沼津海岸線ウォーキング  多比(その5)

潮汐(満潮と干潮)

 多比(その2)~(その4)で記載した松の崎と千畳岩の写真を撮影した8月4日の12~13時頃は、この日の干潮時であった。
 満潮時には海水が何処まで来るのかを見る為に8月8日の10時~10時30分頃にもう一度訪れてみた。事前に天気予報で沼津市の満潮時を調べると9時54分であった。
 以下に満潮時の画像を載せるが、8月4日の干潮時の画像も比較の為に転載する。
画像画像
       (満潮時の千畳岩 8月8日)         (干潮時の千畳岩 8月4日)

 千畳岩は完全に海に沈んでいた。しかし、水深が浅い為に押し寄せる波には白い波頭が立っていた。
 向うの千畳岩も海に沈んでいた。海の上に誰か立って、海の中を覗きこんでいた。魚か、貝でも探している様だった。この画像は下に千畳岩が有る事を知らなかったら、信じられない光景になる。
画像画像
       (満潮時の千畳岩 8月8日)         (干潮時の千畳岩 8月4日)

 対岸から見た様子も以下に載せる。先ほどいた人は、もういなかった。
画像画像
       (満潮時の千畳岩 8月8日)         (干潮時の千畳岩 8月4日)

 天気予報では満潮時刻と干潮時刻は分かるが、潮位までは分からない。ネットで探してみたら、気象庁が発表しているデータがあった。沼津市近辺では内浦長浜のデータしかないが、長浜と多比は近いのでこのデータを見る事としよう。
 このデータによると、8月4日の干潮時刻は13時15分で潮位は26cm。8月8日の満潮時刻は9時56分で潮位は126cmとある。従って、潮位の差は100cmと、1mもある。現地では潮位差が1mもあるとは感じなかったが・・・。
 松の崎の写真を比較してみよう。
画像画像
       (満潮時の松の崎 8月8日)         (干潮時の松の崎 8月4日)

 岩場に見える白い蓋状の物と海面の位置関係を、陸上に置かれた小型漁船と比較すると潮位の差は1mくらいは有りそうだ。
 内浦の潮位データをもう少し見てみる。満潮時の最大の潮位は8月2、31日の171cmだ。すると、先ほどの8月8日の126cmよりも更に45cmも高くなるので、上の松の崎の写真で白い蓋は海に没するかも知れない。
 更に干潮時の最低の潮位を見ると、8月1日の3cmで最大潮位との差は実に168cmと少し低めの成人男子の背の高さもある。これは1ヶ月通しての最大の差だ。
画像画像
       (満潮時の松の崎 8月8日)         (干潮時の松の崎 8月4日)

 松の崎の海に突き出ていた岩場が先端の少し高い部分を残して中程まで海に没していた。満潮時の最大潮位は後45cm上がるので、手前の岩場も海に没するかも知れない。岩場の上のゴミは前回8月2日の最大潮位時の置き土産かも知れない。
 次に1日の差ではどうなるか? 1日で最大の差が出るのは大潮の時で、今月は8月1日で満潮時が170cm、干潮時が3cmで差は167cm。先ほどの1ヶ月内の最大差とほぼ同じだ。(大潮とは満月、新月の前後数日間の潮位の差が大きくなる事を言う。)
 1日で最小の差になるのは小潮の時で、今月は8月10日で満潮時が119cm、干潮時が116cmで差は3cm。殆ど潮の変化が無い。(小潮とは上弦の月、下弦の月の前後数日間の潮位の差が小さくなる事を言う。)
 潮位の変化が1日、1月の中でこんなに変化するとは知らなかった。地震発生直後のニュース速報で津波警報が出る場合、大潮の満潮時刻と重なるので特に注意する様にと報ぜられるが、その理由が良く解った。

 今日のウォーキングは都合で中止。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月12日 21:00
こんばんは
海のある風景は良いですね。
満潮と干潮の写真比較で楽しませて頂きました。
有り難う御座います。
2008年08月12日 22:51
干潮、満潮の違いを比較するところはデコウォーカさんならではの事です。大変面白い景色を見せて頂きました。満潮時に魚が集まるような場所を作っておきそれが干潮時に魚を捕れる生け簀のようなものは出来ないでしょうか?海を知らない人のアイデアですが?
2008年08月13日 02:15
こんばんは。
潮の満潮の時は千畳岩が見えないので景色が違って見えます。
左側の2番目の画像は記事の通り千畳岩を知らないと海の上に立っているように見えて驚きの光景です。手前の千畳岩の姿も見えないですね。満潮時に千畳岩が海面下になって、干潮になった時に千畳岩の岩が濡れていると滑りますね。千畳岩の上を歩く時は気をつけなければいけないようですね。画像をみせて頂いて干潮と満潮の違いが良くわかりました。
2008年08月13日 11:13
確か沖縄付近で珊瑚礁の周囲に網を設置しておき、干潮の時に魚を取る漁法を見た事があるまですが、ここもこれだけの面積があると面白い観光漁場になると想像するのは、綺麗な風景を冒涜していますかね(笑)。
信徳さんも同じことを考えたようですね。
寅太
2008年08月13日 17:12
遠くにあるのに月や太陽の引力はスゴイですね。
満潮時の波が千畳岩を洗っていくと、ますます平らになりますね。
2008年08月13日 19:24
chiharuさん、今晩は。
静かな海はのんびり出来ますし、心和みますね。千畳岩の所では満潮時と干潮時では景色が随分と変わります。大潮の時はなお更だと思います。
2008年08月13日 19:37
信徳さん、今晩は。
千畳岩と潮の変化は面白そうだったので、満潮時と干潮時の両方を観察しました。近い所なら、大潮の変化を半日追いかけると面白いと思いますが・・・。潮位の変化を利用しての漁は、何か有りそうですね。満潮時に男の人が千畳岩の上で何かを探していたのですから、それを手でなく網に入らせておき、干潮時に網から出せば良いのですね。機会が有ったら漁師に聞いて見たいですね。
2008年08月13日 19:46
杏さん、今晩は。
千畳岩の景色は満潮時と干潮時では一変しますね。男の人が立っている景色は千畳岩の存在を知らない人はビックリしますよね。千畳岩の上は古い貝殻が付着していたり、小さな穴が有って、岩の表面はツルツルではありませんから、そんなに滑りません。しかし、小さな凹みには海水も残っていますので注意は必要です。
2008年08月13日 19:53
OSAMIさん、今晩は。
信徳さんのアイデアが既に沖縄の珊瑚礁で実現されているのですね。上手く考えれば観光のひとつになり得ますね。自然とマッチした施設を作れば、綺麗な風景を冒涜した事にはなりませんね(笑)。千畳岩の近辺は釣りのポイントでもある様ですから、それと組み合わせるのも良いかも知れません。
2008年08月13日 19:58
寅太さん、今晩は。
そうですね、自然の力は凄いです。人間ではとても太刀打ち出来ません。この力をどの様に上手く生かすかは人間ならば出来るのですが・・・。信徳さんやOSAMIさんのコメントの様な事でもやりましょうかね(笑)。

この記事へのトラックバック