香貫山の植物  マルバノホロシ (番外編 ホオノキ) 

<マルバノホロシの花>

 マルバノホロシ(丸葉の保呂之)に付いては昨年の11月8日に綴っている。そこではマルバノホロシの花と実を同一の株で観察出来なかったので、推測のままで終わっていて、今年に花と実を再確認する事になっていた。昨年とは別の場所でマルバノホロシの花を見つけたので、記述し直す事とする。
画像
                    (マルバノホロシの花)

 資料には花弁は淡紫色で、花冠は5裂し後方に反り返る。花の中心部が淡緑色なのが特徴とある。良く似たヤマホロシの花は花の中心部が濃紫色なので、上の花はマルバノホロシに間違いない。

<マルバノホロシの葉>
 マルバノホロシの葉は互生し、翼がある細い葉柄があり、長楕円形で全縁、と資料にある。花を撮影した株の葉はその特徴を備えている。
画像
                      (マルバノホロシの葉)

<マルバノホロシの実>
 この株の下部の枝を見ると、枝先には花を咲かせているが、茎に近い所では既に緑色のまん丸の実が生っていた。
画像
                      (マルバノホロシの若い実)

 秋には、この実が真っ赤に熟す筈だ。暫くの間、前回の記事から転載しておく。
画像
         (マルバノホロシの赤い実 2007年11月8日のブログより転載)

<マルバノホロシ(丸葉の保呂之)>
  ナス科ナス属
<特徴>
  山地の林縁に生える多年草
  茎は蔓状に長く伸びる
  葉は互生し、翼がある細い葉柄があり、長楕円形で全縁
  雄しべは5個で花柱を包み、直立する
  花は淡紫色で花冠は5裂し後方に反り返る
  花冠の直径は約1cm、花冠の中心部が淡緑色
  よく似たヤマホロシは花冠の中心部が濃紫色、下部の葉は3~5に裂ける

《番外編》 ホオノキの実
 赤く色付いたホオノキの実に付いては9月7日に綴っている。今日、同じ実を見てみると、なんと黒茶色の皺々の姿に急変していた。
画像
                (黒茶色に急変したホオノキの実)

 赤く色付いた実は9月5日に撮影していたから、6日間で急変した事になる。こんなに早く変化するとは知らなかったので観察を怠ってしまった。
 資料を調べると赤い種子が出るとあるので、黒茶色の実の下側に見える赤い粒が種子かも知れない。ホオノキの根元には赤い種子が落ちているだろうが、この木の根元は谷なので降りて探す事が出来ない。
 ホオノキの上の方にある別の赤い実を見ると、上半分が黒く、下半分が赤い。観察中であった実も6日の間にこの様に変化したのだろう。
画像
               (黒茶色に変化し始めたホオノキの実)

 残念ながらこの実は遠くて赤い種子を見る事は出来ない。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は11,044歩。今週の累計歩数は35,38歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月11日 20:48
赤が鮮やかな実を昨年見させていただきましたが花は紫色の綺麗な花ですね、花の形はヒヨドリジョウゴの花と似ている感じがします。
ホオノキの実が急速に変化しましたね、私も調べて見ようと思います。
寅太
2008年09月12日 10:22
早速、やってきました。
ヒヨドリジョウゴに較べると、茎や葉に毛がほとんどありません。
花の中央に緑色の斑点がありません。くびれた葉がありません。このあたりがちがいでしょうか。
ホオノキの実はゲッカビジンのごとく、綺麗な姿から急変してしまいました。
先日の赤い実を見ていないと、白い大きな花から茶色の残骸に変わったと勘違いしてしまいます。
先日の画像はお宝ですね。
2008年09月12日 18:22
OSAMIさん、今晩は。
マルバノホロシの花はヒヨドリジョウゴの花に良く似ています。一番の違いは、ヒヨドリジョウゴの花弁は白色ですが、マルバノホロシは薄紫色です。ホウノキの実はまだまだ変化していないだろうと思っていましたので急変した姿を見た時はビックリしました。OSAMIさんも確認してみて下さい。
2008年09月12日 18:34
寅太さん、今晩は。
マルバノホロシとヒヨドリジョウゴの違いは寅太さんが纏めてくれた他に花弁の色の違いがあります。ヒヨドリジョウゴの花弁は白色ですが、マルバノホロシは薄紫色です。
仰る通り、ホオノキの赤い実を見ていなかったら、美しい白無垢の花嫁さんが、突如皺くちゃのオババさんに変身してしまったように感じてしまいますね。綺麗な赤い実の時代を経てオババさんに変化したのですが、それにしても急変でした。
2008年09月12日 22:04
こんばんは。
マルバノホロシの花は初めてです。
淡い紫色の花が綺麗ですね。淡い紫色の花びらが反り返って独特の可愛い形になりますね。マルバノホロシの緑の実が沢山付いていますが、もうすぐ真っ赤に色づくと綺麗です。ヒヨドリジョウゴと花の形が良く似ていますが、葉の形などが違いますね。
ホオノキの実も黒く変色していますね。赤く見えるのは種でしょうか。
2008年09月13日 14:17
杏さん、今日は。
マルバノホロシはヒヨドリジョウゴに花も実も良く似ています。相違点は、花弁の色と、花の中心部の色と、葉の形と、葉や茎の毛の有無ですかね。実はソックリで差異は認められません。ホオノキの実は焼けた後みたいに急変してしまいました。下側に赤く見える物が種子です。大きな木なので風に上手く乗れば遠くまで飛ぶかもしれません。香貫山でも、もっと増えて貰いたい樹木だと思っています。

この記事へのトラックバック