箱根仙石原ウォーキング(その2)  

仙石原ススキ草原(後半)

 昨日に続き、登り道の途中に順光で見たススキの姿を綴る。 
 中央通路から麓方向のススキを撮影したいが手前の高いススキが邪魔になって撮影できない。手前のススキの穂より高い位置から撮影したいが、適当な場所に高い足場がない。仕方が無いのでカメラを三脚に取り付けて、その三脚を高く持ち上げて撮影する事とした。カメラの平行度に注意しながら、10秒後のセルフタイマーでシャッターを切ったのが次の画像だが何とか満足の出来るものが撮れた。
画像
               (中央通路から見た、麓方向のススキ模様)

 中央通路から上方のススキの模様は両腕を伸ばせば何とか撮影出来た。
画像
               (中央通路から見た、上方向のススキ模様)

 登り道を進んで行くと右側に2段になったススキが現れた。普通の目線と少ししゃがみ込んだ目線で撮影してみた。
画像画像
                     (2段階のススキ)

 下り道は逆光で見たススキの姿を綴る事とする。
画像
                     (逆光で見たススキ)

 更に下ると方向的に逆光が強くなり、ススキの穂が銀色に輝き始めた。
画像画像
                    (逆光下で光輝くススキ)
画像
                  (青空をバックにした逆光下のススキ)
画像
                 (山陰をバックにした逆光下のススキ)

 ススキ草原の中に小さな広場が有ったので、ススキを見ながら遅い昼食を取った。その後、近くに有る箱根湿生花園にも寄ってみる事とした。

 今日は沼津市の南部に有る金冠山に行って来た。歩数は14,618歩、今週の累計歩数は68,789歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月12日 17:51
色々な条件下でのススキ画像を拝見しました。逆光の光り輝くススキも素適ですが、二段階のススキの左側が好きです。
2008年10月12日 19:20
こんばんは
三脚を使って10秒のセルフタイマーで撮ったススキ草原スパらしいです。行ってみたい気持ちです。
2008年10月12日 22:53
ススキの穂も光の加減でいろいろと変化して綺麗です、青空の薄雲とススキの穂が輝く感じが秋を感じさせますね。
2008年10月13日 00:10
こんばんは。
仙石原のススキの草原は広大ですね。
ススキの穂が同じ方向になびいていて綺麗です。
逆光の中から見たススキの穂が光っていて上の画像と違った美しさです。
青空に白い雲が模様を作っていますね。青空バックに逆光のススキの草原が銀色に輝いている風景は別世界のようです。素晴らしいススキの草原でした。
2008年10月13日 09:19
信徳さん、お早うございます。
綺麗なススキ草原を、どう言うアングルで撮るか色々試してみました。一番困ったのが手前に入ってしまう背の高いススキでその後が撮影できない事でした。プロならば脚立を持っていく所でしょうが、素人にはその様な機材はありません。気に入って戴けた画像が有ってよかったです。
2008年10月13日 09:23
chiharuさん、お早うございます。
信徳さんへのコメントにも書きましたが、綺麗なススキ草原を、どう言うアングルで撮るか色々試してみました。一番困ったのが手前に入ってしまう背の高いススキでその後が撮影できない事でした。プロならば脚立を持っていく所でしょうが、素人にはその様な機材はありません。その結果、苦肉の策が三脚と10秒セルフタイマーでした。なかなか上手く行かず、何回かチャレンジした結果が上の画像でした。
2008年10月13日 09:26
OSAMIさん、お早うございます。
そうですね、光の加減でススキの穂の感じが随分変わります。いろいろとアングルを変えて撮影してみました。私も青空の薄雲とススキの穂の輝きを撮影していて秋を感じました。
2008年10月13日 09:32
杏さん、お早うがざいます。
仙石原のススキ草原は広いです。金時山の山頂からもその広大な姿を見られます。穂が棚引いている所までは見れませんが。
青空バックに逆光のススキの草原が銀色に輝いている風景は別世界のようですし、OSAMIさんも仰っている様に秋を感じさせる景色ですね。天気に恵まれて楽しいススキ草原の散策でした。
寅太
2008年10月13日 18:13
色々なススキをありがとうございます。
3人位肩車をした位置からの画像は素晴らしい。
結果を見て、思わずガッツポーズです。
周りの観光客は何事かと振り向きます。
2008年10月14日 16:37
寅太さん、今日は。
そうですね、1m位の三脚を目一杯上に持ち上げたので、3人位の肩車の位置になるかもしれませんね。ガッツポーズは出なかったですが、三脚を持ち上げた時に回りの観光客はけげんな顔をしていました。