香貫山の植物  キンギンナスビ   

<キンギンナスビの実>

 香貫山の登山道脇にハッとする赤い実が生っていた。この時期に赤い実を付けた植物は未だ、あまり見かけない。何の実かな・・・?
 名前は大分後で判明したのだが、ナス科のキンギンナスビ(金銀茄子)だった。
画像
                   (キンギンナスビの熟した実)

 隣には緑色の筋の入った実も生っていた。小さな、小さなスイカの様だった。花は咲いていず、実の撮影のみをして置いた。
画像
                    (キンギンナスビの若い実)

 実からでは植物の名前を調べるのは難しい。この実が何であるのか解らずに数日が過ぎた。

<キンギンナスビの花>
 実を撮影してから6日後に、この実を撮影した株の枝先に白い花が咲いていた。ナス科の花に似ている。
画像
                   (ナス科の花の特徴をしている)

 葉や茎に沢山の棘が生えている。棘が多いのは、本日の番外編に綴ったワルナスビに良く似ている。しかし、ワルナスビの様な薄紫の花ではなく白色だ。ナス科で調べても名前が解らなかった。ワルナスビに似ているので、仮に「オオワルナスビ」と命名しておいた。
画像
                  (ワルナスビに似て葉や茎に棘がある)

 ワルナスビに付いて色々調べて行くうちに、類似品種としてキンギンナスビの名前が有り、それを調べてやっと名前が判明したのだった。
 名前の由来は「実は初めは白色で緑の筋があり、熟して赤くなる」からキンギンナスビとある。スイカズラ(吸葛)の別名がキンギンカ(金銀花)で、この由来は「初め白色の花がだんだんと黄色くなるので金色と銀色の花が混じって咲くように見える」であった。これに習ったのであろうが、キンギンナスビの場合は少し誇張気味かなと感じる。と言うのは、実の最初の色は白と言うよりは薄い緑色であり、熟した時の色は黄色と言うよりは朱色だからだ。むしろトマトの実の色の変化に似ている。

<キンギンナスビ(金銀茄子)>
  ナス科、ナス属
  名前の由来:未熟の果実は白色、熟れると黄赤色になる
<特徴>
  南アメリカ原産の多年草
  草丈は80cm程度、茎や葉脈上に鋭い刺がある
  葉は長さ15cm程度の卵形で羽状に中裂する
  春~夏に開花
  
《番外編》 ワルナスビ
 7月上旬に沼津御用邸を訪れた時、御用邸近くの松林で薄紫の花を見つけた。花を見ただけでナス科と解ったので、帰宅してナス科の花を調べたらワルナスビと容易に判定できた。
画像画像




                     (ワルナスビの花)

 そしてワルナスビの件はそのままになっていた。上の仮称オオワルナスビの名前を調べる為に、ワルナスビの花や実を調べ直していてキンギンナスビの名前が判別したのだが、ワルナスビの実を撮影していない事に気付いた。御用邸のハギの状況を調べる時にこの実も確認する事とした。
 現地で探してみると、どの株も枯れていて黄色の実だけが並んでいた。これがワルナスビの実だろうと考え撮影してきたものが以下の画像だ。
画像
                        (ワルナスビの実)

 今日は都合によりウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年09月23日 18:39
今晩は
ギンナンナスビ珍しいです。
花も可愛いですが実の可愛いです。
スイカのような模様のあるなすびは初めて見ました。
ワルナスビも初めて見ました。
見せて頂き有り難う御座います。
2008年09月23日 19:32
キンギンナスビの実は面白いですね。スイカになったりトマトになったり鑑賞用としてこれから市場に出てくるかも痴れません。
2008年09月23日 21:25
chiharuさん、今晩は。
私もキンギンナスビは初めてでした。香貫山でも今の所、一株だけしか見ていません。強かな植物の様ですから、来年にはもっと増えているかもしれません。ワルナスビは香貫山ではまだ見ていません。これもその内に香貫山でも見られるようになると思います。
2008年09月23日 21:30
赤い綺麗なキンギンナスビの実ですね、初めての植物で私の周辺にはまだ無いようです、ワルナスビと同じ様に棘が多くで関わりたくない植物のように思います。
2008年09月23日 21:32
こんばんは。
赤い可愛い実はキンギンナスビだそうですが、初めて見せて頂きました。
緑色の実はスイカのように縞模様がありますね。キンギンナスビの花は白い花でナスの花に似ています。棘も沢山あり触る時は気をつけないと痛いですね。ワルナスビの花は見ていましたが、実は初めてです。
小さな黄色い実が並んで沢山ついていますね。
2008年09月23日 21:33
信徳さん、今晩は。
キンギンナスビの実の大きさは1cmくらいで、小さいです。緑色の実を見た瞬間に超ミニのスイカと思いました。ブログを綴っている時は、色の変化からトマトと思いましたが、今では大きさも含めて考えると、ミニトマトに似ているかな?と思っています。このキンギンナスビには茎や葉に沢山の棘が付いていますので観賞用には売りに出せませんね。ワルナスビと同類です。
2008年09月23日 21:39
OSAMIさん、今晩は。
たった今、信徳さんへのコメントに書きましたが、茎や葉に沢山のしかも堅い棘が有って実に近づこうものなら、チクリと刺されます。ワルナスビと同類です。ワルナスビ以上に強力な棘かもしれません。花や実は綺麗ですが、あまり近づかない方が良いかもしれません。
2008年09月23日 21:46
杏さん、今晩は。
私もワルナスビの花は知っていましたが、実は今回初めて見ました。、キンギンナスビは花も実も初めて見ました。実はワルナスビよりも綺麗ですね。ワルナスビと同様に茎や葉には沢山の堅い棘を付けていますので触る時には注意が必要です。
寅太
2008年09月23日 23:58
キンギンナスビよりはオオワルナスビの名前に同意します。
名前も刺のような枝や実も初めて見ました。
西瓜にもにていますが、カラスウリの実にも似ています。
こんな奇妙な植物には会うことはないでしょう。
2008年09月24日 18:45
寅太さん、今晩は。
寅太さんもキンギンナスビよりもオオワルナスビに賛意して頂けましたか。茎の太さや草丈の大きさ、それに棘の多さからワルナスビをもう一回り悪さを加えた感じでした。これから勢力範囲を広めそうな植物ですので、その内に寅太さんの庭に進出するかも知れません。