健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田貫湿原の花(その1)             

<<   作成日時 : 2008/08/16 19:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

 チダケサシの群生、ヌマトラノオ、コオニユリ、シシウド 

 小田貫湿原(こだぬきしつげん)でチダケサシの群生が見られるとの情報を元に先日、訪れてみた。小田貫湿原は富士山の西側にある田貫湖(たぬきこ)の北側にある湿原だ。ちなみに、田貫湖は富士山のビューポイントとしても有名だ。
画像
                        (小田貫湿原)

 チダケサシに付いては8月5日の袴腰岳ウォーキングの中で、愛鷹山の水神社付近で見たものを綴った。小田貫湿原はこの水神社とほぼ同じ標高なので丁度見頃かな、と思って出かけた。 
 しかし、多くの株では花が終わり、花が残っている株でも花序の下半分は既に茶色になっていた。
画像画像
                    (チダケサシの群生?)

 1〜2週間遅かった感じだ。同じ標高でも半日陰の山中の林道と、日当たりの良い湿原では花の最盛期は異なるのだろう。
 小田貫湿原を一周してみた。トラノオに似た花が咲いていた。花穂が真っすぐ立っていて、湿原に生えているのでサクラソウ科のヌマトラノオ(沼虎の尾)だ。
画像画像
                       (ヌマトラノオ)

 鮮やかな朱色のオニユリが咲いていると思い、近づいて茎を見るとムカゴが付いていない。花も少し小さめなのでユリ科のコオニユリ(小鬼百合)だ。
画像
                          (コオニユリ)

 湿原のところどころに背の高い植物が白い線香花火の様な花を咲かせていた。セリ科のシシウド(猪独活)だ。
画像画像




                    (シシウド)

 一番上の小田貫湿原の案内板を見ると、珍しい山野草が生えるとある。これからも時々来てみる事としよう。

<ヌマトラノオ(沼虎の尾)>
  サクラソウ科、オカトラノオ属
<特徴>
  多年草
  7〜9月咲き
  日当たりの良い山地の川や沼沿い、湿原に生える
  丘虎の尾のように花が曲らず直立する
  さくらそうに似た花形の5弁の白い花
  茎は赤みがさす、草丈50cm以下

<コオニユリ(小鬼百合)>
  ユリ科、ユリ属
<特徴>
  多年草
  7〜8月咲き
  草原から高山まで生える
  花径8cm程度で鬼百合より少し小型
  鬼百合のように葉脈に珠芽を付けない
  草丈1mまで

<シシウド(猪独活)>
  セリ科、シシウド属
<特徴>
  多年草
  8〜9月咲き
  湿気の多い肥沃地に生える
  咲いている姿は大型の線香花火の様
  草丈3mまでで大型

 今日は江の浦湾沿いの口野地区を歩いて来た。歩数は10,184歩、今週の累計歩数は42,093歩/6日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
田貫湖はダイヤモンド富士を見る一番のビューポイントだと聞いています富士山の見られる多くの所に山野草の咲く場所が多くあるのですね。まだ山野草を見る為に山梨県・静岡県に行った事は有りません。来週に初めて明野にヒマワリを撮りに行きます。富士山が見れれば良いのですが。
信徳
2008/08/16 21:46
チダケサシの群生少し遅かったのは残念な処でしたね、ヌマトラノオやコオニユリが綺麗ですし、線香花火のようなシシウドはタイミングも良くて良い感じだと思います。
OSAMI
2008/08/16 22:16
こんばんは。田貫湖って富士山を見にいつか行ってみたいと思っているんですよね〜。ヌマトラオきれいですね。
plysima
2008/08/17 00:11
富士山の周りに田貫湖があるとは知りませんでした。
地図を見たら確かに白糸の滝の近くにありました。
チダケサシの時期には少し遅かったようですが、コオニユリ、ヌマトラノオ、シシウドなどは収穫でした。
田貫湖は富士六湖に昇格させるには、少し遠くて小さいでしょうか。
寅太
2008/08/17 06:32
信徳さん、今晩は。
そうですね、田貫湖からはダブル(湖に映った姿も入れて)のダイヤモンド富士が見えます。その日は写真家が多く集まって、混雑するそうです。最近は朝早い時間ならば富士山が出ていますが、必ずではないのが自然界の常です。明野のヒマワリと富士山の景色が見れる事を願っています。
デコウォーカ
2008/08/17 19:51
OSAMIさん、今晩は。
チダケサシの群生は来年に持ち越します。その他の山野草が見れたので、今回は良し、としています。
デコウォーカ
2008/08/17 19:53
plysimaさん、今晩は。
私も今回、田貫湖にも行ってきたのですが、富士山はスッポリと雲の中でした。別の機会に行こうと思っています。ダイヤモンド富士を狙ったらどうですか?ヌマトラノオも少し遅かった様でした。
デコウォーカ
2008/08/17 19:57
寅太さん、今晩は。
田貫湖は発音だけですと、「狸」湖と思ってしまいます。実は、私は最近まで狸湖と思っていました(笑)。小田貫湿原は「子狸」湿原ですね(笑)。チダケサシの群生は来年、又狙います。今回はその他の山野草に出会えたので満足しています。田貫湖を富士六湖に格上げするのは、面白いですね。富士山の世界遺産登録にも良い影響がある様に思いますね。
デコウォーカ
2008/08/17 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田貫湿原の花(その1)              健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる