八子ヶ峰ウォーキング(その2)   

ゲレンデ中腹~尾根  

 遊歩道を更に進むと黄色のアキノキリンソウの中に紫の花が咲いていた。昨年、香貫山で見つけたヤマラッキョウだった。
画像
                       (ヤマラッキョウ)

 更に、先日箱根でも見たノハラアザミやツリガネニンジンも咲いていた。ここのツリガネニンジンの色は青色が濃かった。
画像画像




            (ノハラアザミ)                  (ツリガネニンジン)

 葉の表面が白くなって雪を被った様に見えるウスユキソウも見る事が出来たが、大菩薩峠で見たウスユキソウよりも、花が茶色に変化しているし葉の白さも少し薄くなった様に感じた。花の盛りを過ぎたのだろうか。
画像
                       (ウスユキソウ)

 ウスユキソウに似て全体が白く見える植物があった。良く見ると花が大きく、香貫山でも見かけるハハコグサに似ている。山に生える母子草の由来のヤマハハコ(山母子)だった。
画像画像
                        (ヤマハハコ)

<ヤマハハコ(山母子)>
  キク科、ヤマハハコ属
  名前の由来:山に生える母子草
<特徴>
  多年草
  8~9月咲き
  日当たりの良い山地の、がれ地に生える
  地下茎で増殖し群生する、頭状花は銀白色の集団
  草丈60cmチ以下

 ゲレンデを登りきり潅木の間を抜けて尾根に出た。後を振り返ると車山は未だ見えているし、視界が開けて白樺湖も見えて来た。
画像
                 (車山に加えて白樺湖が見えて来た)

 白樺湖の湖畔を車で通過する時にホテルや公園等が多くあり、随分開けているな、と感じたが高い所から見るとその様子が良く解る。
画像
                        (白樺湖)

 何とか天候がこのまま持続して、八子ヶ峰山頂でも回りの景色を展望出来るよう祈りながら、小休止をとった。 

 今日は沼津海岸線の内浦三津近辺を歩いて来た。歩数は13,910歩、今週の累計歩数は13,910歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月17日 20:58
ヤマラッキョウもノハラアザミも紫色が鮮やかで山のものは素晴らしいです、ウスユキソウもヤマハハコも笹や草原の中では何となくイメージが少し合わない感じがある気がします。展望がいい感じですね。
2008年09月17日 22:51
こんばんは。
ヤマラッキョウの紫色の花が綺麗です♪
黄色いアキノキリンソウの中に鮮やかな紫色の花が素敵です。
ノハラアザミ、ツリガネニンジンも綺麗な色をしていますね、ウスユキソウ、はヤマハハコは全体に白く目立ちます。
車山や白樺湖が綺麗に見えてますね。
2008年09月17日 23:09
八子ヶ峰は車山のお隣なんですね。どうりで雰囲気も似ているし草花まで似ている(笑)と思いましたよ。沼津からは富士山をグルット廻って甲府、茅野からビーナスラインで上がっていくのですね。
2008年09月18日 06:28
お早う御座います
ゲレンデ中腹~尾根のウォーキングではいろいろな花との出会いがあったり、何よりも湖の見えるコースに癒されたものと思います。素晴らしい花たちと景色を見せて頂き有り難う御座います。
2008年09月18日 09:54
OSAMIさん、今日は。
ヤマラッキョウもノハラアザミも未だ蕾もあり最盛期直前のタイミングだった事と、山の自然の中でノビノビと育って色鮮やかなのでしょうか。ここの草原はどれも草丈が大きくて、背比べ競争して咲いている感じでした。背の低い草は可哀想な状況で咲いていましたよ。
2008年09月18日 10:01
杏さん、今日は。
黄色の花の中では紫色の花は綺麗に見えますね。山の自然の中で育った花は明るい陽光を受けて色鮮やかに見えまますね。久し振りに山頂からの景色に恵まれ楽しい山行でした。
2008年09月18日 10:08
信徳さん、今日は。
そうですね、八子ヶ峰は車山の隣です。しかもどちらも樹木が少なく、草原の山ですから、草花は似ているのでしょうね。沼津から蓼科に向かうには富士山の東側(御殿場)、西側(富士宮)を通る2つのルートがありますが、距離的には西側の富士宮経由の方が短いので、そちらを通りました。
2008年09月18日 10:11
chiharuさん、今日は。
今回は久し振りに天気に恵まれたので、草花だけでなく回りの景色も楽しめました。山頂から見る景色には山だけでなく湖も加わると、又一段と素晴らしくなりますね。
寅太
2008年09月18日 11:43
庭のヤマラッキョウはまだ固い蕾ですが、白樺湖の近くでは早いですね。
自然で見るヤマハハコはなかなか綺麗です。
家の近くの山に自生しているツリガネニンジンは白と薄い青色の両方があります。
丸に梅鉢紋は素敵です。祖先は菅原道真にゆかりの子孫ですね。
ウメバチソウは梅鉢紋に似たところから付いたので、よく見ると中央の緑がかった部分など紋にそっくりだと思います。
ウメバチソウは実生も可能なんですが、夏の日差しで葉が焼け、かなり育てるのに苦労します。
今年は画像が撮れるとよいのですが。
2008年09月18日 18:49
寅太さん、今晩は。
高地の季節の変化は平地よりも早いのでしょうね。香貫山でもまだ見ていない花が八子ヶ峰では見ました。ヤマラッキョウもその一つでしょう。ヤマハハコは初めて見ましたがなかなか綺麗ですね。梅鉢紋の解説を有難うございました。寅太さんの庭のウメバチソウが綺麗に咲くことを祈っています。