沼津海岸線ウォーキング  静浦漁港(その3)

 今日と明日は、静浦漁港での魚獲り風景を綴る事とする。
 中央埠頭から南北に伸びる防波堤を見ると、様々な格好をした人影が見える。釣竿に餌をつけている人、浮きを見ている人、釣人を眺めている人、海を見ている人と色々だ。
画像
                 (防波堤上の人々は何をしているか?)

 防波堤に登り左右(南北)を見る。
画像画像
              (南方向)                      (北方向)
 
 この日の釣りの成果を聞いてみた。最初のお年寄りに近づいたその時、大きな魚を釣り上げた。アジですか?と聞いたらこんな大きなアジが有るかと、バカにされた。サバだった。
画像画像
      (釣り上げたばかりのサバ)         (早速、血を抜き、更に内臓を取出す)

 サバは腐り易いので血抜きと内臓出しは直ぐ行う必要が有ると言う。海水で綺麗に洗ってからクーラーボックスに入れていた。その時ボックスの中を見たら10匹程入っていた。早朝の5時頃からお昼過ぎ迄の成果だと言っていた。
 暫く歩いて行くと、今度は干物を作っていた。良く確かめてからサバの干物かと問うたら、間違いなかった。味付けはどうするのかと聞くと、食べる時に醤油か何かを付けるから海の水で洗っただけだと言う。そして最後に一言、実はクーラーボックスと氷を忘れたので干物にしているのさ。納得だった。
画像
                      (サバの干物生産中)

 外海でなく港湾内で釣り糸を垂れていた人が、大きな魚を釣り上げた。駆けつけて見ると黒鯛の様な形をしていた。聞くと、メジナだと教えてくれた。淡々と針を外し、ビクに入れていたが内心では「やったね!」と言っていたに違いない。
画像
                    (珍しく大物?のメジナ)

 外海で竿を出していた女性があわてていた。釣った魚が元気良く暴れている。羽根をバタバタさせているので私でもトビウオと解った。今日、初の成果がトビウオで、こちらも内心では興奮していた様だった。
画像
                (超高速で羽根を震わせているトビウオ)

 てっきり、アジ釣が中心かと思っていたが、大物ばかりが目に入った。天然の良港は、良い釣り場なのかも知れない。
 防波堤の南端まで行くと、2人連れが座って静かに釣りをしていた。物静かだったので声も掛けられずその場を去った。
画像
                  (防波堤の最南端で釣りをする人)

 この防波堤の上は格好の釣り場の様で大勢の人たちが糸を垂れていた。否、外海に向かって糸を投げていた。
 一方、ここに来る前に行って来た瓜島から北へ伸びている防波堤上は、外海側をテトラポットで補強されている為足場が悪く、あまり大勢の人はいなかった。静浦漁港の北側は静浦海岸で海水浴や水上オートバイ等で賑やかだった。特に水上オートバイの走り回る音が賑やかだった。
画像
               (静浦漁港の北防波堤上の釣人は少なかった)
 
 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月19日 20:56
こちらの防波堤には釣りをしている方々が大勢いますね~。
釣れる魚も様々ですね。鯖は傷やすいようで釣って血抜き内臓を取り海水で洗うと綺麗になりますね。防波堤の上でサバの干物も作っていますが、海水で塩分もほどほどで、美味しい干物が出来ますね(笑)
大きなメジナ、トビウオ、など大漁のようですね。
2008年07月19日 21:12
防波堤での釣り楽しそうですね。釣って開いて天日干し、帰る頃には一夜干しの仕上がりなのでしょうね。
寅太
2008年07月19日 22:24
アジを見て「サバですか」と聞くとはあじなことを。
狙い通り、その後は会話がスムーズに運びました。
(アジとサバは許せる範囲、これをフグですかと聞いたら、その後の会話はなし)
ここでは投げ釣りですか。それともそのまま糸を垂れるのですか。
投げの距離を競う全国大会もあるようで。
私も柏崎ではかなり練習して上手くなりました。でもそこまでいくには糸から錘が離れて飛んでいったのは数知れずです。
2008年07月19日 23:16
杏さん、今晩は。
私は釣りはやらない(出来ない)のですが、これだけ多くの人がやっていると又、釣れるとやりたくなりました(笑)。ベテランの釣人は出刃包丁まで持っています。サバを開くのも手早いです。サバの干物は美味しそうでしたよ。予想に反して、色々の魚が獲れていました。
2008年07月19日 23:16
海釣りはやった事が無くてやって見たいと思っているのですが、こんないい場所があるとは良いですね、それにしても沢山釣れているようですし、女性が釣ったトビウオというのは微笑ましい感じです。
2008年07月19日 23:20
chiharuさん、今晩は。
釣りたてのサバを開いて、天日干しですから、美味しいと思います。この日は天気も良かったので帰る時までには干しあがったと思います。その日の晩酌の肴になったと思います。
2008年07月19日 23:35
寅太さん、今晩は。
アジな考えでサバをアジとは言いませんでしたよ。正直に言うと、どうせ皆アジを釣っているのだろう。その先入観があって、少し小振りのサバが、大きめのアジに見えたのでした。2~3m離れていると小振りのサバはアジに見えましたよ(苦笑)。確かに、その後の会話はスムースでした。釣り糸を投げていました。50m位かなと思いつつ、100m飛びましたかね、と問うと、そこまでは飛んでいないね~、と頭を掻いていました。70~80m位(目測の自信は無いけれど・・・)飛ばしている人もいました。勿論、10m位飛ばして釣っている人もいました。
2008年07月19日 23:42
OSAMIさん、今晩は。
大勢の釣人がいて、意外に釣れていましたから私もやりたくなりましたよ。ずぶの素人ですから、誰かに教えて貰う必要がありますが・・・。トビウオを釣った女性は釣って喜んでいただけで、針を取ったのは連れの男性でした。しかし、暴れているトビウオを掴むのは男性でも苦労していました。
2008年07月20日 05:39
随分大物が釣れるのですね。晴れた日は趣味と実益を兼ねて釣り糸を垂れる人が多いのでは?最近油が高いので漁師が漁に出れないで魚の値段が高くなっていると聞いています。群馬ではまたまた新鮮魚が食べられない時代が来そうで心配しています。
2008年07月20日 07:54
信徳さん、お早うございます。
多くの方が、趣味と実益を兼ねた釣りだと思います。サバが1匹釣れれば家族の夕食の一品になり、家計の助けになりますね。但し、家で待っている奥さんが一品は釣ってくると予定を立てられるかが問題ですね。石油の値段は大問題ですが、近海の魚が獲れなくなってきたのが、そもそもの問題です。地球資源をどうするか、色々の面で考える必要がありますね。

この記事へのトラックバック