沼津海岸線ウォーキング  口野(その4)

《番外編》 白石の石棺

 狩野川放水路の長岡トンネルを越える為に、国道414号線から一般道を迂回して放水路に戻ったことは昨日綴ったが、今日はその迂回路の模様を綴る事とする。
 414号線を歩いて行くと、池のある綺麗な公園があった。公園入口に回りこんで標識を見たら、大堤池親水公園とあった。
画像
              (国道414号線沿いにある大堤池親水公園)

 池には大きな噴水や木製の橋が架かっていて、池の周りだけでなく池上でも水に親しめるようになっている。
画像
                 (橋の途中には東屋も2ヶ所に有る)

 公園入口の案内板に「大堤池は江戸中期に築造され、水源に恵まれなかった当地域の補給水として重要な役割を担ってきた。近年になって放置されていた物を親水公園として整備した」と記されていた。
 国道を左折して放水路に向かう道沿いに「白石の石棺入口 40m手前」と分かり難い標識が有った。40m戻っても民家の塀の上を歩く感じの所しかない。他には入口らしき所は無いのでそこを進んで行くと、それらしき小屋が見えて来た。
画像
                     (白石の石棺の展示小屋)

 説明文を読むと、近くの雑木林の窪みに露出していた石棺を保護保存の為に、この場所に移転させたとある。
画像画像
                      (白石の石棺)

 棺体の箱の部分は、全長2.3m×幅1.5m×高さ1.0mの直方体で、かまぼこ型の蓋の高さは88cmで縦横ほぼ同じとある。
 更に説明文には「旧地形より推定すると、最初は山麓の緩傾斜面を利用して造営された古墳(円墳)中に埋蔵された石棺と考えられ、これが後世何らかの理由により墳丘の土を取り除いたため、窪みの中に露出石棺となっていたと思われる。」とある。
 参考までに、説明文全体を以下に載せる。
画像
                     (白石の石棺の説明文)

 上記の説明文の冒頭には、「くり抜き式の組合せ石棺としてはその豪壮な点において北江間大師山一号横穴の石棺と共に当町石棺の双璧をなすもので、全国的にもまれに見るものと言われる。」と記されている。
 伊豆の国市の北江間にも大規模な横穴群が有ると、既に8月1日の江浦横穴群の中でも綴ったが、この石棺は沼津近隣に多く存在する横穴群と何やら深い関係がありそうだ。
 北江間の横穴群も何時か見に行こう、と考えながら歩いて行くと、先程の白石の石棺が置かれてあった小屋の裏側の山の斜面に横穴らしきものが2つ見えた。周りを見渡したが標識等、参考になりそうな物は何も無かった。
画像
                   (新しく発掘中の横穴群か?)

 やはり、この近辺には横穴の遺跡がまだまだ多く有りそうだ。
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,518歩。今週の累計歩数は25,252歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月21日 20:43
農業用の溜池が綺麗な公園になったのも良い感じですし、白石の石棺も立派な形状をしていてなかなか珍しい石棺のようですね。
2008年08月22日 05:48
歴史的に見ても貴重な石棺でしょうから国立博物館などに保管したらよいのでは?と思うのですが・・・溜池に架かる橋も面白く工夫していますね
寅太
2008年08月22日 10:42
石を加工する十分な工具もない時代に、こんな大きな石棺をどのようにして作るのでしょう。
加工し易い石でも、数人で何ヶ月もかかったのでしょう。
2008年08月22日 17:51
OSAMIさん、今晩は。
大堤池親水公園を訪れた日に、公園内の草刈作業が行われていました。お蔭で、公園内がさっぱりと綺麗になっていました。朝晩の散策がし易くなるでしょう。白石の石棺は初めて見ました。これと同じ様なものが、この近所には未だ有るのではないかと思いました。
2008年08月22日 17:57
信徳さん、今晩は。
そうですね、この白石の石棺は屋根の下に置かれてはいますが、誰かが悪戯をしようと思えば簡単に出来ます。歴史的にも貴重なものと思いますので、国立博物館などに保管したらよいと、私も思いますね。大堤池に架かる橋は洒落た構造になっていました。
2008年08月22日 18:02
寅太さん、今晩は。
横穴群もノミで削った跡が残っていましたので、現在の鉄で出来たノミでなく固い石か、金属で出来た道具が使われたのでしょうね。道具が少なかったでしょうから、人海戦術で長い時間掛けて造ったと思われます。
2008年08月22日 23:47
こんばんは。
大堤池親水公園は大きな公園ですね。
江戸時代に築造された水源池だそうですが、木製の素敵な橋が架かっていて東屋や噴水がある綺麗な公園ですね。
「白石の石棺」は初めてです、以前に「江浦横穴群」を見せていただきましたが、伊豆には貴重な遺跡が沢山あるようですね。
2008年08月23日 15:50
杏さん、今日は。
この大堤池のある辺りは川が無くて昔は水に苦労した所だと思います。それで溜池を造ったと思います。放置されていた溜池を住民の為に整備したのでしょう。なかなか綺麗な公園になっています。
沼津や伊豆長岡の辺りには古墳の遺跡が多く有りそうです。これからも調べてみようと思っています。

この記事へのトラックバック