沼津御用邸記念公園の花暦  

ツルボとワレモコウ

 久し振りに沼津御用邸に行って来た。ヒマワリの後に咲く花はハギだろうと思い、その様子を見る事が主目的であった。
 西付属邸の梅園を覘いてみるとツルボが咲いていた。何時もツルボを見る時は回りの雑草や枯葉の中から花茎がスーと立っていて、その葉を見た記憶が無い。ここでは周りに何も無くツルボだけの株立ちで、その立派な葉を初めて見る事が出来た。
画像
                    (ツルボの葉と花の姿)

 この時期に咲くキツネノカミソリやヒガンバナは花が咲く時には葉が無いが、このツルボは花が咲く時にも葉が出ていると資料で見たが、それを実感できた。
 梅園に置かれている岩の前に又、近くの松の根元にもツルボが綺麗に咲いていた。香貫山等では見れない姿だ。
画像画像
              (岩とツルボ)                (松とツルボ)

 本邸跡の方に回ると、松林の下にツルボが群生している所が何箇所かあった。
画像画像
                      (ツルボの群生)

 群生していなくとも、松林の中で他の花と一緒に咲いていた。
画像
                     (ツルボとヒガンバナ)
画像
                      (ツルボとコスモス)
画像画像
                      (ツルボとミヤギノハギ)

 この日の主目的のミヤギノハギの花は一部が咲き始めた段階で、見頃になるのは1~2週間後だろうか?
 このミヤギノハギが植えられている近くにワレモコウが咲いていた。
画像
                       (ツルボとワレモコウ)

 ワレモコウは咲き初めの段階で花序の下部はまだ緑色の蕾で、上部の花が咲き始めていた。
画像
                     (上部の花が開花し始めた)

画像
                    (一番下の花を残して開花終了)

 今年はワレモコウを箱根や八子ヶ峰で見たが、どれも開花済みの花しか見ていなかった。開花中で雄しべまではっきりと見える花は、ここ御用邸で始めて見た。

《番外編》 ハマカンゾウ
 沼津御用邸のハマカンゾウは今年の8月7日に綴った。ツルボを見て歩いていると、ハマカンゾウが生えていた花壇にはまだ、ハマカンゾウが咲いていた。
画像画像
                 (まだ咲き誇っているハマカンゾウ)

 前回から1ヶ月半以上も経っているのに、これだけ咲き続けているとはビックリであった。  今日のウォーキングは所用で中止。            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月22日 20:23
ヒガンバナ、キツネノカミソリはこちらでも良く見られるのですが、ツルボだけは初めてです。(私だけかな?)ツルボは海岸近い所の特有の植物なんでしょうか?それにしても凄い群生ですね。
2008年09月22日 21:10
ツルボは開花が進んでいるようですが見事に群生していますね、他の花と一緒に咲いている処はなかなか出会えませんし良い感じだと思います。
咲き始めのワレモコウの色が素晴らしいです、色も一度白っぽくなり更に赤みがさしてくるということですかね。
寅太
2008年09月22日 22:33
立派なツルボの葉が見れました。
ツルボのこれほどの群生地は見たことがありません。
開花の後で種がこぼれるのかと思いましたら、オシベなんですね。初めて見ました。
ハマカンゾウは他のカンゾウの仲間と違って、花びらのオレンジと黄色がはっきりしていますね。ハマカンゾウは見たことがありません。
信徳さん、野原を歩けばツルボはいっぱい咲いていますが、子供達が全部取ってレンゲのような冠を作っているのかも。
2008年09月22日 23:44
こんばんは。
ツルボの群生が綺麗ですね~。
沼津御用邸に咲くツルボは庭園の手入れが良いのでしょうか、大きな株です。広い松林の下にツルボが群生している様子は見事ですね。
ワレモコウも画像にすると花の様子が良く分かりますね。
今まで、赤い蕾のように思っていましたが、小さな花がいっぱい集まって咲いていました。初めは緑色の蕾でピンクの花が咲き赤くなっているのですね。小さなワレモコウの花を綺麗に撮られていますね。
2008年09月23日 17:35
信徳さん、今晩は。
ツルボは春と夏に葉を展開するので、その前に草刈が行われる所に良く生えると資料に有りました。香貫山は夏と冬に草刈が行われて、夏の草刈の後にツルボが生えてきます。多分、御用邸も同じだと思います。手入れの良い公園を探してみれば会えるかも知れません。ツルボの群生は御用邸で初めて見ました。
2008年09月23日 17:40
OSAMIさん、今晩は。
御用邸のツルボは開花してから大分、時間経過していました。花序の下の方は花の後で茶色に汚れていました。他の花と一緒のところが良かったです。ワレモコウの花が咲き進むにつれて色が変化するのは面白いですし、綺麗ですね。
2008年09月23日 18:00
寅太さん、今晩は。
私は今回初めてツルボの葉を見ました。周りに他の草がある時にはツルボの葉には気付きませんでした。改めてハマカンゾウの花弁を見ると、オレンジと黄色がはっきり分かれていますね。ツルボはヒガンバナの様に目立たないので花が少ないと見落とすかも知れませんね。
2008年09月23日 18:05
杏さん、今晩は。
信徳さんへのコメントにも書きましたが、ツルボは年に2回葉が出るのでその前に草刈が行われる所に、良く生えるそうです。御用邸は手入れが行き届いているのでその影響が有ると思います。ワレモコウの花の仕組みが今回の画像で良く理解できました。濃紅色の花は花後の姿だったのですね。