沼津御用邸記念公園の花暦

ハマナデシコ

 西御用邸の西庭と海側の芝生広場の間には松林が有るが、その海側に今、綺麗なハマナデシコが咲いている。特に、防風を目的としていると思われる沼津垣のある南側には紅紫色のハマナデシコと白色のハマナデシコが咲き乱れている。
画像
                   (沼津垣を背にしたハマナデシコ)

 この場所には潮風がもろに吹き付ける所で植物にとっては厳しい所であるが、ハマナデシコは元気に咲いている。ハマナデシコは草丈が20~50cmにもなり、葉は厚くて光沢があり海岸性の植物であることを良く感じさせる。次の画像では秋に黄色の綺麗な花を咲かせるイソギク(磯菊)と並んでいるがどちらの葉も、海岸で育つ面魂をしている。
画像
               (海辺で育つイソギクと共に葉は厚くて光沢がある)

 松林に近い所ではツワブキと一緒に生えている。
画像
                       (ツワブキとハマナデシコ)

 ハマナデシコの別名はフジナデシコ(藤撫子)で、その由来は花色が藤色(紅紫色)の為である。従って一番多い花が紅紫色であるが、これ以外に白色のものと赤色のものもある。赤や白は江戸時代からの品種改良の結果だと言う。以下にそれぞれの花を載せる。
画像
                       (紅紫色のハマナデシコ)
画像画像
          (赤色のハマナデシコ)         (白色のハマナデシコ)

 カワラナデシコは別名、ヤマトナデシコ(大和撫子)と呼ばれ昔の日本女性に譬えられるが、ハマナデシコはカワラナデシコ同様に可愛いが、現代の日本女性の逞しさを感じる。

<ハマナデシコ(浜撫子)>
  ナデシコ科、ナデシコ属
  別名:フジナデシコ(藤撫子)、ナツナデシコ(夏撫子)
  名前の由来:浜に生えるからハマナデシコ、別名のフジナデシコは花の色が藤色だから
<特徴>
  多年草
  7~9月咲き、浜辺の日当たりの良い崖地に生える 
  花径20mm程度
  葉の緑に紅紫色が美しい、赤花や白花品種もある
  
《番外編》 ハマボッスの実
 ハマボッスに付いては6月11日の沼津御用邸記念公園(その10)で綴った。そのハマボッスに実が付いていたので以下に載せる。
画像画像
                      (ハマボッスの実)  
  
 実は熟すと赤茶色に変化し、先端の角が落ちて小穴が開き、種子を散布すると言う。もう少し先で確認する事とする。

 今日は大井川上流の笹山に行って来た。歩数は12,184歩。今週の累計歩数は53,919歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年07月06日 20:55
ハマナデシコの群生が綺麗に咲いていますね、実は私も散歩の途中で見た家から種を頂いてきてプランターに蒔き、今年で2年目になって花を付けるくらいの大きさになっているのですが未だ花は見えません、この花は秋には沢山の種を付けますから、この場所に行って白とか綺麗な色の種を頂いて来たい気持ちです(笑)。
2008年07月07日 05:54
お早う御座います
ハマナデシコの花とても綺麗です。
紅紫色や赤色それに白花と三色そろって綺麗です。
野生のハマナデシコ穂を初めて見せて頂きました。
2008年07月07日 08:44
海に近い植物は何でも強いですね。やはり塩風に負けないためでしょうか?日本も世界に負けない国に復活したいものです。
寅太
2008年07月07日 16:41
ハマナデシコは初めてです。いっぱい咲いています。
時代が違えば、こちらがヤマトナデシコになったとの考察も面白い。
海岸のイソギクとよく調和しています。
ハマボッスは花からは想像できない変わった実ですね。
2008年07月07日 18:00
OSAMIさん、今晩は。
OSAMIさんのお宅でもハマナデシコの育成中ですか。早く咲くと良いですね。今年の秋に御用邸に行って実が生っているのを見てきましょう。その種をブログで送れると良いですがね・・・(笑)。
2008年07月07日 18:03
chiharuさん、今晩は。
私はハマナデシコの花は今回初めて見ました。海岸で潮風が当る所で、こんなに大きな株で沢山の花を付けているのに、ビックリしました。丈夫な花の様です。
2008年07月07日 18:11
信徳さん、今晩は。
海に近いところに生えている植物は、強かな強さを秘めている感じがします。葉の厚さや艶はその一つです。来月は北京オリンピックが始まりますが、日本人もハマナデシコの強さを見習って欲しいですね。
2008年07月07日 18:22
寅太さん、今晩は。
私も今回、初めてハマナデシコを見ました。ハマナデシコの逞しさを感じましたが、この逞しさを北京オリンピックの日本代表選手達が見習って欲しい物と思っています。そうですね、ハマボッスの花が坊さんが使う払子に似ていると言う事でしたが、ハマボッスの実の方が、何やら仏教関係の物に似ている様にも感じますね。
2008年07月07日 21:35
こんばんは。
松林の中にある沼津垣には蔦などが絡まりその下には沢山のハマナデシコの可憐な花が咲いていますね。
ハマナデシコの花は、まだ見たことがありませんが、可愛い花ですね。
イソギクやツワブキの間などにも咲いていますが花の色も白、濃いピンク、紅紫色などの色が咲いていて綺麗です。
2008年07月08日 19:01
杏さん、今晩は。
沼津垣に蔓植物が絡まっているのには気付きませんでした。このハマナデシコが生えている辺りは、自然のままになっているので植物の生存競争が激しく戦われている所でもあります。その中でもハマナデシコは背を伸ばして健気に咲いています。

この記事へのトラックバック