箱根湿生花園の花(その6)

水生区の花
 ホテイアオイ、スイレン、コウホネ、ポンテデリア

 今日は箱根湿生花園の池に咲いていた花を綴る。
《ホテイアオイ》
 最初はホテイアオイ(布袋葵)。子供の頃、庭の小さな池に浮き草として浮かべていたが、この様な綺麗な花が咲いたことを記憶していない。
画像画像
<ホテイアオイ(布袋葵)>
  ミズアオイ科、ホテイアオイ属
<特徴>
  多年草
  8~10月咲き
  6弁の薄紫の花で晩夏の水辺に咲く
  一日花、花径4~5cm
  茎の膨らみが浮きがわり

《スイレン》
 この花は、どこの池にでも見られる花だ。湿生花園では、白色だけだった。
画像画像
<スイレン(睡蓮)>
  スイレン科、スイレン属
<特徴>
   水生球根
  5~10月咲き
  花径20cmまで
  熱帯性の品種と耐寒性のある温帯性とがある
  昼咲きと夜咲きがある

《コウホネ》
 初めて見る花だった。時期的に終わりの頃だったのか花数が少なくて、汚れの無い花を探すのに苦労した。
画像画像
<コウホネ(河骨)>
  スイレン科、コウホネ属
<特徴>
  多年性水草
  6~9月咲
  花は黄色 、花径4cm程度
  水中から花茎を出す
  名前は水中にある茎が骨に見える事から

《ポンテデリア》
 池の縁に青紫色の花を円柱状に付けた花が咲いていた。ポンテデリアと説明板にあった。ホテイアオイと同じミズアオイ科の水生植物だが浮遊性はない。 北米原産とある。
画像画像
<ポンテデリア>
  ミズアオイ科、ポンテデリア属
<特徴>
  北米原産の水生植物
  花は茎の先端に円柱状につき、下から順に咲く
  放射状に咲いている花は青紫色
  上の花びらに黄色の斑点模様がある

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は7,864歩。今週の累計歩数は19,321歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

2008年09月02日 18:44
今晩は ホテイアオイは此方でも見かけますがコウホネとポンテデリアは見かけたことがありません。珍しい花達を見せて頂き有り難う御座います。
イッチャン
2008年09月02日 20:26
 箱根湿生花園は本当に沢山の花が咲き乱れ、時間の経つのも忘れてしまいますね、以前夏前に行った時キレンゲショウマのあるのを知って改めて花の咲く頃に出かけて一日キレンゲショウマの前で過ごしました。
前に読んだ宮尾登美子の天涯の花の本の中に出て来た花で、四国の剣山の山に咲く幻の花と書かれてあったのが、湿生花園で出会った時は感激しました。売店で鉢売りしてたのを買って来ましたら、なんとそれから毎年咲きます。また五日市の黒茶屋(食事処)の庭に大きい株で咲いていました。こちらは秋に入ってからなので楽しみにしています。いつも観察力が素晴らしく楽しみに拝見させて頂いてます。
2008年09月02日 21:43
ボンテデリアは初めてですが淡い紫色が綺麗ですね、葉は日本のオモダカに似ているようですが花がまったく違いますね、この植物も球根が出来るのでしょうか?。
plysima
2008年09月03日 00:28
ホテイアオイ綺麗ですね。稀に見かけるといつも思うのですが、あらためて写真を見させて頂くとまた思います。湿生花園ではスイレンも咲いていたのですね。ところで植物の話とは全く違うのですが、湿生花園の池にコイが沢山いたかと思うのですが、よくよく見ているとナマズがいるんですよ!私は4回行って3回遭遇しました。
2008年09月03日 01:01
こんばんは。
ホテイアオイの薄紫色の花が綺麗ですね~。
花びらの一番上の花びらが孔雀の羽根のような色をしていますね。今までこのように綺麗な花だとは思いませんでした・・。
子供の頃にホテイアオイが川にいっぱい咲いていましたが、ただ紫色の花だったことを覚えています。
ポンテデリアも同じ様な淡い青紫色した花ですが、円柱状に咲いて綺麗ですね。
2008年09月03日 06:20
chiharuさん、お早うございます。
私のブログでは水生植物を取り上げた事は殆どありません。今回、湿生花園の池で見た4種類を載せましたがどれも綺麗な花でビックリしています。
所で、水生植物の問題点は一つ、撮影時に花に近づけない事ですね(笑)。
2008年09月03日 06:28
イッチャンさん、お早うございます。
コメント戴き有難うございます。箱根湿生花園に行かれた事が有ったのでしたか。しかも、キレンゲショウマの前で1日過ごしたとは、驚きです。自宅でも育てているとの事で、キレンゲショウマの大ファンですね。私は宮尾登美子の天涯の花の本は読んでいませんが、剣山に咲く幻の花と評判ですよね。一度、見てみたいですね。
拙いブログですが、今後も宜しくお付き合い下さい。
2008年09月03日 06:37
OSAMIさん、お早うございます。
私もポンテデリアは初めてでした。花は薄紫で近くに咲いていたホテイアオイに良く似ているな、と思いました。この植物に球根が出来るのかどうかに関しましては、スミマセン解っていません。
2008年09月03日 06:44
plysimaさん、お早うございます。
ホテイアオイの薄紫色の花は清清しくて綺麗ですよね。私は初めて見ました。既に、湿生花園に4回も行かれていましたか。大先輩ですね。今回、あたふたと花を見歩いていたので池の中までは見ていません。鯉がいたのかどうかは、皆目解っていません。従って、鯰も同様です。今度行った時に、よく観察しておきましょう。
2008年09月03日 06:51
杏さん、お早うございます。
私はホテイアオイの花は初めて見ました。「花びらの一番上の花びらが孔雀の羽根のような色」とは上手い表現ですね。布袋さんの家紋は孔雀の羽ですかね(笑)?
ポンテデリアの花にも一番上の花弁に黄色の模様が付いていました。こちらは、孔雀の羽ようでは無かったです。
寅太
2008年09月03日 11:18
ホテイアオイとスイレンがとても綺麗です。
コウホネは残念でした。またのお楽しみにしましょう。
ポンテデリアは見るのも聞くのも初めてです。先端まで咲くとすると随分長く鑑賞できますね。
2008年09月03日 18:59
寅太さん、今晩は。
ホテイアオイ、スイレン、ポンテデリアは花の盛りのタイミングで見られましたが、コウホネは時期的に遅かった様です。次回にジックリと見る事とします。ポンテデリアが花穂の根元から先端まで咲くのにどの位の期間が掛かるか、解っていませんが、結構長いように思います。
2008年09月03日 19:28
ボンテデリアは初めて見る花です。コウホネはトンボとの組み合わせが行く合う花だとずっと見ていました。
2008年09月04日 07:37
信徳さん、お早うございます。
台湾からコメント有難うございます。ポンテデリアは私も初めてでしたがホテイアオイに似ていて、なかなか可愛い、涼しげな花でした。そうですね、水辺に咲くコウホネにトンボが止まっている姿は絵になりそうですね。

この記事へのトラックバック