沼津御用邸記念公園の花暦

ハマカンゾウ(浜萓草)

 沼津御用邸・本邸の海に近い花壇に咲いていたヤブカンゾウに付いては今年の7月11日に綴った。その際、8月に入ったらハマカンゾウを確認する事としていたので、先日確認に行って来た。
 橙色の一重の花が咲いていた。間違いなくハマカンゾウだ。
画像画像
                   (ハマカンゾウは一重咲き)

 海岸に平行した通路の海側には前回撮影したヤブカンゾウの花壇が有るが、茶色に萎びた花後の姿が醜かったので撮影を避けた。
画像画像
            (ハマカンゾウは一日花、蕾は未だ沢山残っていた)

 撮影していると蝶が飛んできて花から花へと蜜を吸っていた。
画像
                         (蝶の来訪)

<ハマカンゾウ(浜萓草)>
  ユリ科、ワスレグサ属
<特徴>
  常緑の多年草
  花期は夏~初秋
  暖地の海岸などに群生する
  花は一重咲きで上向きに開く、一日花
  似ている花のヤブカンゾウは八重咲き、ノカンゾウは冬季に地上部の葉は枯れる
 
《番外編》 タカサゴユリ
 沼津御用邸・本邸の庭にタカサゴユリが今年も綺麗に咲き始めていた。
画像画像
     (今年も咲き始めたタカサゴユリ)       (2mはある背高ノッポのタカサゴユリ)

 御用邸のタカサゴユリに付いては一昨年の8月13日に綴ったので、今回はこれまでとするが、何となく一昨年よりもタカサゴユリの咲いている花壇が少なくなった様に感じた。
 又、上左画像の中に白いタカサゴユリに混じって黄色の花がチラホラと咲いているのが見える。近づいて見るとルドベキアの様だ。
画像
                        (ルドベキア)

 このルドベキアはタカサゴユリの花壇だけでなく、御用邸の本邸、西付属邸のアチコチに数株単位で咲いていた。来年はもっと、勢力圏を広めそうな気がしたが、どうなるか。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は11,151歩。今週の累計歩数は26,518歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月07日 20:00
海岸地におけるハマカンゾウは山野におけるニッコウキスゲのようですね。黄色群生が綺麗です。タカサゴゆりとルドベキアどちらも生命力が強いので生存競争になりそうですね。
2008年08月07日 21:36
ハマカンゾウが群生していてとても綺麗で良いなと思います、このカンゾウは普通のカンゾウというのかノカンゾウと形は同じ様に見えますが花弁の色が少し薄い感じでしょうかね。
寅太
2008年08月08日 18:29
ハマカンゾウとノカンゾウは似ていますが、ハマカンゾウは常緑なんですね。
そちらではタカサゴユリが咲き始めましたか。
先日、わが家にオオハンゴンソウが出現したと書きましたが、アラゲハンゴンソウではないかとのコメントをいただきました。
2008年08月08日 18:32
信徳さん、今晩は。
ハマカンゾウもニッコウキスゲも同じ仲間ですね。違いがどの様に有るのか?解っていません。海岸に生えるからハマカンゾウ、山に生えるからニッコウキスゲの差ぐらいしか解っていません。
タカサゴユリとルドベキアの生存競争は面白そうですが、ここの庭園管理者の判断がどう下るかで決まりそうです。全く自然のままでは無くて、ある程度の方針に従って管理している様ですので。
2008年08月08日 18:37
OSAMIさん、今晩は。
ハマカンゾウとノカンゾウは良く似ている様ですね。その違いですが、冬に枯れないのがハマカンゾウで、枯れるのがノカンゾウと資料に有りました。ここのハマカンゾウが冬に枯れるか、枯れないか確認してみます。
2008年08月08日 18:50
寅太さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、ハマカンゾウとノカンゾウは良く似ている様です。その違いですが、冬に枯れないのがハマカンゾウで、枯れるのがノカンゾウと資料に有りました。ここのハマカンゾウが冬に枯れるか、枯れないか確認してみようと、思っています。
ルドベキア、オオハンゴンソウ、アラゲハンゴンソウと色々種類がある様ですね。今度御用邸に行った時、荒毛が有るかどうか確認してみましょう。
2008年08月09日 01:42
こんばんは。
沼津御用邸記念公園のハマカンゾウはオレンジ色の綺麗な花ですね。
ハマカンゾウ、ノカンゾウ良く似ていますが、両方の花が一日花だとは思いませんでした。広い公園にオレンジ色の花が一面に咲いて見事です。
真っ白いタカサゴユリは背が高いですね、松林をバックに沢山の花を咲かせていますね。2mはあるようですが、近くですと見上げるようですね。
2008年08月09日 13:25
こんにちは
ハマカンゾウは初めて見た感じです。一重咲きなのですね。タカサゴユリは此方ではあまり見かけませんません。みせていただきありがとうございます。
2008年08月09日 18:20
ハマカンゾウ、ノカンゾウは良く似ています。ハマカンゾウは冬に枯れず、ノカンゾウは枯れると資料に有りましたので、冬に確認しようと思っています。この花だけでなくヤブカンゾウも一日花です。背の高いタカサゴユリと背比べをしましたが、見上げる位置に花が有りました。背の高い外国美人と話をしている感じでした(笑)。全てのタカサゴユリが背丈が2mでは有りません。何故なのか解っていません。
2008年08月09日 18:26
chiharuさん、今晩は。
ニッコウキスゲを含め、ユリ科、ワスレグサ属の花は皆、良く似ています。そちらにはタカサゴユリは見られませんか。こちらでは山だけでなく、民家の庭でも良く見かけます。

この記事へのトラックバック