箱根湿生花園の花(その17)  

仙石原ススキ草原、キセルアザミ、ヤマラッキョウ、リンドウ

 2週間前にも箱根湿生花園の植生復元区から仙石原ススキ草原を見ていた。その時と見比べる為にススキ草原で昼食を取った後、湿生花園を訪れる事とした。
画像画像
     (湿生花園から見た仙石原のススキ)           (左画像の2週間前)

 湿生花園から見ても逆光下のススキが光り輝いて見えた。素晴らしい景色だった。
 ススキ見学を終え、前回以降の湿生花園の花を観察する事とした。植生復元区の植物は大分、枯葉が目立ち始めていた。その中に紅紫色の花が2種類元気に咲いていた。

《キセルアザミ》 
 最初はキセルの形をしたキセルアザミ(煙管薊)。
画像画像
                      (キセルアザミ)

 近くにはノハラアザミも咲いていたが、ノハラアザミよりも花が大きく、また花が下を向いて咲いているので区別できる。

<キセルアザミ(煙管薊)>
  キク科、アザミ属
<特徴>
  8~10月に咲く  花径3cm以下
  渓流沿い、沼地や湿気の多い湿原などに生える
  ロゼット状に葉が多数あり、花茎を伸び出して下向きに花を咲かせる
  草丈1m位

《ヤマラッキョウ》
 ヤマラッキョウ(山辣韮)は香貫山でも見ているが、株数も多く色の鮮やかさも違って見えた。
画像画像
                      (ヤマラッキョウ)

《リンドウ》
 リンドウ( 竜胆 )も明るい陽の下で色濃い花を咲かせていた。
画像
                         (リンドウ)

<リンドウ( 竜胆 )>
  リンドウ科、リンドウ属
<特徴>
  多年草
  9~11月咲き  明るい草原に咲く
  澄み切った青は晴れた秋の空の色
  草丈1m
  根から健胃薬が取れる(龍胆)

 前回、湿生花園を訪れた時に咲き誇っていたアケボノソウは花も終わり、若い実を付けて凛と立っていた。
画像
                     (若実を付けたアケボノソウ)

 今日は都合によりウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2008年10月13日 18:22
3日分のススキをありがとうございます。
これだけ見れば、今年のススキ見学はしなくて済みそうです。
現代ではキセルがわからなくなりましたから、キセルをやって捕まって頭を垂れて謝っているようです。
キセルの右の画像は形が面白い。
ヤマラッキョウも見頃になりました。以外に画像は難しいんですよね。
わが家のヤマラッキョウも色が付き始めましたから、期待して待っていて下さい。
草原で見るリンドウは素晴らしい。
最後は、高尾山で追い求めたアケボノソウです。
蕾かと思いましたら花の後でしたか。いつも幻の花です。
寅太
2008年10月13日 18:30
書き忘れました。
300円シモバシラを植え替え展示会に持ち込み、花も半分終わっていたので先生のご意見を聞きましたら、見事に合格でした。
かなりの人が清楚なシモバシラの前で足を止めてくれます。
デコさんの満開のシモバシラなら会場の人気を独り占めにできたと思います。
それほど香貫山のシモバシラは素晴らしかった。
2008年10月13日 20:24
こんばんは
薄紫色の山ラッキョウの花は初めてみました。
あの広いカヤの草原毎年刈り取っているのですか。
かやぶき屋根が何件分くらいになのでしょうね。
興味津々です。
2008年10月13日 20:34
ススキの逆光画像も改めて見ると光り輝いてこれまた良いですね。草花も大分少なくなって来ました。アケボノソウの種を高尾山に上げてほしいです。
2008年10月13日 21:16
キセルアザミというのは面白い形で咲いているようですが、写真では葉は見えませんけれど根元には葉があるのでしょうか?、ヤマラッキョウは鮮やかな色で素晴らしいですね。
2008年10月13日 21:33
こんばんは。
仙石原の一面のススキは、本当に素晴らしいですね。
ピンクの花のキセルアザミ、下を向いて咲いているの姿が可憐です。
デコウォーカさんの画像で、昨年初めてヤマラッキョウの花を見せていただきましたが、薄紫色した綺麗な花を咲かせていますね。
ヤマラッキョウとアケボノソウの花、まだ見たことがありませんが、どちらも綺麗な花ですね。これから出会うのを楽しみにしています。
2008年10月14日 17:02
寅太さん、今日は。
3日連続で仙石原のススキを見て頂き有難うございました。今は自動改札機が設置されましたからキセルは出来なくなりましたね。右のキセルアザミ君は、そこを敢えて実行して見つかり、頭だけでなく腰まで曲げて謝っているのでしょうか(笑)。寅太庭園の綺麗に色付いたヤマラッキョウを待っていましょう。ゲリラ豪雨で消滅してしまった高尾山にアケボノソウの種を湿生花園から送ってもらうと良いですね。箱根と高尾山を結ぶ伝書バトがいると良いのですが・・・。
300円のシモバシラが好評でしたか!やはり、カット$ペーストでは盆栽展に出せませんので、4日前にそちらに香貫山から伝書バトに空輸して貰えば良かったですね(大笑)。
2008年10月14日 17:14
chiharuさん、今晩は。
ラッキョウの花を見た事がなかったので今ネットで調べたら、このヤマラッキョウの花にソックリでした。少しは刈り取るものも有るでしょうが、仙石原のススキは毎年3月に焼かれるそうです。雑木の繁殖を防ぐ為だそうです。
2008年10月14日 17:30
信徳さん、今晩は。
私も、逆光のススキも良い物だと感心しています。秋も段々深まって来ると草花も減ってきます。湿生花園でも大分少なくなって来ました。
寅太さんへのコメントにも書きましたが、ゲリラ豪雨でアケボノソウが全滅した高尾山へ、ここの湿生花園から種を伝書バトが運んでくれれば良いのですが・・・。
2008年10月14日 17:36
OSAMIさん、今晩は。
キセルアザミの根生葉は多分有ると思いますが、カヤ湿原に中で気付きませんでした。湿原のヤマラッキョウは明るい陽の下でとても鮮やかな色をしていました。
2008年10月14日 17:43
杏さん、今晩は。
仙石原のススキは見事でした。まだまだ見頃は続くようですから機会があったら見て下さい。感動すると思います。ヤマラッキョウとアケボノソウの花をまだ見たことがありませんでしたか。アケボノソウは高尾山にも有ったようですが今年のゲリラ豪雨で全滅してしまったそうです。多分、来年には生き残ったアケボノソウが見られると思います。