香貫山の植物  ハナツクバネウツギ  (番外編 ムクノキ)   

 香貫山の展望台にある潅木に薄いピンク色の花が咲いている。スイカズラ科のハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)だ。
画像画像




                        (ハナツクバネウツギ) 

 このハナツクバネウツギはシナツクバネウツギ(支那衝羽根空木)とアベリア・ユニフローラの交雑園芸種で、美しいツクバネウツギと言う意味でハナ(花)が付く。
 一方、名付け元のツクバネウツギの由来は、5枚の萼片が果実になっても残りこれが羽根衝きの羽根に似ている為、と資料にある。
 ハナツクバネウツギの萼と花後を見てみると、名付け元のツクバネウツギと同様に萼は5枚あるし、花後も羽根衝きの羽根に似ている。
画像画像
          (萼は5枚)            (花後の実と萼は羽根衝きの羽根に似ている)

 淡いピンク色の漏斗状の花は上部で5裂するのはツクバネウツギと同じだが,花冠の内側に黄色の網状紋が無い点はツクバネウツギと異なる。
画像
              (ハナツクバネウツギには黄色の網状紋がない)

 別名のアベリアはツクバネウツギ属の学名だが、アベリアと言えばこのハナツクバネウツギ指すと言う。

<ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)>
  スイカズラ科、ツクバネウツギ属
  別名:アベリア
<特徴>
  落葉低木で樹高2mまで
  5~11月に薄ピンク色で2cm大の集団花
  植え込みや垣根などに良い
  見慣れた地味な花だがよく見ると美しい
  花期が長い特徴がある
  秋の花殻や紅葉も良い

《番外編》 ムクノキの実と葉
 ムクノキに付いては今年の4月29日に綴った。ムクノキを覘いて見ると、緑色の丸い実が付いている。
画像画像
                      (ムクノキの若い実)

 このまま順調に育って、甘く、黒く成熟した実を試食してみたいものだ。
 ムクノキの葉の表面に付いて前回「表面に剛毛があり触るとザラザラする。このザラザラ感は、単に剛毛があるからではなく、トクサなどと同様に植物の表面がケイ酸質の物質で覆われているからである。ケイ酸は石英やガラスの主成分であるので、例えて言えば、葉の表面はガラスで覆われている状態であることになる。このような性質を利用して漆器や鼈甲細工、象牙などの表面研磨にも使われてきた。つまり自然が作ったサンドペーパーである。」と、綴った。
 夏を向かえて、十分に育ってゴワゴワ感のある葉を1枚取って親指の表面を擦ってみた。柔らかな感じであるが爪が磨かれている。10回位擦った後で葉を見ると、白い爪の成分が転写されていた。
画像
                   (ムクノキの葉で爪を磨いた後)

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2008年07月14日 18:57
この季節に公園で見かけるウツギは、このハナツクバネウツギでしょうか。ツクバネウツギにそっくりですね。
ムクノキの葉で爪が磨けるのですか?葉の表面が光ったようなのが爪の残骸なんですね。
2008年07月14日 20:18
高速道路の側道にツクバネウツギが満開です。同じ仲間が有るなどと初めて知りました。奥が深いですね。
2008年07月14日 20:39
今晩は
付くバネウツギはこうしてアップで見せて頂きますと別の花のように見えます。
ムクの木の実食べられるのですか。
植物の表面がケイ酸質の物質で覆われていて、象牙などの表面研磨にも使われていたとは知りませんでした。
2008年07月14日 23:13
ハナゾノツクバネウツギという名前もあるようですね、今の季節街路樹の一部や公園のこの花が綺麗に咲いていてとても綺麗だと思います。
2008年07月15日 19:00
寅太さん、今晩は。
この季節には公園の植え込みや街路樹の下にもこのハナツクバネウツギが花を咲かせています。甘い匂いもさせていると思います。山で見るツクバネウツギよりも花は小さいですね。そうです、葉の表面に白く残っているのが私の爪の残骸です。
2008年07月15日 19:04
信徳さん、今晩は。
高速道路の側道にツクバネウツギがありますか。山で時々見ますが、道路の街路樹等では見た事が有りません。それに対してハナツクバネウツギは街路樹の下や公園の植え込みには良く使われています。ハナの付く方は付かない方よりも花が少し小さいです。
2008年07月15日 19:09
chiharuさん、今晩は。
ハナツクバネウツギもマクロ撮影したものを見ると綺麗ですよね。ムクノキの実は甘くて美味しいそうです。昔、食べたような記憶が有るのですが、その確認を今年の秋に行う積りです。それまで、木で熟して残っていてくれれば良いのですが。ムクノキの葉は細かい研磨に適しています。試してみて下さい。
2008年07月15日 19:10
こんばんは。
ウツギの種類は多いですね~。
花と名前がなかなか一致しません(笑)その中でもツクバネウツギとハナツクバネウツギはとても良く似ていますね。ツクバネウツギは花の中に黄色の網目模様がありますね。淡いピンクのハナツクバネウツギは、咲く時期が意外と長く寒くなっても咲いていたように覚えています。
花が集まって咲いて長い枝先に枝垂れるように咲いている様子を見ますが、綺麗ですね。
ムクノキの葉はサンドペーパーのようですね。今度、葉を見つけたら試してみたいです♪
2008年07月15日 19:17
OSAMIさん、今晩は。
そうですね、ハナツクバネウツギの別名にハナゾノツクバネウツギも有ると資料に有りました。書き忘れた様です。この時期には街路樹の下や公園の植え込みに、このハナツクバネウツギが次から次へと花を咲かせていますね。近づくと、甘い香がしてきます。
2008年07月15日 19:25
杏さん、今晩は。
本当にxxxウツギとウツギの付く名前は多いです。ウツギは幹の中が中空の物を言うのですが、中にはそうでないものも有るようです。ハナツクバネウツギの花期は本当に長いです。ムクノキは粒子の細かいサンドペーパーの様です。女性のネイルケアに向いているかも知れません。試してみて下さい。象牙や鼈甲の様な綺麗な爪になるかもしれません(笑)。




この記事へのトラックバック