沼津海岸線ウォーキング  口野(その2)

狩野川放水路(前半)

 口野橋から見た狩野川放水路を再度載せる。ここから狩野川の分流堰地点までの狩野川放水路を歩いたので、今日と明日でそれを綴る。
画像
                   (駿河湾への放水路出口) 

 狩野川から分流された水は放水路でショートカットされて江浦湾から駿河湾へと流れ出る。
画像
                (放水路を背に口野橋から見る江浦湾)

 狩野川放水路の略図が途中の放水路土手に有ったので以下に載せる。
画像
              (狩野川放水路略図 2回クリックで拡大可)

 狩野川放水路は口野トンネルから長岡トンネルを抜けて伊豆の国市の狩野川分流堰まで全長は約3kmある。トンネルの大きさは縦11m、横12mで3階建ての校舎(10m×11m)よりも少し大きいと記されている。
 口野トンネルを抜けると、狭い海岸とは異なって広い平地に出る。
画像画像
         (左に放水路、右に国道414号線が平行して東に向かう)

 放水路の土手には「放流警報」の看板が立てられていて、放流する前にはサイレンが5回鳴動するとある。平時と放流時の水位の差も記されている。
画像
                        (放流警報)

 口野トンネルから約500mの所に長塚橋が架かっている。橋上から放水路の上流と下流を見る。
画像画像
           (長塚橋から上流を見る)          (長塚橋から下流を見る)

 放水路のほぼ中間地点には珍野橋がある。そこから上流と下流を見る。上流方向は直ぐに長岡トンネルになる。
画像画像
           (珍野橋から上流を見る)           (珍野橋から下流を見る)

 この放水路は昭和40年に完成している。建設に着工したのが昭和26年だから14年も経かったことになる。工事途中の昭和33年には、狩野川台風で死者不明者1,269名の大災害を起こしている。工事が早く終わっていれば、あの大災害は起こらなかったと思うと残念でならない。
 珍野橋の先は一端国道414号線に出て、山裾を巻いて放水路に出る道を進む。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は7,943歩。今週の累計歩数は16,734歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月19日 20:47
今晩は
今は放水路ができで千人以上の被害を出した痛ましい事故はもう起こらないことを祈るばかりです。
2008年08月19日 21:30
河川改修の一環工事で放水路などを作り防災対策をされてきたんですね。一枚目の画像の水の色が極端に緑色をしているのですがどうしてでしょうか?
2008年08月19日 21:51
chiharuさん、今晩は。
今年は、狩野川台風の被害が発生してから50年になります。最近の異常気象が多く発生して中では、100%安全と言う事は無いかも知れませんが、大きな被害が出ないことを祈るだけですね。
2008年08月19日 22:04
信徳さん、今晩は。
狩野川の安全対策の一環に放水路作成が含まれていたのですね。この放水路が早く出来ていれば大災害にならなくて済んだのですが、残念な事でした。放水路出口の水の色ですが、一つは山の緑が映しこんでいること、二つはここの水は流れが無いので淀んでいる為かと思います。今度訪れた時に再確認してみましょう。
2008年08月19日 23:46
記録で狩野川台風のことは知っていましたが放水路着工後だったとは知りませんで本当に残念な災害だと思います、地図を見ると伊豆長岡付近からの放水路でなかなか良い位置に有るように思いますし、トンネルも1000メートルくらいの長いもので戦後の時代では大変だったと想像します。
寅太
2008年08月20日 17:04
普段は放流してないようなので、建設して何回くらい放流しているんでしょうね。
約3キロの掘削で14年かかり、この間に大きな被害がでたのは、誠に残念でした。
工事期間では、玉川上水が羽村からお江戸まで92キロを、土木機械もない時代に8ヶ月で完成はとても信じられません。
2008年08月20日 17:12
こんにちは。
今は静かに流れている狩野川も以前には痛ましい災害を起こしているのですね。地球温暖化の影響もあるようですが、今まで経験した事の無いような降水が地域的にあるようです。上流の雨量などによって下流の水量は急激に増水します。
狩野川放水路、長い年月をかけて建設され放水路が出来て災害も無くなりますね。
2008年08月20日 17:51
OSAMIさん、今晩は。
私も狩野川台風の被害にあってから放水路の工事を始めたと思っていましたが、今回調べていて初めて被害にあう前から建設に着手していた事を知りました。仰る通り、狩野川が海に一番近づくのが伊豆長岡近辺ですから、ベストポジションかも知れませんね。口野トンネルは100m程ですが長岡トンネルは1kmあり、しかも3本も掘るのだから期間が長く経ったかもしれません。
2008年08月20日 18:00
寅太さん、今晩は。
放流回数に付いては解りません。10回/年位は有るのでは、と思います。建設後43年経過していますので、43×10=430回と推測しますが・・・?狩野川放水路に比べて、玉川上水92キロを江戸時代に8ヶ月で完成はとても信じられませんね。狩野川放水路の方は、工事だけでなく、土地の確保や江の浦湾漁民との漁業補償の問題等に時間が掛かったかも知れません。
2008年08月20日 18:14
杏さん、今晩は。
放水路が出来、護岸工事が完成したお蔭で大きな被害は出ていませんが、支流の増水被害はまだ発生しています。これら支流への対策や本流の補修等を今後も確実に行っていく必要が有りますね。

この記事へのトラックバック