今年の初冠雪は8月9日に観測されたと報じられたが私は見損なってしまった。昨日の早朝、雪化粧した富士山を見たが、もう少し雲が減ってから撮影しようとしたら、その後逆に雲が増えて富士山は全て雲に隠れてしまった。
 幸いにも、今朝も雪を頂いた富士山が現れて上の写真を撮影出来た。やはり、雪の量は昨日よりも少なくなっていた。

 今日のウォーキングは香貫山から沼津御用邸へと行って来た。香貫山から御用邸までは自転車だったので歩数は14,416歩。今週の累計歩数は24,128歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月02日 20:11
テンニンソウ。ヒキオコシ・・・この類の草花になると名前も画像も初めてになってしまいます。群馬にも有るのでしょうが何しろ注意不足で見た事がありません。いよいよ待望の雪を被った富士が登場してきますね。富士山と言うと8合位まで雪が無いと富士山らしくないです。そのような画像をズット見続けてきている所為でしょう。
2008年10月02日 21:52
こんばんは。
テンニンソウは初めてですが、長いシベがブラシのようですね。
ヒキオコシは小さな白い花の薄紫の模様が可愛いです。大きな茎に小さな花で風が吹いたりすると揺れて撮影するのも大変です。
急に寒くなりましたが、富士山に初冠雪だったのですね。薄化粧した富士山を綺麗に撮られていますね。富士山が素晴らしいですね。
2008年10月02日 22:07
信徳さん、今晩は。
今日のシソ科の花はいずれも地味ですね。昔は薬として日常生活には不可欠の植物も観賞価値が無いと現代では生き残れませんね。
やはり、富士山は雪を頂いた姿ですね。雪が積もってくると空気が澄んできますので、更に富士山は綺麗に見えます。その点、夏の富士山は空気が澄んでいないので損をします。
2008年10月02日 22:11
杏さん、今晩は。
テンニンソウもヒキオコシも地味な花でした。ヒキオコシの葉は苦いそうなので一度確かめてみたいと思っています。これから富士山が登場する機会が増えると思います。宜しくお付き合い下さい。
plysima
2008年10月02日 23:11
こんばんは。箱根湿生花園の植物がぞくぞくと紹介されていますね。私も、冬の閉館の前に一度行っておこうと思っています。今日の富士山は久し振りに雲から顔を出した感じでしたよね。私もちらっと見ましたが、朝はもうろうとしていて撮影できませんでした(苦笑)。
寅太
2008年10月02日 23:46
テンニンソウは下から咲いていきますが、2~3個咲いた時が一番綺麗です。上のほうはまだ蕾がでてないので、この部分が顔がいっぱい重なったように見えます。
カメバヒキオコシの葉に似たのはアカソでもありましたね。
2日の頂上にもかすかに雪がありますが、きのうは惜しいことをしました。いつでも消せるのでじゃんじゃん撮ることですね。
OSAMI
2008年10月03日 06:49
花穂の感じが少しツルボに似ているテンニンソウですがシベが特に長く見えます、ヒキオコシとカメバヒキオコシは小さいようですが可愛い花ですね。
2008年10月03日 16:37
plysimaさん、今日は。
箱根湿生花園は11月30日から3月20日までは休園になってしまいますね。是非、訪問して下さい。昨日も富士山が顔を見せていたのは、朝の内だけでした。今朝も同じでした。寝ぼけ眼でもシャッターを押さないと富士山の姿を撮れませんね(笑)。
2008年10月03日 16:59
寅太さん、今日は。
この花は天人が付いていますが、少し名前負しているように感じます。寅太さんのアカソの記事を見直したら、アカソもこのカメバヒキオコシの葉とソックリでした。そうですね、デジカメは何時でも簡単にタダで消去できますから、気付いたらシャッターをドンドン押すべきですね。
2008年10月03日 17:05
OSAMIさん、今日は。
テンニンソウもツルボの様に綺麗な色が欲しかったですね。長いシベが色付きならばもっと人気が出るのではないかと思います。今日、これからミカエリソウをアップしますが、こちらはシベがピンクでなかなか綺麗です。ヒキオコシとカメバヒキオコシの花は小さいですが可愛いです。しかし、写真を撮るのには苦労しました。