大菩薩峠ウォーキング(その1)

雲峰寺登山口~千石茶屋~上日川峠

 今日から3回に分けて、先日訪れた大菩薩峠ウォーキングに付いて綴る。途中の千石茶屋付近にあった案内図を最初に載せる。
画像
                (大菩薩連嶺案内図 2回クリックで拡大可)

 今日は、上の案内図左下の雲峰寺登山口(900m)から中央下の上日川峠(1,600m)までを綴る。雲峰寺からは舗装された林道を進む。丸川峠入口の分岐地点を右に折れ上日川峠に向かう。ここからは舗装の林道から分かれて登山道に入る。
画像
                        (丸川峠入口)

 30分ほど歩いて千石茶屋に到着するが、茶屋は閉まっていた。小休止中に冒頭の案内図を見ると、記載されてある歩行時間と同タイムであった。近くの草むらの中にツリフネソウが一株、咲いていた。
画像
                        (ツリフネソウ)

 登山道は林の中で、夏の強い日差しを遮ってくれるので助かるが、風が無く蒸し暑い。
画像画像
          (林の中の登山道)       (下から見上げたホウノキの葉が鮮やかだ)

 登山道脇の樹木が途切れた所に第一展望台があったが、遠くは曇っていて眺望がきかない。写真を撮って休まず通過した。
画像
                       (第一展望台)

 登山道脇にヤマホトトギスが咲いているのを見つけた。陽が差し込んでいなくて暗い為、ピンボケになってしまった。
画像
                       (ヤマホトトギス)

 登山道脇の樹木が途切れて、第二展望台に着いたが、ここも第一展望台と同様で遠くを展望出来ない。直前で小休止していたので、そのまま通過。今回の山行も眺望に恵まれない予感がしてきた。 
画像
                       (第二展望台)

 登山道脇は低い笹が生えている所が増えてきて,、それにつれ山野草との出合が増えてきた。
画像画像
              (ソバナ)                    (ミヤマカラマツ)
画像
                        (フシグロセンノウ)

 雲峰寺登山口をスタートして、約2時間で上日川峠に到着した。冒頭に載せた案内図の歩行時間よりも5分遅れで歩いた事になる。
画像
                 (上日川峠のロッジ長兵衛)

 この峠にはロッジ長兵衛と言う立派な山小屋があり、お店を覘きながら暫しの休憩を取った。

<ソバナ(蕎麦菜)
  キキョウ科、ツリガネニンジン属
<特徴>
  多年草
  8~9月に薄い水色の花を咲かせる、花の長さ3cm程度
  半日陰から日当たり地までの山地に生える
  葉は互生する
  細長い花茎を伸ばし、花は茎の一方に偏って下向きに咲く
  草丈1m以下
  似ているツリガネニンジンは花や葉が輪生する

<ミヤマカラマツ(深山唐松)>
  キンポウゲ科、カラマツソウ属
<特徴>
  深山の林内に生える多年草、茎は30~80cm
  葉は2~3回3出複葉で長い柄がある
  小葉は長楕円形で縁に鈍い鋸歯がある
  花弁は無く萼片は早く落ちてしまう
  白く見えるのは花糸、先端の黄色部が雄しべ
  花糸が急に太くなる、カラマツソウは花糸の根元から徐々に太くなる
  
<フシグロセンノウ(節黒仙翁)>
  ナデシコ科、センノウ属
<特徴>
  多年草
  谷筋の明るい落葉広葉樹林や林縁に生育する
  7~10月、朱色の美しい花を咲かせる
  茎は直立して節の部分がやや太くなって黒ずむ
  葉は茎の中部から下につき、対生
  花は長い花茎の先端にまばらに付く。

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月13日 21:09
一枚目の看板に、クマ出没注意必要!と書いてありました。怖いですね!熊対策は大丈夫でしょうか?綺麗な山野草が出てくるとクマなど忘れてしまいますね。
2008年08月13日 22:34
数年前に大菩薩嶺に登ったとき同じコースを歩きましたけれど、その時も上日川峠付近で多くの車に出会い少しがっかりした記憶があります、その時は途中であまり花を見なかった記憶がありますが、今回はいろいろの花に出会えて良かったですね、ソバナ、フシグロセンノウが鮮やかで良いなと思います。
2008年08月14日 06:36
お早う御座います
この辺りにも熊出没、注意が必要ですね。
そんな中で素晴らしい風景と花たちを見せて頂き有り難う御座います。
寅太
2008年08月14日 16:37
大菩薩峠は行ったことがありません。雲峰寺が登山口なんですね。
ここは風林火山の旗があることで有名なので、何度か行きました。
晴れていたのに遠くが見えないのは残念でした。
フシグロセンノウは園芸店ではよく見ますが、ちゃんと自生しているんですね。
大菩薩峠はどんな花がでてくるか楽しみです。
2008年08月14日 18:53
信徳さん、今晩は。
鈴を買おうと思っているのですが、未だです。一人で行く時は必要ですが、あまり機会がないのでついつい延び延びになっています。花の写真を撮っていて襲われたら困りますね。
2008年08月14日 18:58
OSAMIさん、今晩は。
そうですね、上日川峠までは車が入れますね。今回も何台かいました。ここまで車で入れば2時間は歩く距離が減りますので楽になりますね。上日川峠に近くなった所で山野草との出合が多くなりました。それまでは少なかったです。
2008年08月14日 19:03
chihariさん、今晩は。
熊対策の鈴を早く買おうと思っています。一人出なければお喋りしていれば熊が近寄っては来ないと聞いていますので、一人で歩く時に鈴が必要と思っています。
2008年08月14日 19:09
寅太さん、今晩は。
雲峰寺には風林火山の旗が有るとは知りませんでした。ここの所、山に行っても山頂からの眺望に恵まれず、又行こうかなと思うことが多くなっています。その時には寄ってみましょう。大菩薩峠の山野草も期待していて下さい。

この記事へのトラックバック