沼津海岸線ウォーキング  獅子浜(その4)

獅子浜城跡

 沼津市の観光案内に獅子浜には獅子浜城跡が有ると記されている。沼津市のホームページにも獅子浜城の記述があった。それによると、居城は本能寺にあったと記されているので、まず本能寺を訪れてみた。
画像
                         (本能寺)

 しかし、居城の遺跡や標識も無く獅子浜城を感じる物は何一つ無かった。
 本能寺の横に裏山に行く道が有ったのでそこを登った。少し行くとペンキ塗りをしていた人がいたので、獅子浜城の跡地を問うたら、国道414号線沿いに民間会社の保養所の入口があり、その建物が城跡に出来た建物だとおしえてくれた。沼津市のHP上に記載されていた、本能寺の西北の山中にある出城だ。
 保養所の入口はすぐに分かったが門が閉ざされて入れない。仕方が無いので麓をぐるりと回ったが雑木林の急斜面で建物らしき物は何も見えない。もっと離れて見る必要があると考え、静浦漁港の防波堤に登って観察した。山中に建物が見える。ズームで撮影すると保養所らしき建物だった。
画像画像
         (国道上の山中に保養所らしき建物が見える 右画像は左画像の拡大)

 「獅子浜城は、鷲頭山が、西に向かって駿河湾に大きく突出した丘陵を利用して築かれている。」ともHPにあった。ここが出城の有った所に違いない。
画像
         (一番奥に見える鷲頭山から西に伸びた尾根に出城はあった)
 
 次に、本能寺(居城)の南東にあった詰城跡を探す事とした。山中に静浦中学への通学路が有るが、そこを歩いてもそれらしき物は見つからなかった。
画像
                  (山中にある静浦中学への通学路)

 又、静浦漁港の防波堤を南の方に歩きながら山中を見ると、建物が見えた。地元の人に聞くと、神社との事だった。
画像画像
                     (地元の神社の建物)

 詰城の跡地に出来た神社との情報は得られなかったので、神社まで再度訪れる事は止めにした。
 この獅子浜城の「創築年代は不明だが、後北条氏が伊豆に侵攻し領国化した時期には存在したと思われる。天正4年(1576)頃に北条氏の大石越後守が守備していたが、天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めに際し、ここを退去。以後、廃城となった。」とHPに記されている。
 瓜島に守られた良港と鷲頭山に後ろを防御された獅子浜城は海上方面の防御、陸上交通の根拠地として小田原北条氏の要害地であったと思われるが、北条氏の没落と共に廃城となり、その後再利用は無かった様だ。
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,526歩。今週の累計歩数は30,426歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月27日 21:11
地元の歴史を紐解いてウオーキングを兼ねての探究は凄いですね。また山野草などに会えれば最高だ!
2008年07月27日 21:21
デコウォーカさん、こんばんは!コマクサについてのURLが間違っていました。私の記事の文末に記入追加しましたので、それを見て下さい。アカバナ、ピンク、シロバナの経緯が分かります。URL間違いまして済みません。
寅太
2008年07月27日 22:44
地元の人はいろいろなことを知っていますね。
でもこのようないわれを受け継ぐ人がいなくなってきた。
先日、府中市に縁のある大賀ハスの勉強に行ったのですが、大賀博士の自宅があった番地とほとんど同じ所に、私も住んで(15年後のことですが)いたことがわかりました。
昭和26年に府中の大賀博士の自宅で発芽し、翌年千葉市で2000年ハス(大賀ハス)は開花するんですね。
2008年07月28日 08:05
各地の歴史をたどりながらのウォーキング、彼処も此処もと歩いていると疲れも忘れてしまいそうです。こうして楽しみながらのウォーキングで自然と10,000歩達成できそうですね。楽しい記録を読ませて頂き有り難う御座います。
2008年07月28日 08:18
城址探しもなかなか難しいようですね、この前行った城址も沢山の樹が茂っていて標識がなければとても城址とは思えない所でした。
2008年07月28日 17:08
信徳さん、今日は。
地元の昔の資料も、もっと調べれば有るでしょうが短時間の調査では良い物は見つかりません。私の目的は、ウォーキングしながらの探索ですから不明のままで終わる事も仕方ないと思っています。せめて山野草でも顔を見せてくれれば良いのですが、今は時期的に山野草も顔を出してくれません。出て来るのは汗だけです(笑)。
2008年07月28日 17:11
信徳さん、わざわざこちらまでコマクサのコメント戴き感謝です。本白根山のコマクサが何故、3色有るのか良く解りました。白色と赤色を是非、見たいと思っています。白根山のコマクサの群生が何時までも残る事を祈っています。
2008年07月28日 17:22
寅太さん、今日は。
昔は地元の歴史は親から子へ、又は孫へと口伝えに行った訳ですが、現在ではこの手段は殆ど無くなったと思います。何か記録された物が有れば一番良いのですがね。井戸端会議的なコミュニケーションの場があれば、「何軒か先の大賀博士は2000年も昔のハスを咲かせたらしいですよ」と情報が伝わり、ご近所に博士の住んでいる事は寅太さんの耳にも入ったはずですね。
2008年07月28日 17:27
chiharuさん、今日は。
事前準備も殆ど無く、見て、聞いた上で、又戻る。これの繰り返しですからウォーキングの歩数は地図上の距離通りにはなりません。現在は暑い最中なので汗との戦いでもあります。それでも収穫があると疲れも吹っ飛びますが、無いとドット汗が出て疲れますね。
2008年07月28日 17:35
OSAMIさん、今日は。
獅子浜城跡はかなり急な斜面に有ったようです。道も碌に無いようです。従って、今は夏草が生い茂っている為、物騒で入っていけません。知っている人が先導してくれれば良いでしょうが。見つからなかった言い訳かも知れませんね(笑)。
2008年07月28日 18:37
こんばんは。
獅子浜城跡は、居城、詰城、出城と山中にあったようですね。
城は海など交通の便も良かったの重要な役目があったのですしょうが、北条氏の没落で城も廃城となってしまったのでしょうね。
田舎などにも城跡がありますが、今の方々は知らないと思います・・。
デコウォーカさんの熱心な探究心は頭が下がります。
2008年07月28日 21:24
杏さん、今晩は。
ここ獅子浜は海と陸の交通の要所だったと推測できます。特に陸の交通では道は狭く、交通規制するには持ってこいの場所だったと思います。熱心な探究心とは、恐縮です。暇人の時間潰しでしかないかも知れません。

この記事へのトラックバック