箱根湿生花園の花(その3)

草原区の花
 カリガネソウ、サクラタデ、シャジクソウ、ゴマナ、ユウガギク

 箱根湿生花園の内部は8区に分けられている事は、本シリーズ(その1)に載せた園内案内図に示されている。その区分毎にこの先綴れば良いのだが、当日は園内を右往左往しながら撮影した為に区分毎に画像が整理できていないし、記憶も不正確だ。
 そこで、多少間違いがあるかも知れないが、草原区、湿生林区、乾生林区、湿原区等に分類して綴る事とする。
 草原区には本シリーズ(その1)、(その2)で綴った草花も咲いていたが、それらを除いて以下に掲載する。

《カリガネソウ》
 初めて実物を見たが、写真を見てイメージしていた物よりも小さく感じた。未だ蕾が多く有るので花の最盛期はこれからの様だった。少し離れた所に有ったのでこれ以上拡大撮影したものはピンボケになってしまった。
画像画像

<カリガネソウ(雁草)>
  クマツヅラ科、カリガネソウ属
<特徴>
  多年草
  8~9月咲  山地の縁などに生える
  薄い水色と濃い青のツートンカラー
  花の長さ3cm程度、オシベの形が面白い
  葉は対生、全草から異臭がする

《サクラタデ》
 香貫山で見たシロバナサクラタデよりはピンクぽいが、資料で見るサクラタデよりはピンク色が薄い。ここでは一応、サクラタデとして置く。資料を見ると雌雄異株とある。左のアップで撮影した花を見ると、8本の雄しべは見えるが雌しべが見えないので、多分雄花なのだろう。
画像画像

<サクラタデ(桜蓼)>
  タデ科、タデ属
<特徴>
  湿地や水辺に生える多年草
  葉は互生、草丈は50~100cm
  花期は8~10月、雌雄異株
  花被は淡紅色で5深裂、雄しべは8本、花柱は3個 
  雌花は長い雌しべと短い雄しべ、雄花は短い雌しべと長い雄しべがある

《シャジクソウ》
 シャジクソウ(車軸草)は同じマメ科のシロツメクサやアカツメクサと同属で、その属名となっている。個々の花は良く似ているし、花の付き方も似ている。属名の実物を初めて見て、属名が納得出来た。
 名前の由来は葉が茎のまわりに車輪状に付くことからだと言う。
画像画像

<シャジクソウ (車軸草)>
  マメ科、シャジクソウ属
<特徴>
  多年草
  山地の乾いた草原などに生える
  花は紅紫色
  葉が茎のまわりに車輪状につく(車軸草の名の由来)
  箱根には無い

《ゴマナ》
 キク科の花は良く似ているので名前の特定に苦労するが、この花の横に説明板があるので間違いは無いだろう。
画像画像

<ゴマナ(胡麻菜)>
  キク科、シオン属
<特徴>
  多年草
  9~10月咲き
  山地の草原や道沿いに生える
  野菊の中では花が小さく花径13mm程度
  草丈1.5mまで
  箱根には無い

《ユウガギク》
 これにも説明板が有ったので間違いないだろう。名前の由来はユズ(柚)に似た香がする菊とあるが、どの資料を見ても?マークが付いている。今度、確認して見る事にしよう。
画像画像

<ユウガギク(柚香菊)>
  キク科、ヨメナ属
<特徴>
  8月中旬~9月中旬に咲く
  名前の由来はユズ(柚)に似た香りのする菊
  草丈1.5mまで
  箱根にも普通に有る

《オトコエシ》
 オトコエシは香貫山でも見ている。同じ科のオミナエシが咲いている近くにオトコエシも咲いていた。一昨日のオミナエシの画像を横に並べて置く。
画像画像
             (オトコエシ)                   (オミナエシ)
 今日は朝から雨で、午後になって上がったがウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月30日 19:26
標高650mは思ったほど高くはないのですね。でもこれだけの高山植物が咲いているし、ヒマラヤの青いケシも有ると聞いています。環境がよいのでしょう。
2008年08月30日 21:09
サクラタデにはアブか蜂のような昆虫が来ていて良いタイミングですね、シャジクソウというのは初めてですが面白い葉と綺麗な色の花が良いなと思います。
plysima
2008年08月31日 00:17
湿生花園にサクラタデが咲き始めていましたね。実はうちにも買ってきたサクラタデを植えてあるのですが、まだ咲きません。そろそろだと思うのですが。
寅太
2008年08月31日 11:48
サクラタデは雌雄異株でしたか。まだ咲いてはいませんが庭の花を観察してみます。
シャジクソウは初めて見ました。面白そうな花です。
説明板がなければユウガギクもゴマナも正確には答えられません。
2008年08月31日 18:27
信徳さん、今晩は。
調べてみて650mは少し意外に私も感じました。ヒマラヤの青いケシの標識が有りました。来年には訪れてみる積りです。
2008年08月31日 18:30
OSAMIさん、今晩は。
サクラタデを撮影している時には蜂には気付きませんでした。写真を見たときに初めて知りました。何処を見ていたのでしょうかね(笑)?私もシャジクソウは初めてでした。
2008年08月31日 18:35
plysimaさん、今晩は。
湿生花園のサクラタデは咲き始めた所でした。plysimaさんのサクラタデも、もうすぐ咲き始めることでしょう。タデ科の花にしては可愛い花ですよね。ブログアップを楽しみにしています。
2008年08月31日 18:45
寅太さん、今晩は。
サクラタデは雌雄異株で有った事をすっかり忘れていて、どちらの花なのか、またもう一方の花を探し忘れてしまいました。次に行った時に探してみようと思います。寅太さんの庭の花がどちらなのか楽しみにしています。シャジクソウはアカツメクサが丸くなり損ねた、生育不良の様に感じました(笑)。キク科の名前は説明板が無ければ、自信を持って綴れません。
2008年08月31日 19:27
こんばんは。
綺麗ですね~。サクラタデの花が咲いていましたか?
サクラタデの花を見たいと思っていますが、なかなか見られずにいます。
シャジクソウも綺麗な羽根を広げていましたね~。カリガネソウも長いシベを反らして優雅に咲いていますね。葉に触ったら凄い臭いが消えないで困りました(笑)オトコエシ、オミナエシ、白い花と黄色い花を両方ご覧になれて良かったですね♪
2008年08月31日 20:50
杏さん、今晩は。
サクラタデはタデ科の花とは思えない程、綺麗です。そのうちにご覧になれると思います。カリガネソウには臭いがあると聞いていますが、今回は離れていた為に触る機会が無かったです。それが幸でしたかな?今後も気をつけましょう(笑)。

この記事へのトラックバック