箱根湿生花園の花(その4)

乾生林区の花
 レンゲショウマ、キレンゲショウマ、ホソバシュロソウ、ヤマトリカブト、サラシナショウマ

 落葉広葉樹林の中の道を進むと、両脇に色々の山野草が咲いていた。初めてのものや、久し振りのものもあり感激しながらの撮影だった。

《レンゲショウマ》
 一昨年の山行きで見て以来であった。少し離れていたが何とか腕を伸ばして、俯いている花を下から撮影出来た。薄紫の縁取りが何とも可愛い。
画像画像

<レンゲショウマ(蓮華升麻)>
  キンポウゲ科、レンゲショウマ属
<特徴>
  多年草
  薄い紫白色の花、花径3cm程度
  花を下向けに咲かす
  深山の樹下に生える
  葉が晒菜升麻に似ている
  草丈は70cmまで

《キレンゲショウマ》
 キレンゲショウマは上のレンゲショウマとは別の林の中に生えていた。初めての花なので近くで観察したかったが、木道から数メートル離れた場所だったのでズーム撮影となった。
 花弁は水平に開かないのでレンゲショウマには似ていないと感じた。ブログを綴る中で、レンゲショウマはキンポウゲ科、キレンゲショウマはユキノシタ科と知った。単に色違いの名前の様だが、性質は大分異なるのだろう。
 しかし、俯きかげんに咲く所は同一で、この花も下から撮影したかったが離れていて不可能だった。
画像画像

<キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)>
  ユキノシタ科、キレンゲショウマ属
<特徴>
  多年草
  7~8月ユリ状の黄色い花を横向きに数個咲かせる
  花の径15mm程度、長さ30mm、花弁は5枚
  ぶな林帯の草地に生える
  草丈1m以下
  葉は対生し葉茎は長く葉先は大きく割れる

《ホソバシュロソウ》
 日陰の中に暗褐色の花なので危うく見損なう所だった。何方かのブログで見ていたので幸いにして気付いて見る事が出来た。私がデジカメを向けていると、横から「何を撮影しているのですか?」と、問われたのでこの花を指差すと、「あら、花が咲いていたんだ!珍しい花ですね!」。
 殆どの人は気付かないで通り過ぎる様だった。
画像画像

<ホソバシュロソウ(細葉棕櫚草)>
  ユリ科、シュロソウ属
<特徴>
  多年草
  日当たりのよい山地の林縁、草地に生える
  葉は茎の下部に集まってつき、根元に古い葉の繊維が黒くシュロ状に残る
  暗褐色の花が珍しい

《ヤマトリカブト》
 猛毒植物として有名なヤマトリカブトが木道に寄りかかる様にして咲いていたのにはビックリした。垂れ下がった長い茎に花を沢山付けていたが、こんなに沢山の花を付けていたものは初めて見た。
画像画像

<ヤマトリカブト(山鳥兜)>
  キンポウゲ科、トリカブト属
<特徴>
  宿根草
  8~9月咲き
  すこし高地の林の縁や草原に生える
  花茎は細長く伸び葉脇に兜状の集団花を列状に咲かせる
  花茎が垂下がることも多い
  草丈70cmまで
  猛毒植物

《サラシナショウマ》
 サラシナショウマは香貫山でも観察している。しかし、香貫山では11月上旬であったから、ここ湿生園では随分と早い開花だ。資料を見ると花期は8~10月とあるのでおかしくは無い。林の中に、人の背丈程に伸びた大きな株も有った。
画像画像




 フシグロセンノウ、他の花も咲いていたが省略する。
 今日は伊豆市にある虹の郷に行って来た。歩数は7,118歩、今週の累計歩数は35,364歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2008年08月31日 20:23
レンゲショウマ、キレンゲショウマ、トリカブト、サラシナショウマ・・素晴らしい山野草が目白押しですね。箱根湿性花園は凄いです。
2008年08月31日 21:51
ホソバシュロソウが綺麗に撮れています、以前小石川植物園の日当たりのよい所で少し痛んでいる感じのシュロソウを取り上げましたが、こちらのものは本来の色が出ているようで良い感じですね。
レンゲショウマと種の違うキレンゲショウマは丸い蕾の感じだけが似ているように見えますし、綺麗なサラシマショウマがこんなに咲いているのは驚きです。
2008年09月01日 09:09
信徳さん、今日は。
私も箱根湿生花園の山野草の種類の多いのにはビックリしています。箱根に無い品種も集めて有りますので、山野草の観察には良い所だと認識しました。これからも時々行こうと思っています。
2008年09月01日 09:15
OSAMIさん、今日は。
ホソバシュロソウはOSAMIさんの所で見させて戴いたお蔭で見損なわずに済みました。珍しい花でした。もう少し明るい所に有れば撮影も楽で、もっと良い色も出たかなと思っています。確かに、レンゲショウマとキレンゲショウマの共通点には蕾の丸さが有りますね。サラシナショウマはどの株の花序も綺麗な花を付けていました。
寅太
2008年09月01日 10:15
まってました。これらは乾生林区の花なんですね。
レンゲショウマ綺麗です。キレンゲショウマは名前は期待させますが、実物はちょっと。でも珍しい花ですね。
そして猛毒植物にサラシナショウマ、秋の代表的な花ばかりです。
最後に残したのはホソバシュロソウ。偶然、私の9月のスタートはシュロソウです。小さな花なのに拡大画像は素晴らしい。見学者が見落すのもわかります。
ホソバシュロソウとシュロソウの違いはよくわかりませんが、後で調べてみます。
わが家もホソバシュロソウかもしれません。
2008年09月01日 18:30
寅太さん、今晩は。
キレンゲショウマももっと近くで撮影できれば、素晴らしい素顔を見れたかもしれません。確かに、名前からは期待をさせられました。トリカブトは見れるかと思いましたが、サラシナショウマまで見れるとは思っていませんでした。大きな姿で、綺麗な花を見れて満足でした。
先程、そちらに寄ってきました。シュロソウとホソバシュロソウは良く似ています。兄弟の様ですね。暗い中でしたので、見落とす人が多かったです。
2008年09月01日 19:44
今晩は
黄レンゲショウマは初めて見せて頂きました。
私の秘密の場所でトリカブトを撮りに行きましたが早すぎました。
今週末頃再び行ってみます。
綺麗な花たちを見せて頂き有り難う御座います。
2008年09月01日 22:13
こんばんは。
レンゲショウマ、淡い色した綺麗な花ですね。下を向いて咲いている姿が何ともいえず美しい姿です。キレンゲショウマは開花していますね。とても綺麗に撮られています。レンゲショウマとキレンゲショウマは科も違いますし蕾が丸い以外は似ていないように思いますが・・。
ホソバシュロソウ、ヤマトリカブト、サラシナショウマ、珍しい花々をご覧になられましたね。箱根湿生花園には沢山の種類の植物が咲いていますね。
2008年09月01日 22:24
chiharuさん、今晩は。
私もキレンゲショウマは初めてでした。chiharuさん秘密のトリカブトの場所があるとは、羨ましいですね。ブログで見せていただくのを楽しみにしています。
2008年09月01日 22:27
杏さん、今晩は。
杏さんも御岳山でレンゲショウマとキレンゲショウマを見られたのでしたね。御岳山では群生している様を見られたでしょうが、箱根湿生花園では群生はしていませんでした。しかし、色々の山野草を見られたので満足しています。

この記事へのトラックバック