箱根湿生花園の花(その12)  

キイジョウロウホトトギス、ホトトギス、白花ホトトギス

 今日は箱根湿生花園に咲いていたユリ科のホトトギスの仲間を綴る。

《キイジョウロウホトトギス》
  キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑)は「山里の貴婦人」と呼ばれる。
画像
               (山里の貴婦人 キイジョウロウホトトギス)

 紀伊半島に自生し、宮中に仕える位の高い女官(上臈)に例え、紀伊上臈(キイジョウロウ)と名付けられた。そして、つややかな黄色の花をつけて垂れ下がった姿が気品たっぷりの為だろう。
 箱根湿生花園では高山のお花畑区と岩場植物区の岩斜面に垂れ下がって咲いている姿を見る事が出来た。
画像画像
                (キイジョウロウホトトギスの群生)

 花の内側には紫褐色の斑点があり、花弁の先には緑色の小さな角の様な飾りが見える。あまり目立たないが小さなピアスの様だ。
画像
                (キイジョウロウホトトギス花のアップ)

 和歌山県すさみ町にはこのキイジョウロウホトトギスの群生地が有り、毎年10月に紀伊上臈ホトトギス祭りが行なわれると言う。一度訪れてみたいものだ。
 一方、自生地が減少し絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅱ類)に指定されていると言う。すさみ町や湿生花園の様な所以外でも大切に保存されれば良いが・・・。

<キイジョウロホトトギス(紀伊上臈杜鵑)>
  ユリ科、ホトトギス属
  名前の由来:紀伊半島に自生し、ジョウロウ(上臈)とは花の上品な様からつけられた
<特徴>
  多年生、崖などから下垂する
  開花期は9~10月
  茎頂や葉腋に数個の黄花を下向きに付ける
  花は鐘形で半開する
  自生地が減少し絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅱ類)に指定されている

《ホトトギス》
 ホトトギスに付いては香貫山の植物でも既に綴っているが今回、白花ホトトギスを初めて見たので両方を合わせて記載する事とする。
画像画像
                       (ホトトギス)

画像画像
                      (白花ホトトギス)

<ホトトギス(杜鵑)>
  ユリ科、ホトトギス属
  名前の由来:花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ている
<特徴>
  宿根草
  9~10月に咲く 
  山野の日陰に自生している
  茎を長く伸ばして枝が垂れる事が多い
  葉脇に1~3個の花をつけ、上向きに開く
  花色は白地に紫の斑点の花、黄色系の花、白花と3種類有る
  箱根にも有る

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,712歩。今週の累計歩数は9,712歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月01日 19:20
こんばんは
キイジョウロウホトトギスは初めて見せて頂きました。
拡大写真はホタルブクロのような感じに見えます。
珍しい花を見せて頂き有り難う御座います。
2008年10月01日 20:26
ホトトギス、シロバナホトトギスは良く見る事が出来るのですが、関東ではキイジョウロウホトトギスは余り見られません、絶滅危惧Ⅱ類ですか。綺麗で気品のある花ですね。
寅太
2008年10月01日 20:58
黄色なのでキジョウロウホトトギス(黄上臈杜鵑)と間違われることもあるようです。紀伊ですね。自生地で崖から垂れ下がるところを見たいですね。
さすがは箱根湿生花園、タイワンホトトギスをホトトギスで紹介していません。タイワンホトトギスは先端で枝分れしますが、こちらは葉腋から2個程度しか花は付いていません。
最近、白い花は珍しいので園芸店でも白花ホトトギスが良く出ています。

2008年10月01日 21:11
キイロジョウロホトトギスは崖のような所で垂れ下がって咲いているところが素晴らしいですね、白花ホトトギスの特に左の写真ではシベの薄紫色がとても良い感じだと思います。
2008年10月01日 21:56
こんばんは。
キイジョウロウホトトギスの花は初めてです。
岩斜面に垂れ下がって咲いている姿は緑の葉も黄色い花も見事です。
宮中に仕える位の高い女官に例えたようですが、気品のある綺麗な花を咲かせていますね。ホトトギスも鮮やかな紫色の花を沢山咲かせていますね。白花ホトトギス、真白い花にシベが淡い紫です。どのホトトギスの花も綺麗な花を咲かせていましたね。
2008年10月02日 17:38
chiharuさん、今晩は。
そうですね、キイジョウロウホトトギスはホタルブクロに似ていますね。袋の素材はホタルブクロよりも厚くて丈夫な感じがしますが。


2008年10月02日 17:43
信徳さん、今晩は。
キイジョウロウホトトギスは関東では植物園等でないと見れないかも知れませんね。箱根湿生花園でも移植して増やしていると思います。上臈の名前が付く様に、上品な花ですよね。
2008年10月02日 17:49
寅太さん、今晩は。
私も最初は紀伊で無く黄かと思いました。黄上臈でもピッタリの花ですね。和歌山県のすさみ町には大群生しているようですよ。私も一度は見てみたいと思っています。ホトトギスの白色は、私は初めて見ました。紫色のホトトギスよりもスッキリしていて良いですね。
2008年10月02日 17:58
OSAMIさん、今晩は。
キイジョウロウホトトギスは崖に吊る下がって咲くようです。従って、花を間近に見る環境はなかなか無いです。湿生花園でも近くで撮影出来たのは一株だけでした。白色のホトトギスはシベの薄紫を除き、無垢の花で見る人が好きな色を塗って下さい、と言っている様に感じました。シベの薄紫は上品な色で良いですね。
2008年10月02日 18:04
杏さん、今晩は。
キイジョウロウホトトギスは上品な花で、名前もそれを感じさせます。白色のホトトギスはOSAMIさんへのコメントにも書きましたが、シベの薄紫を除き、無垢の花で見る人が好きな色を塗って下さい、と言っている様に感じました。シベの薄紫は上品な色で良いですね。