箱根湿生花園の花(その7)

湿原区の花
 サギソウ、ミズオトギリ、ミズギク、エゾリンドウ、ナガボノシロワレモコウ、ナガボノアカワレモコウ

 今日は、池の周りの明るい湿原に生えている山野草を綴る。
《サギソウ》
 木道から数メートル離れた湿地に生えていた。接写撮影は無理なのでズームで撮影した。サギの羽根の細かい所まで撮影する為に、もっと近くで撮影したかった。
 先日綴ったミズトンボと同じラン科、ミズトンボ属で、トンボが鷺に代わったのだが随分と美しさに差がある。
画像
<サギソウ(鷺草)>
  ラン科、ミズトンボ属
<特徴>
  多年草
  7~8月に咲く
  日当たりの良い湿原に生える
  花径3~4cm程度、サギが飛んでいる様
  葉は細長く湿原では雑草に混じってわかりにくい
  湿原には同属でミズトンボがある
  草丈30cm以下
  箱根には無い

《ミズオトギリ》
 水辺に咲くオトギリソウという意味だがオトギリソウとは別のミズオトギリ属だと言う。又、一日花で午後3~4時に開くと資料に有る。私が湿生花園で撮影したのが午後3時半頃だったので、ラッキーにも開花直後の様だった。
画像画像
<ミズオトギリ(水弟切)>
  オトギリソウ科、ミズオトギリ属
<特徴>
   名前の由来は水辺に咲くオトギリソウという意味
  しかし、オトギリソウ属とは別属
  花は朱紅色で花1cm程の小さい花
  一日花で、午後3~4時に開く
  箱根に有る

《ミズギク》
 この花は近畿地方以西の山地の湿地に自生していると言う。
画像画像
<ミズギク(水菊)>
  キク科、オグルマ属
<特徴>
  山地の湿地に生える多年草
  草丈は20~50cm
  茎は分枝せず、茎頂に上向きに1個の黄色い頭花を付ける
  花期は6~10月
  箱根には無い

《エゾリンドウ》
 少し離れた所に咲いていたので、花の開いている様子が上手く撮影出来ていなかった。
画像
<エゾリンドウ(蝦夷竜胆)>
  リンドウ科、リンドウ属
<特徴>
  多年草
  草丈30~80cm
  9月~10月咲く
  山地の草原、湿原に生える
  箱根には無い

《ナガボノシロワレモコウ》
 このナガボノシロワレモコウと次に載せるナガボノアカワレモコウは草丈が大きくて、他の植物の中で一際目立っていた。小振りのワレモコウに比べると、草姿も花も共に大味だ。
画像画像
<ナガボノシロワレモコウ(長穂白吾木香)>
  バラ科、ワレモコウ属
<特徴>
  亜高山帯の湿原に生る
  草丈は0.8~1.3m
  枝先に長さ2~7cmの穂状花序を直立ないしは下向きに垂れる
  白色の花を多数密に付け、花は先の方から基部に向かって咲く
  花弁はなく、白色に見えるのは雄しべ
  萼筒は緑白色で、毛がなく4個に裂ける
  雄しべは萼片より長く、外側に突き出る
  葉は奇数羽状複葉、小葉は長楕円状線形で縁には鋭い鋸歯がある
  花期:8~9月
  箱根には無い 

《ナガボノアカワレモコウ》
画像
<ナガボノアカワレモコウ(長穂赤吾木香)>
  バラ科、ワレモコウ属
<特徴>
  多年草
  山の草地や岩場に生える
  茎は直立し上部で分枝し、高さ60~100cmになる
  茎葉は互生し、小葉は狭長楕円形で鋭い鋸歯がある
  花期は8~10月
  枝先に長さ2~7cmの円柱形の花穂をつける
  花は花弁がなく、赤い萼片が4個、雄しべは4本で長く突き出る

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,424歩。今週の累計歩数は27,745歩/3日。

この記事へのコメント

2008年09月03日 20:31
今晩は やはり目立ちますね、サギソウの花。
ナガボノシロワレモコウ、この花は初めて
見せて頂きました。
水菊も初めて見る花です。
見せて頂き有り難う御座います・
2008年09月03日 22:38
初めてのミズオトギリは小さな可愛い花のようですが時間的にラッキーでしたね、ミズギクも初めてでオグルマに似ている感じです、ナガホノワレモコウは大きいですからワレモコウのイメージが変わりますね。
2008年09月03日 23:39
こんばんは。
鷺草、真白い鷺が羽根を広げて飛んでいるようです♪
自然の中ですので鷺草の真っ白い花が映えますね。
ミズオトギリ、ミズギク、エゾリンドウ、ナガボノシロワレモコウ、ナガボノアカワレモコウも初めての花です。一日花のミズオトギリは開花が午後3~4時だそうですが、開花の時間で珍しい花をご覧になれてラッキーでしたね。ナガボノシロワレモコウは長いシベがいっぱいですね。珍しい花々を拡大して見せていただきました。
2008年09月04日 07:42
chiharuさん、お早うございます。
一昨日、そちらで素晴らしいサギソウを見せて頂きましたが、それに比べると鷺が少しボケてしまっています。ナガボノシロワレモコウとナガボノアカワレモコウは良く見かけるワレモコウのイメージと大分異なりますね。
2008年09月04日 07:46
OSAMIさん、お早うございます。
ミズオトギリの撮影は、本当にラッキーでした。撮影している時は開花時刻が午後3時~4時とは知りませんでした。帰宅して調べていたら午後遅くに開くと知りました。ナガボノシロワレモコウとナガボノアカワレモコウはあまりにも大き過ぎて、良く見かけるワレモコウのイメージと大分異なりますね。
2008年09月04日 07:52
杏さん、お早うございます。
サギソウは美しい花の一つだと思います。自然が造った傑作かな、とも思います。私もサギソウ以外は初めて見る花でした。まさかミズオトギリの開花時間が午後3時~4時とは思いませんでした。開花直後を狙って撮影した事になり、本当にラッキーでした。ナガボノシロワレモコウはワレモコウのイメージを壊してしまう様に感じます。
2008年09月04日 07:53
本当に多くの植物が、しかもタイミング良く咲いていますね。初めて見る花が多いです。
寅太
2008年09月04日 10:41
サギソウはよく撮れています。
ミズオトギリは見たことがありませんが、なかなかよい花ですね。
ワレモコウにナガボノシロワレモコウ、ナガボノアカワレモコウがあるとは初めて知りました。
2008年09月04日 17:52
信徳さん、今晩は。
この箱根湿生花園には外国の山野草も含めて1,700種も有るとのことですので、今回綴っている品種はほんの一握りです。今回は、あと2回続きますが、もう少しお付き合い下さい。
2008年09月04日 17:58
寅太さん、今晩は。
サギソウはもう少し近づいて撮影したかったです。ロープが張られていますから、その中には入れません。ズーム撮影で我慢でした。ミズオトギリは薄いピンク色でなかなか可愛い花でした。ナガボノシロワレモコウとナガボノアカワレモコウは大き過ぎて、ワレモコウのイメージを壊してしまう様に感じます。

この記事へのトラックバック