沼津海岸線ウォーキング  江の浦(その1)

マリンスポット

 獅子浜を南下した国道414号線は大久保の鼻を過ぎると一端北上し、右手に海を見ながらぐるりと一周する。これが駿河湾の最深部にある江浦(えのうら)湾だ。鷲頭山の中腹にある静浦中学校からこの江浦湾を見下ろしてみる。
画像画像
             (江浦湾)                (左画像の拡大)

 江浦湾は天然の良港に恵まれて漁業が盛んな他に、最近はマリンスポーツで賑わっている。生簀の横を大型ヨットやプレジャーボートが縦横に走っているのが見える。
 逆に、江浦湾の岸壁から鷲頭山を見上げた画像を次に載せる。
画像画像
 (江の浦側の大久保山は20~30m残された)   (山の中腹の白い建物が静浦中学校)

 大久保山の開発に付いては獅子浜(その1,2)で綴ったが、江の浦側の大久保山は20~30mの高さが残され、現在そこには沼津市の浄化センターの大きな建物が出来ている。そして港や民家を大久保山に代わって見守っている様だ。
 江浦湾沿岸の漁港はどうなっているのかな、と思いつつ歩いていると次の標識があった。
画像
                  (静浦地区の沿岸は全て静浦漁港だった)

 前回、獅子浜で私が綴った静浦漁港は狭い意味であって、大きな意味では志下(しげ)地区から口野(くちの)地区全てが静浦漁港なのだ。特に江の浦地区と多比地区の波打際は全て岸壁になっていて、小さな船ならば何処にでも着けられる。そして、それぞれの岸壁には江浦西方物揚場(1)、江浦西方物揚場(2)、多比岸壁等の名前が付けられている。
画像
                  (岸壁名が記入された告知板の一例)

 大久保の鼻にはマリンスポットが2つ有ったが、江の浦にもマリンスポットが2つある。どちらも夏休みを向かえて家族連れで賑わい始めた様だ。準備完了してこれから沖に出る舟もあれば、戻ってくるものもある。
画像
画像画像
                    (ヤマハマリーナ沼津) 

画像
画像画像>
                      (沼津マリーナ) 

 沖には大きな帆を立てたヨットが並んでいる。プレジャーボートも見える。空にパワードパラグライダーらしきものも飛んでいる。
画像画像
                      (涼しげなヨット)    

 今日はゴルフで暑さにも負けず歩いてきた。歩数は16,508歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年07月28日 18:38
この現代においてプレージャーボートや大型ヨットを持てるお金持ちが沼津には多いのですね。年金生活者はせめて健康だけでも豊かでありたいものです。
2008年07月28日 19:34
地形条件などの良いこの地域はマリンスポーツが盛んのようですが、憧れのヨットやプレジャーボートなどのマリンスポーツは簡単には手を出せないスポーツですよね、風景を楽しませていただきました。
寅太
2008年07月29日 10:19
海の近くに住んでいる人は、ヨットが涼しそうに見えるようですが、山の人から見ると海の画像だけで十分涼しくなります。
静浦中学校は3年間山腹の学校に通うだけで、足腰の鍛錬になります。
先日の大久保山の岩は怪獣に似ていると思っていましたが、背に大きな突起を持ったステゴザウルスでした。
2008年07月29日 17:55
湾内の沼津マリーナにはマリンスポーツをする人たちが大勢いますね。
真っ青な海に白い船が涼しそうです。
沖のヨットのカラフルな帆やプレジャーボート、パワードパラグライダーも高く飛んで夏らしい風景ですね。
夏休みに入って家族づれも多くなり賑やかなマリーナになりますね。
2008年07月29日 18:46
信徳さん、今晩は。
プレージャーボートや大型ヨットを持てるお金持ちは、殆どが首都圏の人でしょう。沼津の人はほんの一握りではないかと推測していますが・・・。今度、マリンスポットの駐車場に停めてある車のナンバープレートを調べてみようかな?(笑)
2008年07月29日 18:52
今晩は のんびりと洋上に浮かぶヨットが涼しさを感じます。
実際に操縦していることは汗が流れて・・・。
どの写真も涼感だっぷりです。
2008年07月29日 18:52
OSAMIさん、今晩は。
ヨットやプレジャーボートなどのマリンスポーツは年金生活者には無理ですね。お金の面で失格ですが、体力的にも失格ですね。回りの景色を引き立ててくれる物として見ているだけですね。
2008年07月29日 19:14
寅太さん、今晩は。
涼しさを感じる景色は、自分の過去の経験と関係するでしょうね。海や湖の上で船に乗って体で受ける涼風は格別です。それがマイヨットの上だったら、と夢が膨らんで更に涼しくなりますよ(笑)。私は海よりも高原の避暑地の景色の方が涼しさを感じますね。これは憧れに近いかもしれませんね。
2008年07月29日 19:20
寅太さん、追伸です。
私も静浦中学の生徒は足腰が鍛えられていると思います。ステゴザウルスがどんな怪獣なのか、後で調べてみます。寅太さんは怪獣にも詳しい様ですね。
2008年07月29日 19:27
杏さん、今晩は。
ヨットの上でのんびりと昼寝をしていたら素晴らしいな、と思いますね。しかし、経済的にも体力的にも無理ですから、別の涼しさを追及するしかありませんね(笑)。
2008年07月29日 19:31
chiharuさん、今晩は。
のんびりとヨットの上で涼んでいる自分を思い描いている姿には、ヨットの操縦は別の若い人に任せています。想像の世界ですから、現実離れしていますね(笑)。

この記事へのトラックバック